Yahoo! JAPAN

よみがえる1980年代の青春 当時の雰囲気を映すホンダ車のジオラマたち

おたくま経済新聞

オムナオさん作の1980年代ホンダ車ジオラマ(オムナオさん提供)

 オイルショックから立ち直り、戦後生まれの世代が主役になって様々な文化が花開いた1980年代。当時の若者たちのライフスタイルには車という存在があり、国内メーカーから数多くの名車が誕生しました。

 若者たちの人気を集めた1980年代のホンダ車をモチーフに、連作のジオラマを作ったのはモデラーのオムナオさん。作品について話をうかがいました。

 物心ついた時からプラモデルが好きだった、というオムナオさん。就職や結婚で一時期離れていたものの、お子さんが小学生になった2000年代前半に復帰し、活動を本格化させました。

 作るモデルは「自分が憧れて眺めていた1970年代~1980年代のカーモデルが中心です。若い頃の思い出や願望をジオラマにしています」とのこと。F1やラリーカーといった競技車両や、最近は1970年代のアメリカントラックに夢中だそうですが、作ったものはすべて「クルマのいる風景」にしているといいます。

 1980年代のホンダ車をモチーフにした「80年代青春もの」シリーズは、2015年~2016年にかけて作り、静岡ホビーショーにて初お披露目したという作品群。ホンダ車で統一した理由について、こんな風に語ってくれました。

 「私の家がホンダ党だったので、初代ライフや歴代シビックを乗り継いでおりました。ホンダのCM、特に80年代は洗練されていて強烈な印象があったんですね。憧れがタイヤ4本履いてアタマの中をぐるぐる走り回るもんですから、モケイにして目の前で愛でていたかったのです」

 2代目シビック(後期型)をフィーチャーした第1作「約束の日。」に続いて作られたのが、免許取り立ての初心者が主人公となった「路上のレコード」。路上駐車してレコードを買いに行っていた若者が車に帰ってくると、タイヤと路上に違法駐車取り締まりのサインがチョークで書かれていた……という作品です。

 登場している車は、3代目のシビック(1983年~1987年)。「ワンダーシビック」のキャッチフレーズがつけられ、走りの面でも人気となったモデルです。路肩に散らばった、たばこの吸い殻もリアルですね。

 車をよく見てみると、後ろには初心者マークが掲示されているものの、前の方はダッシュボードにこっそり置いてあります。当時の若者には、初心者マークを付けて走っているのがカッコ悪い、という独特の価値観があったことを思い出させてくれます。後席にクッションが敷いてあるのも、1980年代の車あるあるでした。

 

 第3作「デニーズを出たら」は、1980年代に全国展開が本格化したファミリーレストラン(ファミレス)がモチーフ。車は「トールボーイ」というスタイルと、ユニークなダンスのCMで人気となった初代シティ(1981年~1986年)です。

 ファミレスはドライブデートの食事で利用されるだけでなく、アルバイト先としても多くの若者に馴染み深いものでした。ジオラマは構図の広がりなどを考慮した結果、ありがちな四角形ではなく若干奥の方へ幅が広がっているのがポイント。

 2016年の静岡ホビーショーで初お披露目となった「歩道橋」は、シリーズ第4作。歩道橋下で待ち合わせる男女がモチーフとなっており、車と2体の人物フィギュア、歩道橋が立体的な関係を作る作品です。

 車は、大きなパワーバルジと大型フェンダー(ダイナミックフェンダー)で、マッシブなスタイリングとなったシティ・ターボII(1983年~1986年)。「ブルドッグ」のコピーがつけられた、ボーイズレーサーの代表選手ともいえるインタークーラー付きターボモデルです。

 途中まで再現された歩道橋は、ジオラマベースの寸法でスッパリ切り落とすのではなく、見た時の視線を考慮して左右の手すりや階段部分が微妙に長さと角度を変えて切り取られています。立体感のある構図ですから、ジオラマの外まで空間が続いていることを意識させるようになっているのですね。

 同じく2016年の静岡ホビーショーが初出展となった、第5作の「Dゾーン駐車場」。現在も盛況な千葉県浦安市にあるテーマパークをモチーフとした、2代目CR-X(1987年~1992年)が登場する作品です。

 このテーマパークは1983年にオープンし、まさに1980年代を代表するデートスポットの1つ。現在の最寄駅である、JR京葉線舞浜駅の開業が1988年12月ですから、当時は東京メトロ東西線の浦安駅からバスか、自家用車で来場するのが一般的でした。

 ジオラマづくりにおいて、オムナオさんは「風景の切り取り方を大切にしている」と話します。ただ模型が配置されているだけでなく、実際の風景を見ているかのように感じさせるという姿勢は、歩道橋の切り取り方や、デニーズにおけるジオラマベースの形状が物語っているように感じます。

 80年代青春ものシリーズでは「若かった頃はこうだったよな、こんな風にクルマがいたよな、と思い出しながらカタチにしていきました」とオムナオさん。この当時に青春時代を過ごした方ならば、我が事のように思えるかもしれません。

 このほかにも、様々なモチーフが「周期的にマイブームでやってくる」というオムナオさんの作品は、どれをとっても車と、それを扱う人の息遣いが感じられるものばかり。Twitterには過去作を含めて多くの作品が投稿されているので、当時を知る人知らない人、色々楽しむことができそうです。

<記事化協力>
オムナオさん(@32CM_NAOK)

(咲村珠樹)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. <新車信仰?>旦那が「車は中古車」とバラした。でも実はご近所トラブル回避のワザだった!?

    ママスタセレクト
  2. 橋本良亮が新型コロナ感染、A.B.C-Z公演は橋本除く4人で開催

    ナリナリドットコム
  3. 「嵜本」に誕生!発酵バターとトリュフが香る芳醇な「塩トリュフパン」

    PrettyOnline
  4. 実は「左利き」の意外な女性有名人TOP20

    ランキングー!
  5. 【熟年離婚】その後“新しい恋愛”はできる? ずっと独身? 夫と別れた女性たちに聞いた #1「離婚したことを話したら」

    ウレぴあ総研
  6. 9mm Parabellum Bullet、新アーティスト写真を公開 新アルバムより2曲を先行配信

    SPICE
  7. 「はやくはやく!!」ボールが待ちきれない犬と、ボールマシーンになりきる飼い主さん

    いぬのきもちWEB MAGAZINE
  8. 猫は名トレーナー?猫たちに見張られ、見守られつつ筋トレに励んだお話【猫エッセイ・渋ネコししまるさん】

    ねこのきもちWEB MAGAZINE
  9. 男子1年1500メートル 川中島中陸上部 酒井さん、関東大会へ 女子1年リレーは県V〈川崎市川崎区・川崎市幸区〉

    タウンニュース
  10. 仕事中の男性が取る“素っ気ない態度”に隠された本音&脈ありなしの見分け方

    ウレぴあ総研