Yahoo! JAPAN

スーパーフード「モリンガ」の栄養と効能とは?気になる味もチェック

macaroni

スーパーフード「モリンガ」の栄養と効能とは?気になる味もチェック

栄養豊富なスーパーフード「モリンガ」とは

「モリンガ」とは、インドを原産とするワサビノキ科の植物。インド、アフリカ、エジプトなどの国々では古来より薬や美容、健康のために利用されてきました。海外ではモリンガの栄養や作用の実績を受けて、非常に高い注目を浴びています。

世界三代美女のクレオパトラが、モリンガのオイルを肌に塗り、モリンガのお茶を飲んで美しさを維持していたという話もあるそうですよ。

モリンガの栄養と味・香りについて

モリンガは、種から花までほぼすべての部分を利用できることから「ミラクルツリー(奇跡の木)」と呼ばれています。また、ビタミンやミネラル、アミノ酸などのさまざまな栄養素が含まれており、スーパーフードとして注目されています。とくにビタミンAやビタミンC、鉄やカリウムが豊富です。

モリンガ茶の風味は抹茶やよもぎに近く、味は香ばしいコーン茶に似ています。麦茶のような香りで、飲みやすいですよ。モリンガ茶の味や香りが苦手な場合は、サプリメントとしてモリンガを摂ることも可能です。(※1)

モリンガの効果・効能

炎症を抑える

動物実験において、モリンガの根や葉の抽出物が、関節や気道の炎症を和らげることが確認されています。この結果から、モリンガには炎症を抑える作用があると考えられています。

また、強い抗細菌成分を含んでいるというのもモリンガの特徴です。大腸菌や黄色ブドウ球菌などに対して、モリンガの種の抽出物が抗菌作用を示すことが明らかになっています。(※1)

血圧の低下

モリンガには、カリウムが多く含まれています。カリウムは、過剰に摂ると血圧上昇の原因となるナトリウムの排出を促す作用があります。

また、モリンガには、血圧を下げるのに役立つGABA(γ-アミノ酸)が豊富です。GABAは交感神経にはたらき、血管を収縮させるホルモンである「ノルアドレナリン」の分泌を抑える作用があります。

なお、血圧が高い方はモリンガを摂ってよいか、医師や専門医にあらかじめ確認してください。(※1234)

便秘対策

モリンガには、不溶性食物繊維および水溶性食物繊維が含まれています。いずれも腸内細菌のエサとなって善玉菌を増やす作用があり、腸内環境を整えるのに役立ちます。

不溶性食物繊維は、水分を吸収することで便の量を増やし、大腸を刺激するはたらきがあります。一方、水溶性食物繊維は水に溶ける性質があり、便をやわらかくしてくれます。作用は異なりますが、いずれも便秘対策に重要な栄養素です。(※156)

老化対策

モリンガには、ビタミンA・C・Eが含まれています。これらは抗酸化ビタミンと呼ばれ、活性酸素のはたらきを抑制する作用があります。

活性酸素は加齢やストレスによって体内で増加し、シワやしみ、老化を引き起こすものです。また、血管を硬くする過酸化脂質の生成に関わっています。

抗酸化作用がある栄養素を摂ると、活性酸素から身体を守ることにつながり、老化対策になりますよ。(※178)

ハーブやお茶・化粧品にまで商品化

モリンガは、多くの部分を食べることが可能な植物です。葉と花、枝は香味野菜として、実の部分はピクルスとして食されます。

また、根は香辛料になります。モリンガの種は炒めてナッツとして摂るほか、オイルを抽出することも。モリンガのオイルは料理のほかに、化粧品の原料としても利用されていますよ。(※19)

モリンガの副作用

モリンガは自然食品ですが、人によっては副作用が発生する可能性もあるため、摂り過ぎないようにしましょう。

また、モリンガを多量に摂取すると流産するおそれがあり、厚生労働省から注意喚起がされています。妊娠中の方はもちろん、妊娠の可能性がある方は、モリンガおよびその加工品の摂取を控えてくださいね。(※9)

多くの栄養素が凝縮されたモリンガ

モリンガには、ミネラルやビタミンなどさまざまな栄養素が含まれています。血圧の上昇を抑える、便秘対策になるなど、健康維持に役立ちますよ。

スーパーフードのモリンガは、毎日の生活に少しずつ取り入れるだけでも、あなたの健康をサポートしてくれるでしょう。ぜひ、モリンガを一度体験してみてくださいね。

【参考文献】

(2021/09/14参照)

【関連記事】

おすすめの記事