Yahoo! JAPAN

満腹感を得られず食べ続けてしまう女性 -100キロのダイエットに成功(英)

Techinsight

ダイエット前は体重159キロだった女性(画像は『Slimming World 「‘I’ve lost 14st 8lbs without ever feeling hungry!’」』のスクリーンショット)

いくら食べても満腹を感じることができず際限なく食事をとり、日常生活に支障をきたすまで太ってしまったイギリス在住の女性が、100キロのダイエットに成功した。それまで太った自分を見るのも嫌だったという女性だが、痩せて人生が変わったとその喜びを語っている。

英ウェスト・ヨークシャー州のウェイクフィールドに住むステイシー・ガスコインさん(Stacey Gascoyne、29)は、食べ放題のビュッフェに普段からよく通っていた。それ以外にも彼女の食生活は、カロリーの高い料理、甘いお菓子、そして食事と変わらない量の間食と太る要素しかないものであった。その結果、ステイシーさんの体重は159キロにまで膨れ上がってしまったが、彼女はいくら食べても満腹感を得ることができず、常に空腹だったという。

「私はこれまでの人生で、ずっと身体の大きな女の子として過ごしてきました。でもある日、パートナーのジョーダン(Jordan)と一緒に写っている写真を見て、あまりにも大きく膨らんでしまった自分にショックを受けたんです」とステイシーさんは当時の自分への悔しさを語る。

リーズ大学の二コラ・バックランド博士(Dr Nicola Buckland)の研究チームの報告では、一部の人々に満腹感反応が低い傾向が見られるそうだ。研究チームのジェームズ・スタッブス教授(Professor James Stubbs)によると、満腹感反応の低い人は食後の満足感が得られないため高脂肪食を好み、間食も多くなりがちだという。また食事内容も、身体への影響を考えず無計画に選んでしまう傾向があるとのことだ。

ステイシーさんには喘息の持病があり、吸入器なしでは動くことができなかった。また睡眠障害も患っており、娘を学校まで徒歩で送り届けるのも困難だった。ダイエットの必要性を感じたステイシーさんは、胃の上の方にバンドを巻いて胃を小さくする外科手術「胃バンディング術」も考えたという。

そして2019年4月、彼女の母親が「スリミング・ワールド(Slimming World)」という健康的な食事プランとサポートグループによる支援環境を提供することで肥満者の減量を助けることを目的とした団体の講習を受けると聞き、ステイシーさんはチャンスとばかりにその話に飛び乗った。

食べ放題ビュッフェでは厚い衣のついた揚げ物を次から次へと食べ、おやつにはファミリーサイズのビスケットやチョコレートを平らげていたステイシーさんだったが、スリミング・ワールドの食品最適化プログラムの食事は低カロリーで、しっかり食べても満足感が得られるメニューだった。しかも好きなだけ食べて良いとされていた。

さらに講習会に参加することで、体重の悩みを抱えているのは自分だけではないと分かり、このことが「ダイエットを続ける大きなモチベーションになった」とステイシーさんは明かす。

スリミング・ワールドの講習を終えた今のステイシーさんの食事内容は、朝食にオーバーナイト・ウィータビックスのチーズケーキ、スモークサーモンと卵、低脂肪ヨーグルトとイチゴとブルーベリーなどのどれか1品。昼食は脂身の少ない鶏肉と野菜たっぷりのサラダ、夕食にはスリミング・ワールド製品のチキンティッカマサラにライスと豆を添えたものだ。

ステイシーさんの生活習慣は大きく変化し、むやみに冷蔵庫を覗くのをやめ、不要な食べ物も買わなくなった。その甲斐あって、ステイシーさんは約100キロの減量に成功したのだ。

ダイエットを成功させたステイシーさんには、「よくやった! 満腹になるまで人生を楽しんで」「まるで別人になったみたい。とても素敵になりましたね」「あの忌々しいマクドナルドになんか行かず、運動しなくてはね」「食べる量を減らせば、体重は落ちる。実にシンプルなんだが…」と見た目の変化への驚きと称賛の声があがる一方で、ダイエットの大変さをうかがわせるコメントも寄せられていた。

「娘やパートナーのジョーダンは私の変化を喜んでくれて、そして誇りに思ってくれているの。以前は鏡で自分を見るのが嫌だった。でも今はおしゃれをして、鏡の前に立つのが楽しくて楽しくて。写真を撮られるのも大好きよ。」

そのように語ったステイシーさんはカメラに向かってポーズを取り、自信に満ちた笑顔を見せていた。

画像は『Slimming World 「‘I’ve lost 14st 8lbs without ever feeling hungry!’」』『YorkshireLive 2022年4月18日付「Wakefield mum who ballooned to 25st as she ‘never felt full’ unrecognisable after losing half her body weight」(Image: Slimming World/Stacey Gascoyne)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 桃野まみ子)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. <彼氏の母親は重い?>息子の彼女にプレゼントを贈りたい!ママとして出しゃばりすぎ?

    ママスタセレクト
  2. クラブを身体で動かす感覚が身に付く左手打ちドリルとは!?【板橋繁の世界標準インパクトで飛ばす!G1スウィングの真実/ゴルフ】

    ラブすぽ
  3. 普通の照り焼きチキンがもっとおいしくなる「煮込むときに入れる調味料」とは

    saita
  4. 廃棄ロスに待ったをかける「ロスパン」。注文から開封、実食までを詳細レポート

    東京バーゲンマニア
  5. いつも友達を誘うのは私から。“誘われるひと”になるにはどうしたらいい…?<ガンバラナイ人生相談>

    saita
  6. 泉南エリア投げ釣りで18cm頭にキス15匹 水温次第で好機突入か

    TSURINEWS
  7. 瀬戸内海ボートゲームにおける【バイブレーションルアーの有効性】

    TSURINEWS
  8. 爽やかな白ワンピは「重ね着&デニム」でオシャレ感UP/Today’s merSNAP

    mer
  9. 「仕事でプレゼンする前日は、心配で朝まで眠れない」 緊張しやすい50代男性はTikTokでダンスを披露すればいい!?

    Jタウンネット
  10. 初めてママ同士で気持ちを楽に 麻生市民館で全5回のプログラム〈川崎市麻生区〉

    タウンニュース