Yahoo! JAPAN

沖堤防でサビキ&タチウオ釣り 2大本命手中もバラし連発に消化不良

TSURINEWS

指4本級のタチウオ(提供:TSURINEWSライター伴野慶幸)

大阪湾の秋のタチウオシーズンは、2020年が記録的不振の年となってしまった。不安と回復への期待とが入り混じった2021年シーズンを私見で振り返りつつ、終盤戦に入った時期の武庫川一文字での実釣レポートをお届けする。

2021年の大阪湾タチウオ

タチウオが順調に釣れていたころの大阪湾の釣況パターンは、8月中旬から9月上旬ごろにベルトサイズが中心の小型のタチウオの群れが接岸し、一旦小休止した後9月下旬から10月に最盛期を迎え、寒さが厳しくなる11月から12月下旬に向けて数釣りは難しく型狙いの終盤戦、という感じであった。

ところが2020年シーズンはこのパターンが当てはまらず、記録的な不振の年となってしまった。

では2021年シーズンはどうなったかというと、9月上旬に各地で小型中心のタチウオの好釣果が見られ、特に泉南方面や須磨一文字では数々の二桁釣果がSNSに掲載され、回復への期待感が高まってきた。

しかし、その後は単発で局所的な例外はあるものの、9月中旬以降は大半の釣り場で不振に陥り、10月の最盛期は2年連続で訪れず、釣れても顔見せ程度の釣果にとどまっている。

晴れのち視界不良?

「晴れのち視界不良?」というのが私の印象だが、一方で、タチウオの聖地とも言える武庫川一文字では、10月下旬からポツポツとタチウオの釣果があり、レジェント級の常連が二桁釣果の日もあるという情報も伝わってきた。

私見ではあるが。2021年は、この先も数釣りは望めないものの、好機を逃さず釣行した釣り人が、工夫と粘り次第では、顔見せ程度の釣果に何匹かの上乗せができるかもしれないという期待もある程度は抱けるシーズンになる(なってほしい)ように思う。

激戦区の武庫川一文字へ

秋は大阪湾の多くの釣り場でも最盛期にあたるが、中でも2021年の武庫川一文字は異例事態となった。10月中旬から突如、毎日のように朝マヅメに青物が釣れ盛り、何十人もの釣り人が勝ち組に名乗りを上げる活況は、嬉しい悲鳴を通り越して、そもそも波止に渡れるか否かも危ぶまれるほどの激戦区と化した。

渡船店は乗船受付・送客のオペレーションの見直しを余儀なくされ、最大手の武庫川渡船では多客時の土日祝には、早朝便の会員制ネット予約制を初めて導入することとなったが、その予約制導入初日の10月30日、武庫川一文字に釣行した。

土日祝予約に必要な会員証(提供:TSURINEWSライター伴野慶幸)

9時30分の便で渡提

当日はネット予約の中に大量の重複予約や空予約などがあり、キャンセルとなった約100人分が開放され、朝9時過ぎに乗船受付にこぎつけることができた。今後の備えにと会員証も発行してもらい、スタッフから予約制の概要と釣行時の会員証の持参について説明を受けた。

武庫川一文字周辺図面(提供:TSURINEWSライター伴野慶幸)

乗船場には私の他にも10人余りの釣り人が訪れていて、船長の誘導に従って乗船。救命胴衣の着用とコロナ対策のため船内でのマスクの着用についてのアナウンスの後、9時30分に出船した。

タチウオの釣果実績が良い5番の船着場に降り立ったものの、沖向きの梯子をビッシリと埋め尽くした釣り人とロッドの多さに圧倒され、渋々この付近での釣りは断念。東に歩を進め、4番と5番の間で空いた場所に釣り座を構えることにした。

渡提風景(提供:TSURINEWSライター伴野慶幸)

武庫川一文字の詳細については、「大阪湾の沖波止紹介:武庫川一文字 管理行き届いた運営で安心安全釣行」を参照してもらいたい。

タックルとエサ

今回は日中にサビキ釣りでアジ&サバを、夕マヅメから引き釣りとウキ釣りでタチウオを狙った。

サビキ釣り仕掛け

日中はデカアジと大サバ狙いのサオ下サビキ釣りに挑む。そのタックルは、磯ザオ5号5.4mに、ミチイト4号を巻いた両軸リールをセット。アミエビを詰めるまきエサカゴはサビキの上下それぞれに付けるダブル方式で、上下からまきエサをサビキの周りにまとわせる作戦だ。

サビキはこの時期に武庫川渡船が勧める7~9号バリにハリス3~4号のピンク色の蓄光スキンサビキを選択し、まきエサカゴのテンビンの先にもケイムラ仕様の太ハリスのサビキをセットする。

サビキ釣り仕掛け(提供:TSURINEWSライター伴野慶幸)

また、一部のサビキバリには、小魚に似せたリアルタイプのワームをアクセントとしてハリ付けして様子をうかがい、状況次第でハゼコと呼ばれる冷蔵の小魚のエサに切りかえるに段構えで臨む。さらに、上カゴとサビキの間にクッションゴムを介して、巻き上げの際にはテンションを極力少なくしてバラシを避けるという工夫を施している。

