Yahoo! JAPAN

山のホテル 庭園ツツジ100年先へ 日本植物園協会から認定〈小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町〉

タウンニュース

100年の歴史ある庭園ツツジを案内する大橋さん(5月17日撮影)

箱根町元箱根にある小田急山のホテルの庭園ツヅジがこのほど、日本植物園協会ナショナルコレクション第10号に認定された。

同コレクションは「野生種、栽培種に関わらず、日本で栽培されている文化財、遺伝資源として貴重な植物を守り後世に伝えていく」ことを目的とした認定、保全制度。庭園は三菱財閥4代目総帥の岩崎小彌太男爵が1911年に別邸を建てた時に造られ、30の古品種を含む84種類約3000株のツツジと、300株のシャクナゲが咲き誇っている。

施設管理を20年務める大橋明雄さん(49)は、「2週間の見頃を楽しんでいただくために、1年かけて手入れをしている。100年先まで伝えていけるように社員皆で頑張っていきたい」と話している。

【関連記事】

おすすめの記事