Yahoo! JAPAN

犬が『トイレを我慢してる時』に見せる仕草や行動4選

わんちゃんホンポ

1.そわそわと落ち着かない様子を見せる

犬は日中の多くの時間を寝て過ごしていると思います。飼い主さんと遊んだりスキンシップを取ったりする時間はあると思いますが、そうでない時間は自分のベッドなどでウトウトとしていることが多いでしょう。

いつもは落ち着いて過ごしている愛犬が、部屋の中をウロウロと歩き回っていたり、そわそわ動き回ったりすることが続いていたら、トイレを我慢している可能性があります。外でしか排泄をしない犬の場合は、「外に出たい!」と思ってウロウロしているのでしょう。

また、トイレシーツで排泄をする犬でも汚れや破れが気になったり、トイレの周辺で怖い経験をしたことがトラウマになったりと様々な原因でスムーズに排泄ができなくなるのです。

「トイレがしたいけどできない」という状況のときに、落ち着かない様子を見せるので、この場合はトイレシーツの状態を確認したり、外に連れ出したりしてあげましょう。

2.床のにおいを嗅ぐ

犬は排泄前に排泄する場所のにおいを嗅ぐ習性があります。動物にとって排泄というのは、自分の居場所を周囲に知らせることになったり、無防備な状態をさらすことになったりするため、本能的に危険を感じる行動でもあるのです。

そのため、安心して排泄できる場所かということをにおいで確認しています。これと同様の理由で、排泄場所でくるくると回って地面の状態を確認するとも考えられています。

犬が色々な場所のにおいを嗅ぎまわっているときは、安心して排泄できる場所を探しているのかもしれません。その場合は、普段使っているトイレが汚れていないか、その周囲に犬を不安にさせるようなものがないか、確認するようにしましょう。

3.お尻のあたりを気にする

トイレを我慢しているとき、うんちやおしっこが出てくる部位を気にする仕草を見せることがあります。我慢しているものの出てしまいそうだと感じている場合もありますし、排泄したいのにうまく出ないという場合もあります。

いずれにしても、犬自身が排泄に関して異変や違和感を感じているというサインなので、様子をしっかりと確認してあげましょう。

また、泌尿器系の病気が原因で、「排泄をしたいと感じているものの出ない」という状況に陥ることがあります。その場合、頻繁にお尻周辺を気にしている様子が見られます。また、排泄のタイミングや量にも異変がある場合は、動物病院で相談してみることをおすすめします。

4.ヒンヒン・キュンキュンと鳴く

トイレを我慢していて漏れてしまいそうなとき、犬はか細い鳴き声を上げることがあります。特に、トイレのしつけがしっかりとできていて、トイレシートや屋外など決められた場所以外で排泄することに抵抗がある犬は、我慢の限界が来ると困惑や焦りで落ち着きをなくすだけでなく、鳴きはじめます。

このようなタイプの犬は、トイレを失敗することで自尊心が傷ついてしまうこともあるので、できるだけ失敗させてしまわないようにトイレに誘導してあげてください。

まとめ

犬は様々な場面でトイレを我慢することがあります。

屋外でしか排泄をしない犬は、自分で出入りできないことが多いため我慢する機会も多いと思います。それだけでなく、トイレシーツで排泄をする犬でも、汚れが気になって我慢してしまったり、一時的な不安やストレスが原因で我慢してしまったりすることがあるのです。

動物の体にとって排泄を我慢することは、決して良いことではありません。ここでご紹介した仕草や行動が見られたときは、犬が安心してトイレをできる状況かを確認したり、トイレに連れて行ったりしてあげましょう。

【関連記事】

おすすめの記事