ハゼコ(提供:TSURINEWSライター伴野慶幸)(提供:TSURINEWSライター伴野慶幸)

タチウオ釣り

一方、本命のタチウオ釣りは、タチウオテンヤの引き釣りと電気ウキ釣りの二種類のタックルを準備した。引き釣りのロッドは細身で硬調の3m、タチウオテンヤはハリの小さいSサイズを選択したが、ヘッド重量の軽さは蛍光オモリ2号をスナップ接続して補い、小さなテンヤでも遠投し、深いタナも探れるように工夫した。

電気ウキ釣りのタックルは、遠投仕様の磯ザオ5号5.4m、ミチイト4号を巻いたスピニングリール、電気ウキ3号、市販のタチウオワイヤー1本バリ仕掛け、ケミホタルブルー75、割ビシオモリ2号という組み合わせ。タナは最近の釣果情報を参考に、ウキ下3ヒロ半と深めに設定した。

エサは私のこだわりのサイズの小さめの冷凍イワシを軸に、タチウオテンヤの定番のドジョウと、電気ウキ釣りの定番のキビナゴも用意した。

タチウオ釣りのエサ(提供:TSURINEWSライター伴野慶幸)

日中は開店休業

当日は長潮で、日中は殆ど潮が動かない状況も相まって、メジロや大サバをヒットさせたルアーマンを見かけたものの、全体的には散発でウルメイワシが掛かるだけの開店休業状態。

16時頃からサオ下サビキのアクセントをハゼコのエサに付けかえ、底のタナギリギリに落として丁寧に探りを入れるが、釣況は好転しない。

当日の武庫川一文字(提供:TSURINEWSライター伴野慶幸)

夕暮れ前に大サバとガシラを捕獲

しかし夕暮れにさしかかる17時過ぎ、突然置きザオのサオ先がガクガクっと振れた。長いサオの弾力を生かして慎重にやりとりし、何とか海面まで浮かせると、力強く横走りする魚影が見えた。大サバだ。

高低差の大きい波止でのタモ入れに四苦八苦する私を見かねた隣のルアーマンがタモ入れの助太刀をかって出てくれて、何とか捕獲に成功。ハゼコを付けたサビキバリに食いついており、改めてその効果を実感した。

ルアーマンにお礼を言ってから、38cmのグッドサイズの獲物を即座に処理して新鮮な状態でクーラーの中に入れた。この後ガシラ1匹を追加して、サオ下サビキは終了。大本命のタチウオ釣りに切りかえることにした。

大サバをゲット(提供:TSURINEWSライター伴野慶幸)

時合いに指4本級タチウオ

電気ウキ釣りの最初の付けエサに選んだのは、日中に釣れたウルメイワシ。釣り場で釣れた魚こそが最高のエサとばかりに、ほどなくしてウキがじわじわと沈み、そして深く沈み切った。

このアタリは空振りに終わったが、アタリエサはイワシで、タナは深めと、この日のタチウオ釣り方のパターンが読めた。タチウオテンヤは遠投し、十分に底に沈めてから、深めのタナを引く。

数回キャストを繰り返すと、突然ガクガクッという感触がサオに伝わった。大きくアワセを入れるとフッキングに成功。うねうねとしたタチウオ独特の魚信に心躍る。波止際に寄せてきたが、海面でバシャつく魚体の大きさに一瞬怯んだ。

そろ~りと慎重に抜き上げると、ステンレスの煌めきを放つ幅広の魚体が波止上で舞った。至福の喜びに浸りながら、首の骨を折ってしめ、指4本級のサイズだと証拠写真を撮って、獲物はクーラーの中へ。タックルとエサの選び方とタナの見極めが功を奏したようだ。

指4本級のタチウオ(提供:TSURINEWSライター伴野慶幸)

バラシ3回追釣ならず

周りでは大サバのタモ入れを助太刀してくれたルアーマンをはじめ数人がタチウオをキャッチしていたが、私はというと、例によってのへっぽこ釣り師丸出しの情けなさ。電気ウキ釣りはせっかくのフッキングも海面近くで無念のバラシ、タチウオテンヤもアワセに失敗と、3回あったアタリを逃してしまった。

短い時合いが終わった後は、活性は激渋の状況に。最終21時まで粘るも追釣はならず、タチウオ、大サバ、ガシラ各1匹の釣果で最終便に乗り込んだ。

最終釣果(提供:TSURINEWSライター伴野慶幸)

乗船場に戻ると、好釣果の釣り人が武庫川渡船のスタッフの写真撮影に応じていた。日中の青物の釣果は目覚ましかったが、半夜のタチウオは好釣果の人でも二桁までは届かなかったようだ。タチウオの釣果がさらに上向くようであれば、再度挑戦したいと思いつつ、駐車場を後にして帰路へと車を走らせた。

<伴野慶幸/TSURINEWSライター>

The post沖堤防でサビキ&タチウオ釣り 2大本命手中もバラし連発に消化不良first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事