Yahoo! JAPAN

小玉スイカ「若松クイーン」出荷中 生産者4人が栽培管理徹底、高い糖度を実現

北九州ノコト

(アイキャッチ画像はイメージ)

若松区で栽培・収穫されている小玉スイカ「若松クイーン」の出荷が始まりました。

出荷は8月中旬までを予定

「若松クイーン」は、若松区で生産されたラグビーボール形の小玉スイカのブランド。ハウスと露地の両方で栽培されており。ハウス栽培のものは6月上旬から出荷開始、露地栽培のものは今年度は6月下旬から7月上旬にかけて出荷開始の予定です。

小玉スイカでありながら、大玉スイカ同等のシャリ感と高い糖度が特長で、冷蔵庫にもすっぽり入り、少人数でも食べ切ることができる手軽さも魅力となっています。

その高い糖度の秘訣は、4人の生産者全員が5ヘクタールの畑すべてで同じ肥料を使い、栽培管理を徹底し、最もおいしい時期に収穫を行っていること。さらに、より甘くするため、出荷の約15日前にスイカの上下をひっくり返し、それまで地面に接していた部分にも日光を当て、全体をまんべんなく色づかせる『玉返し』という手間のかかる作業をやっているのだそう。

「若松クイーン」の出荷は8月中旬まで続き、150トンを出荷予定とのこと。農協直売所や地元スーパーなどで販売されています。

※2022年6月26日現在の情報です

(北九州ノコト編集部)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 「偶然スマホのAIが教えてくれた」昭和の香り漂う焼肉屋さん。こだわりのジンギスカンとホルモンが格別【北広島市】

    北海道Likers
  2. オリビア・ニュートン・ジョン、オーストラリアで国葬へ

    ナリナリドットコム
  3. 平野ノラ、「ゲロマブ」大沢あかねと浴衣2ショット

    ナリナリドットコム
  4. 告知されて号泣・『えっ転移?』子どもも欲しかった・・・こじらせてしまった私の話 両側乳がんになりました159

    SODANE
  5. 『魔法のリノベ』クセ強キャラ乱立も、一貫したメッセージに「刺さります」の声

    ドワンゴジェイピー news
  6. 世界初のアートイベント「 読むジュエリー展 かけら」が開催 “大切な人とのお別れ”を疑似体験

    動画ニュース「フィールドキャスター」
  7. 夜寝る前に「水菜」を漬けて放置するだけ!朝食は冷蔵庫から出すだけレシピ

    saita
  8. “たこ焼きプリンス”NCTユウタ、ショウタロウにこだわりの焼き方をレクチャー

    ドワンゴジェイピー news
  9. 【実際どう?】北海道民がレビュー!ローソンに登場した「夏の札幌名物」監修グルメ

    北海道Likers
  10. 何かが始まっちゃうヤツじゃん... 夏祭りで撮影された「ホラーな光景」に反響「引き返してセーブしなきゃ」「邦画版シャイニング」 

    Jタウンネット