Yahoo! JAPAN

妻夫木聡、一度にパンツ12本爆買い 矢本悠馬は17本で「やっぱ兄弟だな!」

Techinsight

イベントに登場して“兄弟”の爆買いぶりを明かした妻夫木聡

俳優・妻夫木聡(41)と矢本悠馬(31)が6日に都内で開催された宝くじのイベントに登場した。イベントでは妻夫木が矢本と自身の爆買いぶりを明かす場面があった。

「ドリームジャンボ宝くじ」「ドリームジャンボミニ」発売記念イベントに、ジャンボ宝くじのCMキャラクターとして5人きょうだいを演じている長男役・妻夫木聡と三男役・矢本悠馬が出席した。新TVCMでは、長女役・吉岡里帆、次男役・成田凌、次女役・今田美桜も交えて「ジャンボきょうだいチャンネル!」で動画配信を始めることに。

これにちなんで「もし動画配信するならどんな内容にするか?」と聞かれた妻夫木聡は「考えたこともないなあ!」と即反応。悩んでから「(ピン芸人の)ヒロシさんと被っちゃうかもしれないですけど、キャンプが好きなので兄とか幼馴染とよく行ったりするから、僕たちのまったりとした動画を配信するとか…」と回答するも「絶対面白くないね!」と全否定した。

続けて矢本悠馬の番になり、妻夫木から「趣味ないの?」と聞かれると「服買うぐらいなんで…。自分の買い物の様子を撮っても何が面白いですかね。結構爆買いしてるな…みたいな?」といまひとつピンと来ないようだ。すると妻夫木が、「この間、洋服を買いに行ったら『矢本さんがパンツを17本買っていきました』って」と店員から聞いた矢本の爆買いぶりを暴露。後日撮影で会った際に妻夫木は「お前、買いすぎだよー!」と矢本をイジったが、「その後聞いたら、僕12本買っていたらしいです」と妻夫木。矢本が「そうですよ。あんまり(僕のことは)言えないですよ」と突っ込むと、似たような爆買いぶりに妻夫木が「やっぱきょうだいだな!」「ヤバいですね。ジャンボな買い方しちゃったね」とCMの設定に絡めて笑わせた。

それでも同日に発売になった「ドリームジャンボ宝くじ」では1等前後賞合わせて当選金額が5億円になることから「5億円が当たったら叶えたい夢」がトークテーマになると、矢本が「山を買って家族で別荘を建てたり、畑を作ったりして『矢本シティ』を作りたい」、特別ゲストの岡副麻希(29)が「車が何台か入るガレージや、温泉、岩盤ヨガができる部屋があるマイホームを建てたい」と回答したのに対して、妻夫木は「軽井沢に別荘を建てたい」と至ってシンプル。「軽井沢は昔から大好きで別荘を建てたいと思っていた」という妻夫木は「ひとりだけ老後感が出ている。落ち込むわ、40オーバーは!」と笑った。

ちなみに次男役の成田凌も、先月出席したイベントで洋服の買い方に言及していた。成田がイベントで着用していたのはアンティークの生地を取り入れたシャツだったが、「ちょっと値段は張るんですけど、いいものを長く着るのもいいことかなと思うので、自分も(このブランドの服を)よく買っています」と爆買いよりは一点に投資するタイプのようだ。他にも割れた食器は金継ぎして使用すると明かして驚かせていた。

(TechinsightJapan編集部 取材・文:関原りあん)

【関連記事】

おすすめの記事