Yahoo! JAPAN

Karin. デジタルミニアルバム『solitude minority』から「信じること」を配信開始 キャリア初のワンマンライブも

SPICE

『solitude minority』ジャケット

Karin.が、5月12日にリリースするデジタルミニアルバム『solitude minority』から、先行トラック「信じること」を本日・4月14日(水)に配信開始。あわせて、ミュージックビデオも公開された。

監督は、先日公開されたKarin. の3rdアルバム『solitude ability』から着想されたショートフィルムにて監督・脚本を務め、映画「少女邂逅」のほかドラマ制作なども行う枝優花が担当。ショートフィルム主演・伊藤万理華のフラッシュバックと、その印象的なシチュエーションに実際赴き撮影されたKarin.による繊細なシーンのコラボレーションが透明感のある歌声とともに、心の奥にある形の定まらない感情を動かす。

そしてKarin.は、キャリア初のワンマンライブ「Karin. 1st Live "solitude time"」を、6月12日東京 恵比寿LIQUIDROOMにて開催することが決定しており、現在イープラスにてチケット先行受付中。

コメント

映画監督・写真家 枝優花
大人になり、誰かを信じることとは自分の強さと比例すると、理解できるようになりました。
そして、それに気付くまでの長いまわり道も確かに必要だったと受け入れられるようになったのもごく最近でした。
そのタイミングでこの曲を監督する、という意味を考えながら制作しました。
前回からのショートフィルムと合わせてご覧いただけたら幸いです。
Karin.
少し前まで“何か”を信じるのではなく、“誰か”の言葉を信じて生きてきました。
自分の意思ではなくても、与えられたら其処を居場所にしていましたが、全てを理解していても、それが正しいとは限らないし、正義とも呼べないことに気づき、この曲を作りました。
今まで何度も枝優花さんの作品に救われてきたので、前作に続き一緒に制作することが出来て本当に嬉しかったです。

「信じること」MV

【関連記事】

おすすめの記事