Yahoo! JAPAN

フライお得帖:16歳が考案した『ティニーニンフ』を格安で自作しよう

TSURINEWS

ティニーニンフ(提供:TSURINEWSライター浅暮三文)

万年初心者のミステリー小説家が解き明かすフライの謎と秘訣。今回の「フライお得帖」は、若干16歳が「偶然に?」考案することになった『ティニーニンフ』の格安自作方法を紹介。

フェザントテールは雉の羽

フェザントテールこと雉の尾羽根は役立つタイイング材です。このフェザントテールを使ったフライの名鉤にティニーニンフがあります。米国のジム・ティニーが考案したもので、鱒釣りからサーモン釣りまで幅広く使われているフライです。

タイイングは簡単。ただぐるぐる巻きにするだけ。レッグをひとつ付けるタイプと二つ付けるタイプがありますが、今回は二つ付けるタイプに挑戦しましょう。

ティニーニンフ誕生秘話

ジム・ティニーがそのフライを巻いたのは若干16歳、なんと中学三年生のこと。前年、オレゴンの湖へ鱒釣りの旅に連れて行ってもらい、そこでジムはかなりのサイズの大物たちを見たのです。

しかしジムはそれらを一匹も仕留めることができませんでした。というのも当時、ジムはタイイングを始めたばかりで二、三種類のオーソドックスなパターンしか巻けなかったのです。よくあるそんなフライに大物たちは見向きもせず、ジムは鼻であしらわれるばかり。くやしい、つらい、いっそこのままと思ったかどうかは分からないですが、ええいとばかりにジムは次回の釣行に向けてオリジナルのフライを巻いてみる一大決心に至ります。

自分でフライを考案するなど平凡なパターンしか知らない16歳にとっては徒手空拳とも思える挑戦です。ジムが父親のフライ材から選んだのはフェザントテール。友人が同じ材料でフライを巻いたと聞いていたからです。

だがジムのつたない技術では複雑なフライは巻けません。結果、仕上がったのはニンフフライらしきもの。それでもそのオリジナルフライを持ってジムはオレゴンに向かいました。そしてオーソドックスパターンが見限られるばかりなので、果敢にも例の大物たちにオリジナルを投げ入れ、なんと釣り上げたのです。

まさに棚ぼたといえますが、歴史の歯車はときおり、このようも偶然とも思える幸運をもたらすことがあるのでした。しかし実は、ジムのオリジナルには大物が食いつくそれなり理由があったのです。

ティニーニンフの特徴

ポイントはレッグの長さと全体とのバランス。ドライフライが水面にうまく浮くことを目指すように、ニンフも水中でちょうどよく流れるようにします。そのためティニーニンフのレッグの長さを考慮した量のフェザントテールを使用します。

オリジナルのティニーニンフはボディに対してレッグが長めで水中で水の抵抗を受けて表層からゆっくりと沈んでいきます。一つ目のレッグは鉤の後ろ半分に届き、二つ目もお尻ぐらいまでの長さがあります(ネットでジム・ティニー社の物を調べてみてください)。こんなレッグは水流を受けて動き、鱒にアピールするのです。

私はニンフフライの重要な点を「(1)サイズ、(2)質感(色=鱒にアピールする昆虫っぽさ、スタイル=昆虫っぽい記号・形状とフライの硬軟=鱒がくわえたときの感触)、(3)動き=水中での流れ方」と考えています。この色と質感、動きのすべてを単純ながら備えているのがティニーニンフなのです。

巻き方

それではティニーニンフのタイイングです。材料はハリ、ボディ材のフェザントテールのみといたってシンプル。フェザントテールは以前にフェザントテール・ニンフを巻くときに入手してあります。ハリはストレートのものや、ややアールのあるニンフ用でもよいのですが、今回は大きく巻くために管付きチヌ2号(フライフックで14#程度)を使いました。

工程1

フックに下巻きをしたあとフェザントテール(先端をレッグに使うので根本の部分)をハリの曲がり口に巻き留め、真ん中辺りまで巻いて残った先端をレッグとして巻き留める。

工程1(提供:TSURINEWSライター浅暮三文)

工程2

同様にフェザントテール(先端をレッグに使うように)を巻き留め、ソラックスになるようにややぼってりとアイの方へ巻いていく。アイの後でフェザントテールの残った先端部分をレッグとして巻き留め、ヘッドを作って完成。

※私の完成品がレッグの最適値とは限りません。いろいろと試してみることをお薦めします。

工程2(提供:TSURINEWSライター浅暮三文)

自作ティニーニンフの値段

ボディ材はネット通販で購入できる10本で149円のもの。ハリはフライ用ではなく、海用の12本入り250円2号です。安く仕上げるなら連載で紹介したエサ釣り用の管付き海津、管付きセイゴのハリでもよいでしょう。

さて完成したティニーニンフのお値段は、どうか。おお、なんと23円。完成品を買うと200円ですよ。10本巻けるではないですか。これなら簡単に安く巻けるので、いろいろなハリに巻いてレッグのバランスがよい物を試してみるべきでしょう。

しかしジム・ティニーが16歳だったからこそ生まれたこの名鉤。我々も幸運のお裾分けをあずかったわけです。ありがたや、ありがたや。つるかめ、つるかめ。

ティニーニンフ決算表(作図:TSURINEWSライター浅暮三文)

<浅暮三文/TSURINEWSライター>

The postフライお得帖:16歳が考案した『ティニーニンフ』を格安で自作しようfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 「新美の巨人たち」で大滝詠一の名盤ジャケット特集

    ナリナリドットコム
  2. 「新美の巨人たち」で大滝詠一の名盤ジャケット特集

    ナリナリドットコム
  3. 「精神的な支えになれば」ときょうだいが贈ったサポート犬に襲われ21歳女性死亡(英)

    Techinsight
  4. 本物そっくり100円ミニチュア 巣ごもり需要で追い風 伊賀市の山田化学

    伊賀タウン情報YOU
  5. <女性からの暴力>「彼女からDV受けてる」息子の告白。アザだらけの身体……【第2話】まんが

    ママスタセレクト
  6. もし自分が先に死ぬようなことがあったら、残った旦那さんには一人でいてほしい?再婚してほしい?

    ママスタセレクト
  7. 総額10万円超 毎日同じパブに通う90歳男性へ人々から善意の昼食代が寄せられる(英)

    Techinsight
  8. <実母と同居>洗濯物のうっかりミスで実母が激怒!ムシャクシャして寝付けない……【後編】

    ママスタセレクト
  9. 結婚生活20年、欠かさず休みの日を合わせて食事をする仲良し夫婦が語る“夫婦円満で一番大切なこと”

    saita
  10. 結婚20年、子ども6人。夫に「働くな」と言われることがすごく苦痛だった。今、好きな仕事ができてるワケ

    saita