Yahoo! JAPAN

【沖釣り釣果速報】大分沖&島原沖でタチウオ好調継続(大分・熊本)

TSURINEWS

伊豆で釣れたキンメダイ(提供:週刊つりニュース中部版APC・酒井栄治)

大分県と熊本県から沖釣り最新釣果情報が入った。タチウオ釣りでドラゴンサイズ筆頭に良型順調にヒット。ほかアマダイ狙いで2.7kgシロアマダイが浮上した。

大分県:照陽

1月14日、大分県大分市・西細港の照陽がタチウオテンヤ便で大分沖に出船。この日は朝から毎投アタリがでるなど反応は良好で、指幅7本のドラゴンサイズも浮上。一日通して順調に釣果を伸ばし、乗船者らはいい土産をキープした。

大分沖でドラゴンサイズ手中(提供:照陽)

 

照陽

照陽(しょうよう)  >

タチウオ、カワハギ、イサキ、マダイ、ブリ、アラカブ(カサゴ)、関アジ・関サバなど季節に合わせた様々な釣り物、釣り方をご案内しています!特に力を入れているのがタチウオ釣りで、ほぼ一年を通して追いかけています★

大分県:Soyamaru

Soyamaruは2船体制で出船中。

第一Soyamaru

1月14日、大分県杵築市・納屋港の第一Soyamaruが、アマダイ便で大分沖へ出船。初心者が多かったこの日、比較的釣りやすいところから徐々に慣れてもらい、船長が釣り方をしっかりレクチャーすると見事にシロアマダイをゲット。その後もぽつぽつと本命が姿を見せ、シロアマダイは最大で2.7kgが上がり、赤アマダイもよく交じっている。

アマダイ便で2.7kgシロアマダイ確保(提供:第一Soyamaru)

第三Soyamaru

1月14日、大分県杵築・納屋港の第三Soyamaruがタチウオテンヤ便で大分沖へ出船すると、開始からいきなりドラゴンが浮上するなど好調。しかし、その後はぽつぽつヒットする状況に。それでもまた活性が上がると船中ではドラゴンが連発し、数はやや伸び悩みながらも型がよく揃ったようだ。

テンヤ便でドラゴン浮上(提供:第三Soyamaru)

 

Soyamaru

Soyamaru(そうやまる)  >

Soyamaruでは、別府湾、国東半島、周防灘、響灘、伊予灘、豊後水道、 佐伯湾、高知沖まで幅広いフィールドで一年を通して旬な魚を追いかけ、あらゆる レジャーフィッシングに挑戦しています!2020年8月に第三Soyamaruが就航しました

大分県:みくに丸

1月14日、大分県佐賀関・神崎漁港の、みくに丸が五目釣りで大分沖へ出船すると、この日はイサキ主体にマダイやウマヅラなども土産になった。

五目釣りでイサキキャッチ(提供:みくに丸)

熊本県:共栄丸

1月11日、熊本県玉名市滑石の共栄丸は、島原沖にマダイ釣りで出船。良型交え順調に釣れ、ヒラメ60cmを釣る人も。タチウオ釣りも出船中。日により数にムラはあるものの、今後も期待。

島原沖でヒラマサキャッチ(提供:共栄丸)

熊本県:大将丸

1月13日、熊本県熊本市西区の熊本新港から出船中の大将丸は、島原沖にタチウオ釣りで出船。ドラゴンクラス交え良型が多数ヒットした。日により数にムラあるが今後も有望。潮大きい日はマダイ釣り、潮小さい日はタチウオ釣りで出船。

タチウオ釣りで多数ヒット(提供:大将丸)

熊本県:海人丸

1月14日、熊本県玉名市の新川漁港から出船中の海人丸は、島原沖へタチウオ釣りに出船。ジグ、テンヤともに好ヒットし、F3.5~F5とドラゴンクラスも交え順調に釣れた。日により数にムラあるが、今後も期待。タイラバ、テンヤのマダイ釣りも出船中。

島原沖でタチウオ順調(提供:海人丸)

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2024年1月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。

【関連記事】

おすすめの記事