Yahoo! JAPAN

「誰?このオバサン」と思ったら鏡に映った自分だった……。ママたちの嘆きが止まらない!

ママスタセレクト

自分ではまだまだ若いママのつもりだったのに、ふとした瞬間に「え……なんか老けた?」と愕然とした経験はありませんか? 来年40歳になるママから、こんな投稿がありました。

『鏡で自分の全身姿を見たら「うわ……オバサン」って。若い子と並んでも「うわ……」ってビックリ』


ママたちから「わかる!」「私も!」と共感の声が続々届きました。早速、紹介していきましょう。

白髪、体型……避けられない経年劣化

『わかる。白髪もいつの間にか増えてきた』


『頬のたるみとか、小さなシミとか白髪とか見えちゃうとハァってなる(笑)。鼻の中と眉毛に白髪を数本見つけたときに、もう諦めた。娘の毛穴のないツルツルの肌を見ると自分の汚さにヘコむ』


筆者は先日、真っ白なまつ毛が生えているのを発見して驚愕しました。こんなところまで白くならなくてもいいのに……。

『最近、ちびっこ相撲の小学生みたいな体型になってる(笑)』


『尻がでかいし垂れてるし、全体的に若さがない。体重はそんなに変わってないのに、肉付きが若いときと違う』


『どの角度でも二重アゴでビビった(笑)。太らない体質だったのにな~』


『脳内補正されたまま鏡を見ると、現実の残酷さにビビる。特に横顔、後ろ姿、肩まわりとかババロア』


ババロアみたいになめらかでプルプルした……ぜい肉(泣)。しかも重力には逆らえないところが憎いです。

ふいに映った自分の姿に愕然!現実を突きつけてくるアイテムたち


これが現実なんて許せない……誰か魔法の鏡をください

『私なんて、鏡を覗いたら恨めしそうにバケモノがこっち見てるんだよ。怖い……。夜中トイレに起きたときや朝一番は、不用意に鏡を見れない。ショック死しちゃうかもしれない』


『浴室のドアが開いていて、「あれ!? どこかのおばさんが来てる」と鏡をよく見たら自分だった。すごくショックだった。それが現実』


毎日鏡に映る自分の姿を見るのが嫌で、強硬策に出たママもいます。

『リフォームでお風呂の鏡を取ったよ。ストレス軽減(笑)』


しかし敵は今日も現実を突きつけてきます。

『ときどき車のルームミラーにすごいオバサンが映るんだけど、「自分だわ!」ってなる』


『今日美容院に行って、シャンプー後にタオルを巻いて、鏡の前に座って絶望したとこ』


相手がガラスでも、鏡同様に油断してはいけません。

『電車に乗っていてトンネルに入ったとき、窓ガラスに映った自分の顔が老けこんでてビックリすることならよくある』


『銀行のガラス越しに、向こうから太ったオバサンが来るから避けようとしたら自分だった。さすがにその日は何も食べれなかったけど、3日したら爆食い再開しちゃった』


オバサンは立ち直るのも早いのです。
手に持っているスマホが突如牙をむく!
想定外でスマホが自撮りモードになったとき、自分の顔のドアップに思わず「うわっ」と声が出そうになった人、いませんか?

『スマホカメラ起動した時にインカメラになってて、ふいに映りこんだ自分のオバサン具合にビビった(笑)。若い頃よりも言いたいこと言えるようになってきたから歳を重ねたことには後悔はないけど、たるみが! くすみが!』


『カメラ起動して、下からのアングルで映ってしまったときの自分はほんとにオバサン。老いって怖い。これからますますオバサンになると思うと恐怖』


『YouTubeとか見ていてちょっと暗い画面になったとき、ふいに映る自分がニヤニヤテカテカしてて嫌だ……』


たるみ、くすみ、テカリ……カメラが高性能になればなるほど、明らかにしなくてもいいところまで教えてくれます。

知らないオバサンがいる写真や動画。何度見ても、やっぱり自分?

この写真、誰か加工した?

『役員の仕事をしてる後ろ姿が写りこんでて、オバサンすぎて引いた』


『鏡を見るときは無意識に顔作ったり姿勢よくしたりしてるけど、子どもが撮ってくれた何気ないときの私の写真とかマジでオバサン(笑)』


素の状態で写っているからこそ、これが現実なのだと悲しくなります。

『太ったから着物でごまかし卒園式に参加。イメージでは綺麗に着こなしたつもりでいたけど、写真を見たら貫禄ある演歌歌手にしか見えなかった』


『新型コロナウイルス明けに、ようやく行なわれた入学式。親子で門の前で写真撮ったんだけど、後で確認したらめっちゃオバサンが写ってて。やたら横に大きくて「かーちゃん!」って感じで、縦横の縮尺が明らかにおかしい。誰か時空を歪めたよね?』


時空を歪めた犯人よ! どうせなら縦に歪めてほしかった……。後々まで残ってしまう記念写真は要注意です。
「写真より動画の方がさらに衝撃的!」との声あり

『最近玄関に設置した防犯カメラをチェックしたら、小走りで玄関に向かう知らないオバサンの姿。自分だった』


『ゴルフのレッスンに通っていて、三脚を使って素振りを自撮りしたんですけど、スイングチェックで自撮りした動画見ていて「知らないオバサンが歩いてきた!?」と思ったら私でした。あの衝撃はなかなか受け入れられませんでした……』


見た瞬間に「知らないオバサン」と認識してしまうほど、イメージとかけ離れていた自分の姿。防犯やスイングチェックの前に、確認しておくことがありそうです。

どうしてこうなった!?もはやホラーなんですけど……


『コストコの会員証の写真がオバサンすぎて酷い。でも誰もこれおかしいとか言わないし、入口でも見せたら通してくれる。怖い。誰か「これ、あなたじゃないですよね」って言ってくれ!』


『「鈴木杏に似てる」だなんて言われた娘時代があったのに、なんで今ではロッチ中岡が毎日鏡に映っているのか不思議に思う』


『本当こんな日が来るとは思ってなかったんだけどね……』


なぜなんでしょう……気が付いたら立派なオバサンの姿になっていました。このままオバサン化を突き進むのか? それとも抵抗して若返りにいそしむのか? ここから先をどうするかはアナタ次第です。筆者は「素敵なオバサン」を目指したいと思いますが、鏡を見るのを無意識に避けてしまう日々。まずは今の自分の姿を再認識するところから始めましょうか。

文・千永美 編集・荻野実紀子

【関連記事】

おすすめの記事