Yahoo! JAPAN

『氣志團万博2020』オンラインでもここにしかない奇跡の連続となった熱い一夜をレポート

SPICE

氣志團 撮影=Ryuya Amao

氣志團万博2020 ~家でYEAH!!~
2020.9.26(SAT)

9月26日(土)、氣志團主催の配信フェス『氣志團万博2020 ~家でYEAH!!~』が開催された。今年も例年行われている千葉・袖ケ浦海浜公園にて2日間に渡って開催される予定だったが、新型コロナウイルスの影響により、配信での1日限りの開催となった今回。「俺の街、来ないか?」とみんなを故郷に招くことは叶わなかったが「これまで拘ってきたやり方、理念、場所、全部とっぱらってでも、日本のために役立てることがしたい。日本全国を幸せにしてみせる」と配信での開催に意気込みを語っていた綾小路。かくして開催された『氣志團万博オンライン』はやっぱり奇跡の連続で、氣志團にしか作り上げることのできない配信フェスとなった。

森山直太朗 撮影=上山陽介

ステージの両脇にリーゼント頭の狛犬が鎮座し、会場中に提灯が飾られた『氣志團万博』独特の雰囲気を醸し出す都内某ライブハウス。「ここぞって時に支えてくれる親友」と綾小路 翔が語る紹介VTRでOPENING CEREMONY ACTとして登場したのは森山直太朗。「氣志團万博と私」と題した作文を唐突に読み上げて、『氣志團万博』への想いと笑いを届けた直太朗。「逆境の中でも自分を見失わないようにいつも通り歌います!」と宣言すると、その言葉を体現するように「さくら」をアカペラで力強く歌い上げる。続いて、緊急事態宣言下で書いた新曲「最悪な春」を披露。新しい日の訪れを祈るように丁寧に言葉を紡ぐ直太朗の歌声に、仄かな希望と光が見えた。

森山直太朗 撮影=上山陽介

氣志團/綾小路 翔 撮影=上山陽介

直太朗の呼び込みで続いて登場したのは、綾小路 翔。スーツ姿で一礼して始まった開会宣言で、開催に至る苦悩や覚悟を語ると「音楽の力で世の助けになりたい。私だけじゃありません! 日本にいるほとんどのバンドマン、いやバンダーが、その正義を、使命を信じています!!」と続け、語気に熱が帯びていく。さらに視聴チケットを購入した視聴者に対して「これは全バンダーへの愛に他ならない! そこに感謝せず、演奏することなど到底できません!!」と叫ぶと、そこに流れてきたのはドラマ『半沢直樹』のテーマ曲! スーツ姿や芝居がかった口調の意味をようやく理解して爆笑していると、「あなたたちが買ったのはチケットではない、この国の音楽の未来だ! やられたらやり返す、全員まとめて恩返しだ!!」の決め台詞から開催を宣言。いよいよ『氣志團万博オンライン』の幕が本格的に上がる。

ももいろクローバーZ 撮影=Ryuya Amao



トップバッターは、『氣志團万博』皆勤賞を果たす、万博ヒロイン・ももいろクローバーZ。DMB(ダウンタウンももクロバンド)の演奏をバックにブレザー姿で登場した4人。始まった曲は氣志團「BANG ON!」のカバー。紹介VTRで「開催自体を悩んだ中、ももクロが“やる”と言ってくれたからやることを決めた」と綾小路が語るように、厚い友情と信頼関係で結ばれている両者。ももクロも「共に戦う戦友だよね」と語り、全力のステージで万博への愛を表現。疾走感あるバンドサウンドに乗せてキラキラ輝く前向きなメッセージを送る「stay gold」がグッと胸を締め付ける中、ラストは再び氣志團のカバーで「Don't FeelThink!!」。ダンサーを従えて原曲のMVを再現したこの曲。ブレザーを脱ぎ捨てての熱演は、愛情に満ち溢れていた。ちなみにDMBのギタリストは、よっちゃんこと野村義男。終演後のアフタートークで、綾小路は「何気にたのきん(田原俊彦、野村義男、近藤真彦)制覇です!」と嬉しそうに語っていた。

