Yahoo! JAPAN

秋の日本海アオリイカエギングが好調 2日間の釣行で12匹キャッチ

TSURINEWS

キャッチしたアオリイカ(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

今年の日本海アオリイカエギングは初期から絶好調の様子。早速9月22日は福井の神子、29日は河野海岸に釣行した。ともにまずまずの釣果を得たので、その模様をリポートする。

神子漁港でエギング

いよいよ秋アオリイカの本格シーズンだ。今年の日本海は初期から絶好調のようで、早速9月22日に釣行した。

福井県・若狭町の常神半島にある神子漁港に到着したのは、朝マヅメ前の午前4時半ごろ。早速準備を整えて、釣り場に向かう。早々にスタート。

キャストを繰り返していると、まだ薄暗い5時ごろに初ヒット。待望のアオリイカだ。サイズはコロッケ大といったところか。今の時期のアベレージサイズといえるだろう。

神子漁港で釣ったコロッケ大のアオリイカ(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

ボトム付近にヒット集中

その後は少し沖のカケアガリを重点的に探っていくと、ポツポツながらヒットが続く。シャクった後のカーブフォール、エギが手前に寄ってきたときにはステイを多用。

ヒットはボトム付近が圧倒的に多かった。基本的なメソッドだが、やはり釣りは基本が大事。

アオリイカ(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

最終釣果

やがて明るくなってくると、途端に反応が遠のいてしまった。結局、夜が明けてからのヒットは1匹のみ。またヒットエギは金テープのオレンジ、金テープのピンクの2.5号で、他のカラーでは触りすらなかった。

ちなみに沖ではサゴシがあちらこちらで飛んでいたので、ジグがあれば釣れたかもしれない。当日の釣果はアオリイカ5匹だった。

タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

河野海岸をランガン

そして1週間後の29日は、敦賀市~南越前町の河野海岸をランガンしてきた。このエリアには広大なゴロタ場が広がり、北上するとテトラ帯に変わる。

今回は1つのポイントで3~5投して、反応がなければ少しずつ移動していく。これを繰り返し、活性の高い個体に狙いを絞った。

またエギのローテーションも頻繁に行い、反応がいいカラーを見つけていく。

シモリや沖のカケアガリ狙い

結果、今回金テープはダメ、クリアもダメで、ヒットを得たのは赤テープとオレンジテープで、やはりカラーでもムラが出た感じだ。ちなみに話題のネオンブライトも不発だった。

水深が極端に浅いポイントが多いので、縦のシャクリよりも横方向のダートが有効。また広範囲を探るため、できるだけ遠投を心がけた。

狙いどころは、見えているシモリや沈み根。見えていないポイントでは、少し沖にあるカケアガリをメインに狙った。

アベレージサイズのアオリイカ(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

29日の最終釣果

終わってみれば、釣果はアオリイカ7匹。サイズ的には前週行った常神の神子とほぼ同じ。シャローなので天候の影響を受けそうなポイントだが、濁りや水潮が入らない限りしばらく楽しめそうだ。

秋のアオリイカはそろそろハイシーズン。今年は秋の訪れが早かったので、いつまで釣れるか分からないが、エギングファンはぜひ日本海に足を運んでほしい。

アオリイカはこれからがハイシーズン(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

<週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年10月9日号に掲載された記事を再編集したものになります。The post秋の日本海アオリイカエギングが好調 2日間の釣行で12匹キャッチfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事