Yahoo! JAPAN

【最新家電】メンドーな“衣類ケア”が時短でラクラク!部屋干し臭予防にシワ・ニオイ取りもできちゃう5選

ウレぴあ総研

衣替えをしたとき、衣類のニオイが気になったことはありませんか?

梅雨が近づいていることから、湿気から衣類を守ったり、部屋干しによる生乾き臭を予防したりなど、これから、ますます衣類ケアをしっかり行いたい時期がやってきます。

今では衣類ケアも家電で効率的に行えるようになっています。そこで今回は、衣類ケアが効率的に素早く実施できる最新家電を5つご紹介します。

メンドーな衣類ケアがラクラクできる!最新家電5選

パナソニック「ハイブリッド方式 衣類乾燥除湿機 F-YHVX200」他2機種

2022年5月11日に発売予定のパナソニックの新しい衣類乾燥除湿機は、「ハイブリッド方式」。部屋干し臭を脱臭し、スピーディーに乾かせることから、これからの季節に嬉しいアイテムです。

パナソニックによれば、生乾きの状態が6時間以上続くとニオイのもととなる菌が発生するそうなので、部屋干し臭対策には「除菌+速乾」が大事。早く乾かすことができれば菌は繁殖しないのです。

そこで役立つのが、この最新3機種です。

部屋干し臭対策に

水から生まれた清潔イオン「ナノイーX」の最新版、新「ナノイーX」を搭載したことで、部屋干し臭の脱臭スピードが従来比4倍に。

部屋干し臭の原因菌を除菌しながら効率よく衣類を乾燥できます。

除湿はハイブリッド方式

2つの除湿方式「コンプレッサー方式」と「デシカント方式」があり、その2つの方式のバランスを、気温に合わせて自動的に判断して切り替えるハイブリッド方式。一年中スピーディーに衣類を乾かしてくれます。

ライフスタイルに合わせて3機種のラインアップから選べるのもポイント。コンパクトな(少人数世帯向けの)F-YHVX90は洗濯物の真下にも設置できる設計なので、省スペースでも衣類乾燥できるのは嬉しいポイントです。

パナソニック「インバーター全自動洗濯機 NA-FA12V1」

パナソニックから、2022年6月下旬に発売される予定の「インバーター全自動洗濯機 NA-FA12V1」は、大きく2つの特徴があります。

「次亜除菌コース」を搭載

洗濯時に除菌したいときには、漂白剤を使うのが一般的ですが、市販の塩素系の漂白剤はほとんどの場合、色柄物には使用不可ですし、酸素系の漂白剤は弱い漂白剤なので、事前に30分程度のつけ置きが必要など、配慮や手間が必要でした。

そこでこの洗濯機の「次亜除菌コース」が役立ちます。このコースで洗うと除菌ができますが、中性なので、アクリルやポリエステルであれば色柄物も洗濯可だといいます。ニオイも抑えられるというのは嬉しいですね。

洗剤・柔軟剤の自動投入機搭載

洗剤・柔軟剤の自動投入機能が備わっており、手で入れることによって洗剤が足りなかったり、入れすぎたりするのを防ぐことが可能。新たに10kg、9kg、8kgの全自動洗濯機にこの機能を搭載し、全部で5機種にラインナップが拡大されました。

補充のしやすさ、手入れのしやすさにこだわった設計になっています。

パナソニック「衣類スチーマー NI-FS780」

2022年3月1日に発売されたばかりの衣類スチーマー。

大容量タンクなのに軽量化を実現しており、パナソニックの従来品よりもさらに手軽に使えるように進化しました。

「連続パワフルスチーム」と「瞬間4倍パワフルスチーム」が便利

ボタンを押している間、一定量のスチームが安定的に出続ける連続パワフルスチームは約10分連続で使えて便利。衣類へのスチーム残りが少なく、サラッと仕上げられます。

頑固なシワやニオイには「瞬間4倍パワフルスチーム」を。高温設定時に出るスチーム、パワフルスチームの約4倍のスチーム量を瞬間的に噴射します。

洗いにくいジャケットや制服などのニオイ取りにもおすすめです。

軽量化と「360゜パワフルスチーム」でより手軽に!

タンク容量は変えず、設計を見直すことでパナソニック従来品より約15g軽量化されました。

さらに、どんな向きでも使える独自技術360゜パワフルスチームと、立ち上がりスピードが約19秒という短さにより、多くの衣類ケアがより手軽にできるようになりました。

LGエレクトロニクス・ジャパン「LG Styler S5MB(ミラー)」

LGエレクトロニクス・ジャパンから2022年3月15日に発売された 「LG Styler」 シリーズの最新大容量モデル。

「LG Styler」 といえば、洋服を入れると、ニオイをスチームと振動で除去してくれる、除菌、消臭、除湿、低温乾燥機能を備えたホームクリーニング家電です。

ハンガーで最大5着+ズボン1着を一度にケアできる!

進化のポイントは大容量になったこと。従来はハンガーで最大3着だったところ、5着に増えました。ズボンを1着、折り目ケアができるのは変わりませんが、サイズアップしたので利用できるズボンが増えました。

専用コースがさらに充実

「シルクケアコース」がダウンロード可能になり、これまで使用できなかったシルク素材もケアできるようになりました。シルクのスカーフやネクタイなどのデリケートな衣類にも使用できるのは嬉しいポイント。

また「花粉ケアコース」の標準搭載で、ダウンロードしなくとも、ディスプレイパネルにボタンが追加され、より簡単にコースを選べるように進化しました。クリーニング店に出す必要がなくなる衣類が増えそうですね。

アイリスオーヤマ「プレススチーマーIRS-P2-B」

2022年2月18日に発売された、ズボンプレッサー機能を備えた衣類スチーマーです。

変わった見た目ですが、これがズボンのプレスに役立つのです。

簡単に折り目付けができる!

新設計「はさんでプレス」により、ズボンをハンガーにかけてズボンをプレートで挟み、スチームを噴射すると、簡単にズボンのセンタープレスを付けられます。

シャツの襟のゆがみのお直しにも使えます。

強力なスチーム量でハンガーにかけたまま簡単シワ取り

ハンガーに掛けたままお手入れできるので、アイロン台が不要。シャツやジャケットのシワ取りも楽ちんです。

立ち上がり時間は約45秒で、使いたいときにサッと取り出してお手入れできます。朝のお出かけ前のシワ伸ばしにも使えそうですね。

衣類ケアは春から梅雨にかけての時期に欠かせません。除菌も含めて、ぜひ丁寧にケアしたいものです。これらの家電なら、強い味方になってくれそう!

※値段はセールなどで変動します。
※数に限りがあります。商品入れ替えや売り切れの場合はご容赦願います。
※デザイン・価格・種類数は変更となる場合があります。

(ハピママ*/今村 梓)

【関連記事】

おすすめの記事