ももいろクローバーZ 撮影=Ryuya Amao

東京スカパラダイスオーケストラ 撮影=上山陽介

積年の願い叶わずで、今年も綾小路がCDでのコラボを懇願する紹介VTRで始まった東京スカパラダイスオーケストラ。「砂の丘~Shadow on the Hill~」「5 days of TEQUILA」と常勝無敗、無敵の演奏でド頭からブチアゲると「今年の夏は全く夏らしいことができなかったんで、夏の締めくくりに万博があればいいなと思ってたらあったね。最高にハッピーです!」と谷中敦(B.Sax)が出演の喜びを語る。「Paradise Has No Border」ではセンターステージに円形に並んで熱演するメンバーをドローンで捉えた映像で魅せたり、“万博限定のスーパーサブメンバー”と認められた綾小路がボーカルを取る「リボン」のコラボがあったり、配信ならでは、万博ならではの演出で視聴者を大いに楽しませた。ラストは「DOWN BEAT STOMP」で最高潮の盛り上がりを見せる。茂木欣一(Dr)の「嬉しいね、こうして仲間とステージで混じり合えて」の言葉が音楽に表れた、喜びと幸せに満ちたステージだった。

東京スカパラダイスオーケストラ、綾小路翔 撮影=上山陽介

サンボマスター 撮影=上山陽介

サンボマスター 撮影=上山陽介

万博初出演となったサンボマスターは、ステージ袖に設置されたアクアラインを模したトンネルを潜ってステージに登場。「世界を変えさせておくれよ」でライブが始まると、山口隆(VoGt)の「無観客とか関係ねえですよ!」の言葉通りにいつもと変わらぬ熱すぎる歌と演奏、パフォーマンスで「忘れないで 忘れないで」「できっこないを やらなくちゃ」を披露。「袖ケ浦海浜公園から愛と平和を叫べる人ぉ!」と始まった「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」では“愛と平和コール”を煽り、「俺、見えてますから! あなたの命、キラキラに輝いて美しいの見えてますから! 世界はそれを愛と呼ぶんだぜ!!」とロックンロールで世界に愛を届ける3人。ラストは曲中に近藤洋一(BaCho)がステージから消え、海ほたるから中継する演出も楽しかった「花束」でフィニッシュ。配信であることを忘れるほど、音や言葉が近いところから響く感覚が嬉しくも不思議だった。

サンボマスター 撮影=上山陽介

ゴールデンボンバー 撮影=上山陽介

「どうせ今、面白いことやってくれてんでしょ?」という綾小路の予想通り、全裸にフェイスシールド姿でコロナ対策を真面目に語る紹介VTRから、ほぼ全裸に股間だけ隠した姿でステージに登場したゴールデンボンバー。「#CDが売れないこんな世の中じゃ」で始まったライブは真面目にやるほどバカバカしく、「感染対策とポロリ対策は万全にしておりますので、安心してご家族でご覧下さい」の挨拶に苦笑する視聴者の顔が見えるよう。メンバー紹介では喜屋武豊が「瑛人の「香水が好き」、樽美酒研二が「iPhoneの機能を説明したい」と丁寧なネタ振りをして、「抱きしめてシュヴァルツ」で喜屋武はD&Gの香水を一升瓶で一気飲み、樽美酒は巨大iPhoneから出した尻(Siri)が屁で質問に応えるという演出で、視聴者の期待に応える。ラストは「女々しくて」で全力のダンスを魅せ、お茶の間もしっかり踊らせて金爆劇場の幕を閉じた。

ゴールデンボンバー 撮影=上山陽介

ゴールデンボンバー 撮影=上山陽介

BiSH 撮影=上山陽介

「実は推しがいる」と綾小路が告白して、メンバーがザワつくという紹介VTRで始まったBiSH。アグレッシヴなバンド演奏から「デパーチャーズ」で勢いよく始まったステージは「GiANT KiLLERS」「スーパーヒーローミュージック」と続き、前半からリミッター解除のパフォーマンスで視聴者を魅了。「画面かち割る気持ちで一人ひとりに届けたいと思います」とたっぷり気持ちを込めた歌声を聴く者の胸に届けた「LETTERS」、前向きなメッセージを送った「beautifulさ」と続き、センターステージに円形に並び、ミラーボールの光が瞬く中で歌った「BiSH -星が瞬く夜に-」ではハシヤスメ・アツコが綾小路風のコスプレで登場! 「来年会おうね!」と万博での再会を誓い、ヤンキーポーズでフィニッシュをキメた。

