Yahoo! JAPAN

現代版シンデレラ『ソーホー・シンダーズ』で林翔太と松岡充が恋人役で「真実の愛」に向き合う

エンタステージ

現代版シンデレラ『ソーホー・シンダーズ』で林翔太と松岡充が恋人役で「真実の愛」に向き合う

2021年11月から12月にかけて、ミュージカル『ソーホー・シンダーズ』の再演が決定した。本作は、2019年3月に林翔太、松岡充らにより日本初演された現代版“シンデレラボーイ・ストーリー”。主人公の青年・ロビーと、彼の恋人でロンドン市長選の候補者であるジェイムズのチャーミングで真摯なカップル、その真実の愛と2人を取り巻く人々の生き様を、林と松岡の組み合わせで再び上演する。

本作の楽曲を手掛けたのは、ミュージカル『メリー・ポピンズ』の追加楽曲や、ミュージカル『ホンク!』などで知られる作曲家ジョージ・スタイルズと作詞家アンソニー・ドリューのコンビ。2011年にコンサート版としてウエストエンドで産声を上げ、翌年にはオフ・ウエストエンドのソーホー劇場でミュージカル版として上演された。

童話「シンデレラ」を下敷きに創作され、いじわるな義理の姉妹にいじめられながら日々つましく暮らす青年・ロビーと、市長選の候補者であるジェイムズ、境遇も置かれた立場も全く違う2人の恋物語に、政治やスキャンダルといった様々な問題を織り交ぜながらも、その軸には純真な愛情が、爽やかに描き上げられている。

翻訳・訳詞は、『ビリー・エリオット』『メリー・ポピンズ』などを手掛ける高橋亜子、演出は元吉庸泰(劇団エムキチビート主宰)と、初演と同じクリエイター陣が集結。

主演は、前回から続投の林、そしてロビーの恋人ジェイムズ役には同じく続投の松岡。共演には、東山光明、綿引さやか、西川大貴、豊原江理佳、菜々香、青野紗穂、水夏希、松村雄基が名を連ねた。

ミュージカル『ソーホー・シンダーズ』再演は、11月3日(水・祝)に埼玉・東松山市民文化センターにてプレビュー公演ののち、名古屋、山口、香川、大阪、神奈川、東京を巡演する。チケットの一般発売は9月12(日)スタート。

あらすじ

ロンドンの街ソーホーで、亡き母親の唯一の財産である洗濯屋を経営するロビーは、店のオーナーである義姉妹にいじめられ、家賃を上げられてとうとう追い出されてしまう。
お金に困ったロビーは、経済界の大物・ベリンガム卿から援助と求愛を受けるが、実はロビーには密かに本命の恋人がいた。お相手はロンドン市長選立候補者、ジェイムズ・プリンスである。
ある日、ベリンガム卿はジェイムズの市長選資金集めのためのパーティーを企てる。そうとは知らず、高価な衣装やお金を贈られパーティーに招待されたロビー。気乗りしないまま、親友のヴェルクロやリキシャ屋のサイドサドルの応援で、夜中の12時に会場を抜け出す作戦を立て、パーティーへ出向くことに。しかしこのパーティーでロビーはジェイムズと鉢合わせてしまう!
二人の仲がばれ、ひとたび大スキャンダルとなり・・・!?

ミュージカル『ソーホー・シンダーズ』公演情報

上演スケジュール

【プレビュー・埼玉公演】11月3日(水・祝) 東松山市民文化センター
【名古屋公演】11月5日(金) 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
【山口公演】11月7日(日) 山口市民会館 大ホール
【香川公演】11月9日(火) レクザムホール(香川県県民ホール)大ホール
【大阪公演】11月13日(土)・11月14日(日) 枚方市総合文化芸術センター 関西医大大ホール
【神奈川公演】11月20日(土) やまと芸術文化ホール メインホール
【東京公演】11月25日(木)~12月12日(日) 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA

スタッフ・キャスト

【音楽】ジョージ・スタイルズ
【歌詞】アンソニー・ドリュー
【脚本】アンソニー・ドリュー&エリオット・デイヴィス

【翻訳・訳詞】高橋亜子
【演出】元吉庸泰
【音楽監督】大嶋吾郎
【振付】原田 薫/赤澤かおり

【出演】
ロビー(洗濯屋を営む青年):林翔太
ジェイムズ・プリンス(ロンドン市長選の立候補者):松岡充

ウィリアム・ジョージ(ジェイムズの選挙本部長):東山光明
マリリン・プラット(ジェイムズのフィアンセ):綿引さやか
サーシャ(ウィリアムの助手):西川大貴
ヴェルクロ(若いシングルマザー):豊原江理佳
クローダ(ロビーの義姉妹):菜々香
ダナ(ロビーの義姉妹):青野紗穂

サイドサドル(自転車リキシャ店主):水夏希

ベリンガム卿(経済界の大物):松村雄基

【公式サイト】https://www.soho-cinders.jp/
【公式Twitter】

@soho_cinders_jp

【関連記事】

おすすめの記事