Yahoo! JAPAN

玉森裕太×宮田俊哉 2人の純愛物語を襲う悲劇、涙なしには見られない『BE LOVE』第3話

ドワンゴジェイピー

玉森裕太×宮田俊哉 2人の純愛物語を襲う悲劇、涙なしには見られない『BE LOVE』第3話

玉森裕太と宮田俊哉が主演を務めるドラマ『BE LOVE』の第3話『運命』が30日(金)より、dTVで配信がスタートした。

本ドラマは、玉森と宮田の2人のユニット曲『BE LOVE』、『星に願いを』、『運命』の3曲を原案に制作された。絵本作家の玉森裕太と編集者の宮田俊哉による純愛物語。脚本の監修を玉森と宮田が務めていることでも話題となっている。

【関連】玉森裕太×宮田俊哉 海辺でバッグハグ、歌詞とシンクロする『BE LOVE』脚本に大反響


別荘の地で絵本づくりに没頭する玉森と、その玉森を献身にサポートする編集者・宮田。先週配信された第2話でも2人の純愛の様子が丁寧に描かれており、その中でも海岸で追いかけっこをする2人の姿には「心が浄化される」「2人の間に優しい時間が流れている」と反響が殺到していた。

その他にも第2話では、玉森が宮田の誕生日をサプライズでお祝いするために、飾り付けの準備をしたり、ケーキの予約をしたりする姿も描かれ、宮田のために一生懸命準備をする玉森の姿に心を打たれてしまう。



幸せの絶頂にあるように見えた玉森と宮田だったが、宮田に掛かってきた1本の電話により、その運命は大きく動き出してしまう。

その電話の内容は、玉森が死んだことを知らせるものだった。宮田は「死んだ…?」と一言つぶやき、茫然とする場面で、第2話は幕を閉じた。





そして30日より配信がスタートした第3話では、宮田がその電話を受け取った後の場面からスタートする。


玉森が死んだという連絡を受け、宮田は1人別荘に帰ると、そこには宮田の誕生日をお祝いするために、玉森が部屋のあちこちを装飾していた。その部屋の様子をみて、宮田は「どんなサプライズだよ…」と一言つぶやくと、テーブルの上にあるものが置かれているのを発見する。



宮田は茫然と別荘の部屋を歩き回り、部屋のあちこちに残る玉森との思い出の品を手にとり、2人が出会ったばかりの頃を思い出す。しかし、今はもう玉森はこの世にはいない…。

死という運命により、予期せぬ別れを迎えてしまった玉森と宮田。しかし、2人のユニット曲『星に願いを』の歌詞に倣って、宮田は玉森のことをずっと思い続けるんだろう、そう感じさせられる第3話になっており、最愛の人・玉森を失った宮田の哀愁漂う表情に、観ている方も涙を誘われてしまう。


そして、残すはあと1話。2人の純愛物語はどのような結末を迎えるのだろうか?最後まで見逃せない。



【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【後編】旦那とは喧嘩ばかりで1年以上口をきいていない。現状のままがいいけれど、子どもたちのためにこの状況を変えるべき?

    ママスタセレクト
  2. 川栄李奈、生見愛瑠[イベントレポート]「可愛いマスクがほしい」「天才になりたい」!? <『ぷよテト2』CM発表会>でサンタクロースへのお願いを告白

    Pop’n’Roll
  3. 【前編】旦那とは喧嘩ばかりで1年以上口をきいていない。現状のままがいいけれど、子どもたちのためにこの状況を変えるべき?

    ママスタセレクト
  4. 【いぬねこ漫画】第1話:【はじめまして ヨル・ナナです!】動物チームといっしょ

    PECO
  5. ビジュアルセンスが秀でるポルシェ911デザイン資料集

    ClassicPORSCHE.jp
  6. 櫻坂46、1st SG収録の個人PV予告編を公開!

    Pop’n’Roll
  7. 若月佑美、オンラインサロン『未開発区域』公式YouTubeチャンネル開設! 収益の一部を日本赤十字社に寄付

    Pop’n’Roll
  8. 辻希美、自身のYouTubeチャンネルを見る三男の姿を公開「嬉しいけどちょっと近過ぎ」

    アメーバニュース
  9. おかもとまりの「生き方が大好き」と憧れる小林礼奈 「素直な人で自分と似てる」とも

    Techinsight
  10. 杉浦太陽、思い出の場所を紹介「俺が大阪で育ってきた景色や…」

    アメーバニュース