Yahoo! JAPAN

『日本沈没』松山ケンイチインタビュー、演じる上で参考にした人物とは?

TBS

TBSで放送中の日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』(毎週日曜よる9時放送)。小松左京による不朽の名作「日本沈没」に大きくアレンジを加えてお届けする今作は、2023年の東京が舞台。主人公含めオリジナルキャラクターが、沈没という目に見えない危機に立ち向かっていく姿を描く。今回は小栗旬が演じる環境省官僚の主人公・天海の親友で、経済産業省の官僚の常盤紘一役の松山ケンイチをインタビュー。演じる常盤や小栗の印象、作品への思いを聞いた。

小栗くんとの共演は緊張しました

――「日本沈没」をリメイクすると聞いたときの感想をお願いします。

ドラマや映画は求められているから生まれてくるものだと思っているので、リメイクすることの意味は考えなかったです。危機が訪れて変化せざるを得ないことはどんなタイミングでもあると思うんです。それが見過ごせるものなのか見過ごせないものなのかの違いでしかなくて。今回は沈没の危機に直面するので、見過ごすのは難しいですし、僕自身もこういうことが起きた場合、自分たちがどう変化したら生きていけるのかというのは考えました。

――演じる常盤はどんなキャラクターでしょうか?

常盤は経済産業省の官僚で日本の大事な部分を担っている人物。自分が普段考えていることとは違った視点から国や物事を見なければいけないのが難しかったですね。ただ、常盤を演じる上で「こういう人でありたい」というのは常に考えていました。例えば僕自身が沈没の危機を知ったときの感情や態度と、常盤が出す態度は絶対違うと思うんです。普通に生きている僕とは立場が違うので、冷静さや客観的な部分を意識していました。

さらに常盤はそれぞれの省庁から出向してきた若い官僚が集まる日本未来推進会議の議長を務めるような人物なので、みんなの意見を引き出してまとめることができる。自分の意見を持って前に出るのではなく、それぞれを活かそうとする雰囲気や立ち居振る舞いを心掛けていました。とにかく未来推進会議の皆さんを緊張させないように、中村アンさんをはじめ初共演の方とは特にコミュニケーションを取っていました。

――主人公・天海を演じる小栗さんとは久しぶりの共演になります。

10数年前、TVドラマに出演したとき以来です。僕が10代のころすでに活躍されていましたし、作品も見ていたので自分にとっては追いかけていく存在。共演するにあたってすごく緊張しました。がっつりお芝居をさせていただくのは今回が初めてだったので、小栗くんに対しての発見は一番ありましたし、たくさんのことを学びました。小栗くんは周囲への気配りがすごくて、僕が演じる常盤に必要な要素を持ち合わせているので、立ち居振る舞いを参考にさせていただきました。

――最後にメッセージをお願いします。

何年か前から、今までの生き方を見つめ直す時期に入っている気がしていて。そんな中で撮影をしてきたこの作品は、当たり前だと思っていたことが、実は当たり前ではなく、かけがえのないものだということを感じられる作品になっているので、ぜひ見ていただければと思います。

■番組概要
〔タイトル〕
日曜劇場『日本沈没―希望のひと』
〔放送日時〕
毎週日曜よる9時~
※第2話は15分拡大

【関連記事】

おすすめの記事