BiSH 撮影=上山陽介

YASSAIステージに呼ばれない怨念から生まれたMOSSAIステージの神・MOSSAI様こと岡崎体育は、2年ぶり4度目の出演。不穏な雰囲気漂う「MOSSAI様」をSEに黒マントを羽織って登場し、この日のために作った新曲「MOSSAI様の憂鬱」で恨み節を歌う。さらにインターネットのケンカをテーマにした「Fight on the WEB」では画面上にPCの掲示板で罵り合うコメントが流れるという、配信ならではの斬新な演出で笑わせた岡崎。「怨念から生まれたMOSSAI様」を名乗りながら、万博にかける想いと情熱がハンパない。「ここからは岡崎体育の第二章」と始まった後半戦では、アコギとチェロの生演奏で「龍」を歌い上げると、「どんなに売れてもYASSAIには出ませんから!」と憎まれ口を叩いて、ラスト「Eagle」を披露。「家にいながら“Yeah!”と言えるところまで連れていきたい」と、ストリングス隊を迎えて聴かせた美しく壮大な演奏は、多幸感に満ちていた。

岡崎体育 撮影=上山陽介

瑛人、綾小路翔、森山直太朗 撮影=上山陽介

『氣志團万博』スポットライトとして、今年の上半期を代表する曲「香水」を引っさげて登場したのは瑛人。紹介VTRで、実は綾小路と浅からぬ関係があり、森山直太朗が所属する事務所に瑛人を紹介したのが綾小路だったという裏話が明かされると「ハマの素人」という紹介でステージに登場。穏やかで純朴な人柄が滲み出る温かい歌声で「HIPHOPは歌えない」を披露し、たどたどしいMCから「香水」のイントロが鳴ると、綾小路と直太朗がサプライズで登場。本気で驚く瑛人に「いや、心配でさ」と告げ、困惑する彼をイジりまくる二人。「夢は?」と聞かれて「ずっと楽しく歌い続ける」と答えた瑛人は、歌う楽しさを噛みしめるように「香水」を歌い上げた。

瑛人 撮影=上山陽介

HYDE 撮影=Ryuya Amao

2年ぶり8回目の登場、全米を食い散らかして万博に凱旋したHYDEはカメラに顔が付くほどの至近距離の映像で始まると「やっと木更津に行けると思ったけど、ピリオドの向こうはここからでも行けるんだよね?」と口紅を塗りながらニヤリ。「MAD QUALIA」でライブを本格始動するとステージを縦横無尽に駆け回りながら、全方位のカメラに向けて妖しい視線と歌声を送る。爆音の中で拡声器片手に暴れまくる「SICK」、「ジャンプできまちゅか?」とお茶目に煽った「ANOTHER MOMENT」と、会場中のカメラを巧みに操りながらたくましく美しい歌声を届け、視聴者の心を鷲掴みにすると、新曲「LET IT OUT」、「BELIEVING IN MY SELF」で残る力を絞り出すような全身全霊の歌とパフォーマンスを魅せ、圧巻のラストを飾った。

