Yahoo! JAPAN

【福岡】沖のルアー最新釣果 ジギングで13kg頭に寒ブリラッシュ

TSURINEWS

良型ブリ多数(提供:優)

福岡県からオフショアルアーの最新釣果情報が届いた。13kg頭にメタボな寒ブリ続出。大判ヒラメやマダイ交じりでお土産十分。

光生丸

2月22日、北九州市若松区・北湊の光生丸がジギングで響灘へ出船すると、朝からラッシュに突入し良型ヒラマサ6.5kgを頭に数キャッチしリリースも多数。船中では2、3人同時にヒットするシーンもあるなど盛り上がった。大型バラシもあったようなので、今後の釣果も期待大だろう。

良型ヒラマサ手中(提供:光生丸)

千春丸&蛭子丸

2月22日、福岡県遠賀郡芦屋・柏原漁港から出船する千春丸&蛭子丸の案内でルアー船にて釣行した入江さんらはマダイ2kg前後主体にスズキなど好ヒットを楽しみ土産キープ。日によりマゴチ、チヌなども交じる。泳がせ釣りはヒラメ、スズキ、マトウダイなど。SLJ(スーパーライトジギング)ではマダイ、根魚など好調。ジギングでは青物など交え好ヒット有望。沖五目ではチカメキントキ、根魚など交じり好土産期待。各種予約受け付け中。

マダイ&スズキゲット(提供:千春丸&蛭子丸)

海遊丸

玄界灘ではジギングでブリ狙いが盛んだ。2月13日、福岡市西区姪浜の姪浜能古島渡船場から宮ノ浦の海遊丸で釣行した宮崎さん、藤沢さんはクーラー満タンの釣果。船長は「メタボなブリ7尾にアラ、ヤズ、ヒラゴ、マダイ、アオナなどが釣れた」とのこと。14日にもブリ狙いでジギングを行ない、同様の釣果が船中に取り込まれている。

メタボブリキャッチ(提供:海遊丸)

第一ゆひな丸・ふぁるこん

福岡市中央区港のかもめ広場前から出船を開始する、第一ゆひな丸・ふぁるこんの大橋船長が試し釣りに出船。玄界灘のジギング・電動サンマ手繰り寒ブリ五目釣りに行き、西村さんと2人でブリ5~6kgを頭に19尾。大橋船長は「ルアー専門で出船します。マダイが食い始めているので、これからはタイラバにいきます」とのこと。

ブリ&マダイゲット(提供:第一ゆひな丸・ふぁるこん)

日吉丸

2月15日、福岡市中央区港のかもめ広場前から日吉丸が玄界灘のジギングに出船。寒ブリをキャッチしており、船中で2ケタ釣果が出ている。

寒ブリキャッチ(提供:日吉丸)

幸風

2月19日、福岡市中央区港のかもめ広場前から幸風が玄界灘のジギングに出船。ブリ8~13kg含めて5人で30尾くらいにヒラメも。船長は「ブリの型がよく、イトを切られた人もいる。バラシが多かった」とのこと。

良型ブリ多数(提供:幸風)

2月11日、福岡市中央区港のかもめ広場前からが玄界灘のジギング・キャスティングゲームに出船。朝イチからブリのラッシュになり、11kgオーバーを筆頭に良型揃いでキャッチ。良型のマダイや根魚も交じっている。昼過ぎには早上がりする好釣果。

11kgオーバーも(提供:優)

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年3月5日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post【福岡】沖のルアー最新釣果 ジギングで13kg頭に寒ブリラッシュfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事