Yahoo! JAPAN

太田光、コロナ療養中の上田晋也の近況明かす「働いてんな病床でも」

Techinsight

上田晋也とのメールのやりとりを明かした太田光

首都圏を中心とした急激な感染者増加に伴い、芸能界でも続々と報告されはじめた新型コロナウイルス感染のニュース。24日には、東京五輪中継のスペシャルサポーターを担当していたくりぃむしちゅー・上田晋也の感染が明らかになり、当分治療に専念することが所属事務所の公式ホームページで発表された。そんななか爆笑問題の太田光が、自身のラジオ番組で上田の近況を紹介。療養中でも変わらないキレキレのツッコミで、太田を喜ばせたようだ。

27日深夜に放送されたTBSラジオ『JUNK爆笑問題カーボーイ』の中で、コロナ療養中の上田晋也について触れた太田光。ネットニュースで感染を知ったという太田、共演中の『太田上田』(中京テレビ)の収録は終わっていたが、五輪キャスターでもある彼を心配しすぐメールで連絡をとったという。

上田と言えば今年1月、太田の相方・田中裕二が緊急入院した際に代役として『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演していた。それもあってか、今回は太田から「五輪キャスター、なんだったら俺がやりましょうか?」と提案したが、ものの2秒で「あんたに頼むか、バカ」と鋭いツッコミが返ってきたそうだ。太田は「さすが、病床でもこれだもん」とその素早さに驚いたことを明かした。

その後「五輪キャスターなんか狙ってません」と太田が『おしゃれイズム』の写真を添付すると、3秒後に「そっちかーい!」とツッコミが。続けて『しゃべくり007』(ともに日本テレビ系)の写真を添付したところ、上田は「あ、これまたそっちかーい!」と絶妙なテンポで応答し続けてくれたという。更には「迷子にツアーガイド頼むようなもんだわ」と“たとえツッコミ”まで送ってくれるさすがの反応に、「コイツ働いてんな、病床でも」と太田はいたく感心したようだ。

最終的には「お前寝ろ、明日早いだろ」と逆に指摘されてしまったという太田。田中裕二は「大変なんだから休ませてやれよ」とそんな上田に同情していたが、普段と変わらないマメさを見せる上田の元気そうな様子に、周囲の人間も一安心しているかもしれない。

画像2枚目は『太田上田 2020年9月15日付Twitter「今後の予定です」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)

【関連記事】

おすすめの記事