HYDE 撮影=Ryuya Amao

EXIT 撮影=上山陽介

ぽんぽんぽ~~ん! と、ライブの猛者が集う神々のステージにチャラさ全開で軽やかに登場したEXIT。紹介VTRで綾小路が「歌って踊れる芸人という意味では史上最強」と語ったように、「I got it get it feat.Da-iCE」「ネオチャラ」「ぴえんは似合わないぜ feat.スカイピース」と続くメドレーでハイクオリティなパフォーマンスを見せ、ド頭からお茶の間をブチアゲた。「『氣志團万博』は何でもありって聞いてるんで」とネオン輝くセンターマイクで漫才を見せると、8.6秒バズーカ「ラッスンゴレライ ~CLUB MIX~」、RADIO FISH「PERFECT HUMAN」と先輩の曲を全力で披露し、まさに何でもありのブチアゲなステージを展開。ラストは「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」でDJ OZMAを召喚し、EXIT feat. DJ OZMAという時代を超えた奇跡のチャラ男コラボを実現し、バイブスいとあがりけり! 芸人らしくオチで笑わせて、「おあとがヒウィゴー!」と去っていく2人は実にカッコ良く映った。

EXIT、DJ OZMA 撮影=上山陽介

女王蜂 撮影=上山陽介

『氣志團万博』初出場。揃いのブレザー姿で登場し、圧倒的な演奏で聴かせた「火炎」で始まった女王蜂のステージは、強烈な個性を放つアヴちゃんのボーカルと独創的なバンド演奏で万博を一気に自分色に染め上げ、視聴者の心をグッと惹き付ける。「金星」「ヴィーナス」と続き、光と影を併せ持つ楽曲世界を巧みな演奏と変幻自在の歌声で表現し、「あややこやや」で観る者を深い闇へと誘う。ラストはダンサブルな「Introduction」で明るい光が差し込む中、華やかにフィニッシュ。短時間ながら女王蜂の魅力をギュッと凝縮したステージは、万博に深い爪痕を残した。

女王蜂 撮影=上山陽介

渋谷すばる 撮影=上山陽介

昨年、ソロアーティストとして本格始動。「この時期に僕ができること、全力でやらせていただきます」と万博初出演の意気込みを語ったという渋谷すばる。骨太なバンドサウンドにブルースハープ、伸びやかで声量のある歌声を響かせた「たかぶる」で始まったライブは“全力”の言葉を体現するような気合いと気概に満ちており、真っ直ぐで人間臭い歌と自身から溢れ出る言葉たちが心を揺さぶる。MCでは「初めて呼んでいただいて、本当に光栄でした。安心できない日々が続くかもしれませんが、音楽やエンタテインメントを一緒に仲良く楽しんでいきましょう」と語った渋谷。ピアノイントロで始まり、願うように祈るように歌った「素晴らしい世界に」の歌声は優しく力強く、生命力に溢れていた。

渋谷すばる 撮影=上山陽介

Dragon Ash 撮影=上山陽介

9月に7人編成でのラストライブを行い、ダンサーが抜けた5人編成で新しいスタートを切った、Dragon Ash。紹介VTRで綾小路が「今までもどんな逆境もプラスに変えてきた」と語ったように、「静かな日々の階段を」で静かに力強く始まり、「Fly Over feat. T$UYO$HI」へと続くライブからは、よりシンプルにより強固に進化した新生神龍のたくましい姿を観ることができた。バンドで音を鳴らすことの喜びを体現するような歌と演奏が、心震わせた彼らのステージ。「Ode to Joy」を披露した後、「音楽楽しいですか?」と視聴者に問いかけたKj(VoGt)。「音楽がみんなの肩を軽くして、背中を押せるように」と、「ダイアログ」「百合の咲く場所で」を丁寧に力強く届ける。オーディエンスと共に歌い踊り熱狂する普段の万博と異なり、しっかり聴かせる構成で現在のDragon Ashを魅せた5人。ラストは「A Hundred Emotions」で壮大に締めくくった。

Dragon Ash 撮影=上山陽介

米米CLUB 撮影=上山陽介

ステージを埋める豪華ビッグバンドで登場し、ゴージャスで華やかなステージでライブの楽しさを最大限に表現したのは、3年ぶり2度目の出演となる米米CLUB。《待たせた分だけ遊ぼう!》と再会の喜びを歌う「あそぼう」「愛 Know マジック」と続くオープニングから、視聴者の心を惹きつけて離さなかった米米のステージ。不朽の名曲「浪漫飛行」は、カールスモーキー石井の魅惑の歌声と巧みな演奏が高揚感を与え、家にいることも忘れて空の向こうに連れていかれるような心地よさに包まれた。ジェームス小野田が歌う「どうにもとまらない」、自然と体が動く「Shake Hip!」でフィニッシュかと想いきや、センターステージに残った石井と小野田がアカペラで「アバンギャルド」を歌って大悪ふざけ! 二人で肩を組み、満足そうにステージを去っていくシーンは微笑ましく美しかった。

