Yahoo! JAPAN

映画ONE PIECE人気ランキング…ONE 「エピソードオブアラバスタ」、「エピソードオブチョッパー」が上位に!

ランキングー!

映画ONE PIECE(ワンピース)人気ランキング

ルフィと仲間たちの絆、魅力的な数々のキャラクター、そして爽快感あふれる熱いバトル!日本だけでなく世界でも人気の「ワンピース」ですが、その面白さがぎゅっと凝縮したワンピース映画は、ワンピ初心者も熟練ファンも楽しめる人気の映画シリーズです。今回は、公開された14作品からファン投票によって選ばれた「映画ワンピース」作品をランキング形式でご紹介!あなたがお気に入りのワンピ映画は何位に入っているのか、大注目です!
1位に輝いたのは…!

【映画ONE PIECE(ワンピース)人気ランキング】

第1位 ONE PIECE THE MOVIE エピソードオブチョッパー+ 冬に咲く、奇跡の桜(2008年)
第2位 ONE PIECE エピソードオブアラバスタ 砂漠の王女と海賊たち(2007年)
第3位 ONE PIECE 珍獣島のチョッパー王国(2002年)
(4位~20位は『ランキングー!』サイトに掲載中)


チョッパーとヒルルクの絆に感動の嵐!第1位はONE PIECE THE MOVIE エピソードオブチョッパー+ 冬に咲く、奇跡の桜(2008年)!

<投票者のコメント>
「とにかく泣いたし、感動した…思い出すだけで泣ける」
「チョッパーとDr.ヒルルクの関係がもう最高に泣けます」
「悲しくも美しい物語です。漫画版も何度も読んだし、映画も繰り返し観た」

見事1位に輝いたのは映画第9弾、2008年公開の「ONE PIECE THE MOVIE エピソードオブチョッパー+ 冬に咲く、奇跡の桜」。2位のアラバスタ編に続き、原作漫画でも屈指の人気エピソードであるドラム王国編、チョッパーの登場から仲間になるまでを新解釈で描いたリメイク作品です。Dr.ヒルルクとチョッパーの親子のような関係性の素晴らしさはもちろん、Dr.くれはやドラム王国の面々といった魅力的なキャラクターたちも物語に華を添えます。「人はいつ死ぬと思う?忘れられた時だ」のような印象的なセリフ、やりとりが全編を通して散りばめられ、文章を観ただけであの場面を思い出して泣ける…という方はたくさんいそうですね!


強敵クロコダイルとの激闘を再び劇場で!第2位はONE PIECE エピソードオブアラバスタ 砂漠の王女と海賊たち(2007年)!

<投票者のコメント>
「クロコダイル強かったですよね」
「どれも大好きだけど、仲間の印を見せるシーンが特に好き」
「仲間との絆が伝わる濃い内容のストーリー展開が好き」

2位は映画第8弾、2007年公開の「ONE PIECE エピソードオブアラバスタ 砂漠の王女と海賊たち」。原作漫画のアラバスタ王国編にあたるエピソードを劇場版としてリメイクした作品であり、長大な物語を90分で描ききるために漫画、TVアニメ版とは異なる点もいくつかあります。その違いを楽しむのも、ワンピ通の方々には本作を楽しむ上でのエッセンスとなりそうですね!ただし、総集編というだけで侮ることなかれ!要点をしっかりと押さえてテンポよく進む映画は、むしろ原作漫画を読んでいる人ほど楽しめそう。「もう一度、仲間と呼んでくれますか!?」の場面は思い出しただけで目頭が熱くなりますね!


コミカルな可愛さなら本作が1番!第3位はONE PIECE 珍獣島のチョッパー王国(2002年)!

<投票者のコメント>
「チョッパー大好き!チョッパー可愛い~~~」
「動物の動きがコミカルに描かれていてかわいい」
「生まれてはじめて観た映画で、忘れられない」

3位は映画第3弾、2002年公開の「ONE PIECE 珍獣島のチョッパー王国」。麦わら海賊団の、そしてワンピースのマスコットキャラクターであるチョッパーが初出演した映画であり、またメインキャラクターにも据えられた象徴的な作品となっています。麦わら海賊団がたどり着いたのは王冠島。その島でチョッパーが動物の王様になってしまい…というお話です。とにかくチョッパーがカワイイ!子どものように無邪気で、一生懸命だったり褒められて照れたりするチョッパーは現在とはちょっと違っていて必見!小さなお子さまでも観られる作風に安定した人気があるようですね!


4位~20位には他にも、「ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島(2005年)」や、「ONE PIECE FILM Z(2012年)」などがランクイン!あなたが好きなワンピ映画は何位?

以上、10~40代の男女(性別回答しないを含む)2230名が選んだ「映画ONE PIECE(ワンピース)人気ランキング」でした。

4位以下のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:10~40代の男女(性別回答しないを含む)2230人を対象に、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計。

【関連記事】

おすすめの記事