Yahoo! JAPAN

東京湾シーバスジギング絶好調 ヒット連発で60尾達成【渡辺釣船店】

TSURINEWS

ジギングで好調のシーバス(提供:週刊つりニュース関東版APC・石坂衣里)

2月3日(火)、東京湾横浜山下橋の渡辺釣船店からルアーシーバスで釣行しました。60尾を釣り腕がパンパンとなった釣行をリポートします。

渡辺釣船店使い横浜沖へ

東京湾横浜山下橋の渡辺釣船店のシーバス船は7時に出船。金子大士船長の操船で最初のポイントである横浜沖へ。前々日の釣果はトップ30尾で、数釣りの期待がふくらみます。

乗船ポイント周辺図(作図:週刊つりニュース関東版APC・石坂衣里)

航程20分で到着。水深とジグの重さについてアナウンスがあってスタート。より速くジグを落としたほうが有利なので、投入のアナウンスに遅れないような投入体勢を取っておくことが大切。

2投目で50cm級ヒット

船が止まると誰よりも早くボチャン!水深は23mです。フォール中にアタることが多いので集中。ジグが途中で止まったり、違和感があったりしたら即アワセです。

2投目でヒット!「最初の1尾目は大切に」ということでエラ洗いされないようていねいに寄せて取り込みます。

やったぁ! 50cm級をゲット。ピンクのセンターバランス80gを食ってきました。その後も同じルアーで入れ食い。1時間しない間にツ抜けを達成です。

ヒット!(提供:週刊つりニュース関東版APC・石坂衣里)

ルアーカラー変更でアタリ復活

アタリが遠のいたときはルアーのカラーや大きさを変えるとすぐにまたアタリが復活します。釣れているときあえてチェンジして、飽きられないようにすることが大切なんですね。

いくつかのポイントを攻めましたが、いずれも好調。活性の高さにびっくりです。

当日のタックル(作図:週刊つりニュース関東版APC・石坂衣里)

海底付近狙い60cm級

別の船から「羽田沖にトリヤマがある」という情報が入り、20分ほど移動。1投目からアタりましたが、ハリ掛かりせず残念。気を取り直して再投入しますが同じ状況で悔しい。「もしかしたら魚が小さいのかな?」と、ルアーをサイズダウンしてみると30cmほどが連発。

サイズアップを狙って大きめのジグにチェンジ。良型がいるであろう海底付近を探っていくと、ドラグを鳴らすサイズがヒット。60cm級が顔を見せてくれました。

ドラグを鳴らすサイズがヒット(提供:週刊つりニュース関東版APC・石坂衣里)

船は小移動を繰り返してしばらく粘りますが、時折、50cm級が取り込まれる程度でランカーは姿を見せてくれませんでした。

どのジグにも好反応

残り2時間になったところで最初のポイントに戻りました。到着するやいなや「魚探にいい反応があるよ」と船長。その言葉通り、1投目から50cm超えがヒット。この魚で30尾をカウントしました。

数釣ったので満足。これからはジグの色、大きさ、形の違いを試してみることに。60~80g、色はピンク、ブルー、チャート、赤金、シルバー。形はセンターバランス、リアバランスを試してみました。高活性だったためか、どのジグにも好反応です。

どのジグにも好反応(提供:週刊つりニュース関東版APC・石坂衣里)

最終釣果は60尾

少しアタリが遠のいたら小移動して釣り続けます。沖上がりまで残り1時間で50尾達成、びっくりです。

どれだけ数を伸ばせるか、自分との戦いがスタート。しかし、気合が入りすぎたのかヒットはするものの、バラシ連発。「落ち着け」と自分に言い聞かせながらラインをゆるませずに取り込むことを心がけ、最終的に60尾ゲットしたところでタイムアップ。腕はパンパンで、嬉しい悲鳴です。

60尾ゲット(提供:週刊つりニュース関東版APC・石坂衣里)

数&型狙いのコツ

数を伸ばすには手返し重視。大きいサイズを狙うなら群れの下や底近くを狙うのがよかったです。

次はランカー狙いで挑戦したいと思います! まさにスポーツのようなルアーシーバス。みなさんも体験してみてはいかがでしょうか。

当日の釣果の一部(提供:週刊つりニュース関東版APC・石坂衣里)

<週刊つりニュース関東版 APC・石坂衣里/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年2月19日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post東京湾シーバスジギング絶好調 ヒット連発で60尾達成【渡辺釣船店】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事