Yahoo! JAPAN

『メバリング』ステップアップ解説:プラッギング代表ルアーと使い分け

TSURINEWS

プラッギングでメバルを攻略(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

最近、メバリングではジグ単リグだけでなく、プラグを使用したプラッギングが流行している。今回はメバルプラッギングにおけるプラグの使い分けを解説する。

メバルプラッギングとは

メバルプラッギングとは、メバルをプラグで狙うことを言う。プラグとは、プラスチックなどから作られたハードルアーのことである。メバリングに使用するプラグは数種類あり、それぞれ使い分けると引き出しが増え、釣果アップできる。

メバルプラッギングに使用するプラグを大きく分類別にすると、

・シンキングペンシル
・ミノー
・トップウォーター

の3つに分けることができる。

その他にもバイブレーションなどもあるが、この3種類のプラグの出番が多い。次にこれらの特徴及び使い分けについて説明する。

プラグ別の使い分け

プラグの基本的な使い分けについて紹介しよう。

シンキングペンシル

シンキングペンシル(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

シンキングペンシルは、メバルプラッギングにおいて最も使用されているプラグだと思う。それは遠投性能の高さと、レンジをある程度アングラーが操作できるため、使いやすいからだ。最初に投げるパイロットルアーとしてシンキングペンシルを選択するとその日のパターンを掴みやすい。

リーリング速度の変化だけでなく、ロッドを立ててリーリングするか、ロッドを寝かしてリーリングするかで違うレンジを引くことができる。その日1番いいレンジがまだわからない時には、シンキングペンシルを使用すると素早く広く探れるため有効だ。

ミノー

ミノー(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

ミノーはリップが付いており、何度投げても同じレンジを引いてきやすく、再現性の高いプラグだ。ミノーにはフローティングとシンキングがある。フローティングはリールを止めると浮くプラグで、シンキングはリールを止めると沈むプラグである。その特性を利用して使い分けると良い。

フローティングでは、リールを3回転毎に3秒ほどポーズを入れ、プラグが浮上してくる時に食わせる。これでしか反応しない時があるため、是非試していただきたい。

シンキングはリールを止めるとスローに沈んでいくため、スローフォールで反応するメバルに有効だ。また流れがある場所では、プラグをドリフトさせて流れに漂わせる釣り方にもシンキングのミノーは使いやすい。

トップウォーター

トップウォーター(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

トップウォータープラグは沈まずに水面を引くことができるプラグである。特にマイクロベイトがいる時にメバルが捕食のためボイルしている時に役に立つ。

基本的にはただ巻きで良いが、ただ巻きで反応しない場合は、スローリトリーブをしながらトゥイッチしてアピールするとメバルが反応することがある。またメバルの活性が高い時は、水面にただ浮かべておくだけでも釣れることがある。

番外編

番外編として2パターン紹介しよう。

シーバス用プラグ

シーバス用のプラグが役に立つ時がある。それはバチ抜けパターンの時と、遠投が必要な場面である。プラグの種類としては、バチ抜け用のシンキングペンシル(70~100mm)が使いやすく、メバルの反応も多い。

バチ抜け用シンペンが使える(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

連結

メバル用のプラグを連結して使うこともできる。連結する場合はシンキングペンシルで、同じものもしくは同じ製品のサイズ違いなどを連結すると良い。沈下速度は変わらずに飛距離がアップするため、飛距離が欲しい時に有効だ。

<山下洋太/TSURINEWSライター>

The post『メバリング』ステップアップ解説:プラッギング代表ルアーと使い分けfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事