Yahoo! JAPAN

川崎市 救急出動12年ぶり減少 遠因に新型コロナの影響〈川崎市宮前区〉

タウンニュース

救急出動12年ぶり減少

川崎市内の昨年1年間の救急車の出動件数は、6万6951件で12年ぶりに減少した。2019年に比べて8562件(11・3%)の減少。

搬送人数は5万6235人で8893人(13・7%)減った。搬送の原因は急病が3万9千人(69・4%)、一般負傷が9190人(16・3%)、転院搬送が3532人(6・3%)で上位3種で92%を占めた。出動件数は減ったが、搬送された人のうち65歳以上の高齢者は56・4%で前年より1・2ポイント増加し、高齢社会の進展が反映された形となった。

市消防局の担当者は出動件数が減った要因を「入院を必要としない軽症者の利用が6919人(搬送減少件数の77・8%)減っており、新型コロナウイルス感染拡大の影響で病院控えがあったのでは」と推測する。また予防意識の高まりからマスク着用や手洗い、嗽が徹底され、病気になる人が減っている可能性を指摘。さらに昨年、緊急事態宣言が出され社会活動が制限されたときは、交通車両が減ったことで事故が減り、酒の飲みすぎで運ばれるという人も減る傾向があったという。

【関連記事】

おすすめの記事