Yahoo! JAPAN

使用済みの「ジッパー付きビニール袋」捨てたら損!知って得するジッパー付きビニール袋の活用術4選

saita

知って得するジッパー付きビニール袋の活用術4選

料理に、収納に大活躍なジッパー付きビニール袋。一度使っただけで捨ててしまうのは、何だかもったいない気がしませんか? ゴミ箱行きのその前に……まだまだ使える方法があったんです!ジッパー付きビニール袋の活用術を4つお伝えします!

生活の色んな場面で大活躍するジッパー付きビニール袋!

丈夫なうえに、開閉も簡単で便利なジッパー付きビニール袋。

お料理に、収納に、旅行に……色んな場面で大活躍! 調理だけでなく、細かい雑貨や薬の管理など幅広く活用できますよね。
このジッパー付きビニール袋、いくら使い捨てとはいえ、一度使っただけで捨てるのは何だかもったいないと思いませんか?

とはいいつつ、再利用の方法が思い付かずモヤモヤするのは私だけではないかもしれませんね。
そこで今回はジッパー付きビニール袋の再活用方法をご提案します。

※食品の保存や調理に使った際は再利用せずに捨ててくださいね。今回は雑貨などを入れて使っていたジッパー付きビニール袋の再活用法をお伝えします。

再利用する方法その1: 生ゴミ用ゴミ袋にする

食品保存に使用したジッパー付きビニール袋は、そのまま調理中に生ゴミ用ゴミ袋として使うことが出来ます。

使用済みのジッパー付きビニール袋を流し台の三角コーナーなどに置き、生ゴミを入れて調理が終わったらジッパーを閉めて廃棄するだけ。

ジッパーでしっかり密閉するので、生ゴミの匂いも気になりません。
ゴミ捨ての日まで日にちがある時のにおい対策としても有効です。

ソースなど、袋の内側についた汚れが目立つ場合は軽く水洗いしてから使うと見た目も綺麗です。

再利用する方法その2: 衣類などの洗濯や漂白に使う

一度使った後も汚れが直接ついていないジッパー付きビニール袋は、衣類などを手洗いする際にバケツの代わりとして使うことが出来ます。

使い方は、とても簡単。

ジッパー付きビニール袋の中に衣類のサイズに合わせた水と少量の洗剤を入れて、袋ごと揉むだけ。
あとは、数回水を入れ替えて綺麗になったら完成です。

手も直接触れないので、手荒れの心配もなく簡単に衣類を手洗いすることが出来ます。

また、密閉することが出来るので布巾や衣類などを漂白したい時は、つけ置き洗いにも便利です。
(※漂白剤を使用する時は必ず洗濯表示を確認して下さい。)

再利用する方法その3: 折り畳み傘や水着など水に濡れたものを入れる

密閉できて防水機能があるジッパー付きビニール袋は、水に濡れたものをカバンに入れる時に便利です。

折り畳み傘や、レインコート、水着など水に濡れたものもジッパー付きビニール袋に入れることでカバンの中が水浸しになる心配もなくなります。

※使用する時は、汚れが直接ついていないジッパー付きビニール袋を使用して下さい。

再利用する方法その4: スマホの防水ケースとして使う

小物などを入れたあとで汚れていないジッパー付きビニール袋なら、スマホの防水ケースにも大変身!

ビニールの上からもスマホの操作はできるので、防水機能のついていないスマホでも入浴中に使うことが出来ます。

その他、プールやキャンプ、海などに行く時もジッパー付きビニール袋にスマホを入れておくと水に濡れる心配もなく、安心です。

これからの季節に重宝しそうですね。

※ジッパー付きビニール袋の密閉具合にもよるので水の侵入に注意しながら使用して下さい。

ジッパー付きビニール袋の特徴を生かす!

いかがでしたか?

一度使ったあとのジッパー付きビニール袋でも、「透明」「密閉」「防水」という特徴を生かすことで、収納や保存だけでなく、さらに多様な用途で再利用することが出来ます。

汚れ物をニオイごと封じ込めたり、水に濡れるのを防いだり、バケツの代わりになったり……ジッパー付きビニール袋を再利用する方法は無限にありそうですね。

日常の中で、ジッパー付きビニール袋のエコでお得な七変化をぜひ、楽しんでみて下さいね!

Mitomi/ライター

【関連記事】

おすすめの記事