米米CLUB 撮影=上山陽介

米米CLUB 撮影=上山陽介

氣志團 撮影=Ryuya Amao

初のオンライン開催となった『氣志團万博』もいよいよクライマックス。殿(しんがり)として満を持して登場したのは、主宰者である氣志團。氣志團フラッグがはためく中、地元への想いと再会の約束を力強く歌った新曲「暴走魂」でGIGの幕を開けると、「届いてるか、日本の果てまで!」と綾小路。視聴者と繋がっていることを確認し、元気と笑顔を与えるべく「鉄のハート」「スウィンギン・ニッポン」を全力で届ける。MCではみんなの笑顔に会えない辛さを語り、「当たり前じゃなかったってことを知ったから、俺たちはもっと強くなれるし、もっと愛おしく感じることができると思う。この気持ちを持って明日に進もう。上向いて歩こうぜ!」と綾小路がポジティブなメッセージを送り、「愛 羅 武 勇」を心を込めて届ける。

氣志團 撮影=Ryuya Amao

氣志團 撮影=Ryuya Amao

氣志團 撮影=Ryuya Amao

「One Night Carnival」から西園寺 瞳(Gt)のウクレレで始まったのは、今年の『氣志團万博』のテーマソング「No Rain No Rainbow」。痛快なロックンロールに乗せて、《くよくよすんな》と肩を叩き、《大丈夫 うまくいくさ》と優しく心強い言葉をかけてくれるこの曲が聴く者を自然と笑顔にし、笑顔の向こうにある明るい未来を想像させてくれた。こんな時だからこそと音楽の力を信じ、明るく前向きなメッセージを届けてくれた氣志團のGIG。全ての演奏を終え、「みなさん、ブワァ~ッとまいりましょうか!」と始まったラストナンバーは「ウンジャラゲ」。亡くなった志村けんさんへの追悼とリスペクトを込めながら、楽しくバカバカしい雰囲気の中で『氣志團万博2020』を締めくくった。エンディング映像の後、画面に映った「来年は俺の街で会おうぜ。」の言葉が来年への期待と希望を与えてくれた。来年こそはきっと必ず、袖ケ浦で笑顔で会えますように。

取材・文=フジジュン

氣志團 撮影=Ryuya Amao

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. ジョン・バティステが新アルバム『ウィー・アー』3月発表に先立ち先行曲『アイ・ニード・ユー』配信・MV解禁

    SPICE
  2. TVアニメ「呪術廻戦」第16話の先行カットが到着。釘崎と西宮、パンダとメカ丸の戦いが!

    WebNewtype
  3. 【ラーメン☆ビリー】東仙台店の11周年限定麺食べてみた!ビリーダック美味しすぎ!!!

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ
  4. THE KEBABS、初のホールツアー『THE KEBABS 椅子』の開催など、2021年に行う3大プロジェクトを解禁

    SPICE
  5. 引っ越すからもう飼えない…保健所に持ち込まれた黒猫の運命は?

    ねこちゃんホンポ
  6. 「自宅で確定申告」発信 新田ジム・黒田選手ら税務署大使に〈川崎市多摩区〉

    タウンニュース
  7. XINS(シンズ)に感謝状 県にマスク310万枚を寄付〈厚木市・愛川町・清川村〉

    タウンニュース
  8. aiko、14枚目のアルバムタイトルは『どうしたって伝えられないから』に決定 「青空」「ハニーメモリー」を含む全13曲

    SPICE
  9. 高校生がバンドフェス オンラインで音楽届ける〈相模原市中央区〉

    タウンニュース
  10. ウイルス抑制効果のある鉄道車両用 蛍光灯、アイテック阪急阪神が量産販売を開始

    鉄道チャンネル