Yahoo! JAPAN

チニングで50cmクロダイ手中 メタルバイブのリフト&フォールにヒット

TSURINEWS

良型チヌがヒット(提供:週刊つりニュース西部版APC・中濱友也)

4月9日、小潮。午前5時に朝マヅメ狙いで鳥取県と島根県にまたがる汽水湖の中海に出かけた。当日はメタルバイブで底から中層をリフト&フォールで探り、50cm級の良型チヌの攻略に成功したので、その模様をリポートする。

中海でチニング釣行

桜が満開となり、季節は、春。気温は上がってきたが、まだ水温は不安定。去年に比べると水温が低いので地元のルアーマンたちも苦戦していると聞く。表層まで魚が浮いてこないこの状況で私が頼みとするルアーがある。中層から底層まで幅広く探ることができるメタルバイブレーション(以下メタルバイブ)だ。

使用したルアー(提供:週刊つりニュース西部版APC・中濱友也)

メタルバイブは金属製のバイブレーションでそのボディーは、金属を薄く伸ばして作られている。普通のバイブレーションよりも幅が薄い。バイブレーションは水中を進むと「ブルブル」と振動するがメタルバイブは、より小刻みに振動する。また、ボディーの幅が薄いため、空気抵抗が少なく、キャスト時に飛距離もでる。

ルアーの操作方法とタックル

メタルバイブの操作方法は、バイブレーションとあまり変わらない。基本は、ただ巻き。巻きの速度やサオの角度で潜航深度を変えることができる。巻きの途中に止めを入れてフォールさせる「STOP&GO」。そして、メタルバイブのキラキラとした金属ボディーのフラッシング効果とバイブレーション特有の振動をフルに生かせるアクションが「リフト&フォール」である。

タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・中濱友也)

今回のタックルは、図の通り。8.6ftのシーバスロッドにPEライン0.8号を巻いた小型スピニングリール。リーダーは、フロロカーボンライン3号をFGノットで結び、メタルバイブをセット。

リフト&フォールにヒット

日の出と同時に釣り開始。キャストして、着底したらサオを振り上げて、根掛かり防止のために底を切る。基本に忠実にただ巻き、巻き速度の変更、STOP&GOを試すが反応なし。

次はリフト&フォール。サオをゆっくり振り上げてリフト。メタルバイブのブルブルと震える振動を感じる。この時、リールは巻かない。そして、サオを下げながらラインのたるみを巻き取り、フォールさせる。これを繰り返す。

アクションのイメージ(作図:週刊つりニュース西部版APC・中濱友也)

フォールさせた後、サオを立てようとした時、サオが立てられない!根掛かりかと思った瞬間に突然走りだした。とてつもない強烈な引き。何度も海底への突進を繰り返す。

50cm良型チヌ堂々浮上

やっとのことで浮上させたのは、威風堂々の黒光りした50cmの大チヌ。今まで多くのチヌを釣り上げてきたがこんなに引くチヌは初めてだった。敬意を持って写真撮影後リリース。チヌは、落ちてくるものに興味を示す。フォール中に食いついたのだろう。

最後に大チヌとの出会いに感謝して釣り場のゴミ拾い。釣りイトが多く落ちていた。釣りイトは、ほかの釣り人や野鳥に絡まったりとやっかいなものだ。みなさんも捨ててあるのを見かけたらできる範囲で回収してほしい。

捨てられていたラインを回収(提供:週刊つりニュース西部版APC・中濱友也)

<週刊つりニュース西部版APC・中濱友也/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2022年5月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。The postチニングで50cmクロダイ手中 メタルバイブのリフト&フォールにヒットfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事