Yahoo! JAPAN

川崎市SDGsパートナー 新たに847者 多摩区は133者〈川崎市多摩区〉

タウンニュース

市の推進ロゴマーク

SDGs(持続可能な開発目標)の達成に向けて取り組む企業や団体を登録・認証する制度「かわさきSDGsパートナー」。川崎市は先月、第4回の対象事業者847者を決定した。今回の事業者数は過去最多で、第1回からの合計は1434者となった。

同制度は、SDGs達成を目指し取り組むことを意思表示する「登録」(パートナー)と具体的な行動を示す「認証」(ゴールドパートナー)の2段階がある。登録でロゴの使用やプラットフォームへの参加ができ、認証では市融資による信用保証料補助が受けられる。第4回の募集は昨年12月に行われ、登録が110者、認証が737者。市は第5回の申請を5月31日まで受け付けている。

第4回の多摩区内の事業者は登録9者、認証124者。事業者名は以下(五十音順)。

【登録】石田鉄工、CLUE、セイシン、瀧野測量設計、多摩区ソーシャルデザインセンター、川崎市立西菅小学校、発酵温浴かいち、FutureWINGS、MIKIミュージックイン読売ランド教室【認証】アービア設計事務所、アクトロニクス、アサヒルミエル、アックス、アットハウス、アップクリエイト、アラテック、アン・パブリシティ、石井建設、イシヤ堂、一期一会、いとうや、イトデン、いぶき、ウェルフェアサービスたまロッヂ、浦頭造園土木、医療法人社団栄石会、エールデザート産業、SKコーポレーション、エムデン、追川建設、オーエムシー、大沢自動車工業、オルザコーポレーション、ONDO-MAKING、ガーネストジャパン、神奈川スポット、上石、カミムラ、上村タイル工業、川崎ビルサービス、カワサキ不動産、川善工業、QLデンタルメーカー、行政書士土田経営事務所、久利生工業、クローバーハウス、Kプランニング、ケント、濃沼植木、小島自動車、後藤製作所、SOUNDNAUTS、桜総合設備、笹久保土建、ザロック、医療法人社団三知会、三友、JCポート、ChezTrust、システムユーティ、渋川製作所、島崎工務店、湘南フーズプランニング、シルクラ・アジア貿易、清生土木、信和住建、水土舎、soup、末吉ネームプレート製作所、スカイウェーブ、助川鉄筋、菅綜合建材、スターの昼寝、石材彫刻秋元、セブン企画、大河、大総、橘建設、たま、多摩技工、多摩建材、多摩パーツ、檀クリエイト、チームシロッコ合同会社、Dearliy、ティワリ、寺田ガラス、テラリンクリエイト、電検工業、Dotec、東光電機製作所、東生建設、東日電設、トーヨーホーム、トラストフィックス、長尾設備、中川商事、中神、中野島建材、日住商事、ニッケン石橋、日照電子、日新工業、日東商会、社会福祉法人はぐるまの会、英工業、浜設備工業、ひかり石材、ヒロ、フオベル、フジユキ、フラワーショップヤマ、古谷商店、フレックスエンジニアリング、BECK、ほし乃、星ノ火インターナショナル、HOLIDAYS、真鍋電設、丸晴工務店、丸芳、ミキスポーツ、MIRAI、明夏、メリー★ポピンズ登戸ルーム、ライオンラグス、ライフ、ライフライト、リード技研、リーフ司法書士事務所、リキジャパン、リバーサービス、湾岸エンタープライズ

【関連記事】

おすすめの記事