Yahoo! JAPAN

山崎育三郎主演 ミュージカル『ファインディング・ネバーランド』濱田めぐみ、武田真治、夢咲ねね、杜けあきの出演が決定

SPICE

左より)山崎育三郎、 濱田めぐみ、 武田真治、 夢咲ねね、 杜 けあき

2023年5月に上演が決定している、ミュージカル『ファインディング・ネバーランド』。このたび『ピーターパン』を生み出した作家J・M・バリ役を演じる主演・山崎育三郎に続き、4名のメインキャストが解禁となった。
バリの創作のもととなる4人の子どもたちの母親で、 バリと親交を深めていくシルヴィア役を演じるのは、濱田めぐみ。山崎と濱田は今回がミュージカルでは初共演となり、二大ミュージカルスターの共演に期待が高まる。
また、フック船長と劇場主・フローマンの2役を演じるのは武田真治。2012年にはミュージカル『ピーターパン』でフック船長を演じたが、今回11年ぶりに満を持しての“武田フック”復活となる。
その他、バリの妻メアリー・バリ役を夢咲ねねが、シルヴィアの母親デュ・モーリエ夫人役を杜けあきが演じる。
演出は、第25回読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞し、ミュージカル『ロボット・イン・ザ・ガーデン』『ローズのジレンマ』『COLOR』など話題作を次々と手掛ける小山ゆうなが手掛ける。

ミュージカル『ファインディング・ネバーランド』

ミュージカル『ファインディング・ネバーランド』は、アラン・ニーによる戯曲『The Man Who Was Peter Pan』と、ジョニー・デップ主演で2004年(日本では2005年)に公開された同タイトルの映画(邦題「ネバーランド」)を元に創られたミュージカル作品。
映画はアカデミー賞7部門にノミネート・作曲賞を受賞、ミュージカル版は2015年にブロードウェイで開幕し、多数メディアから「何年も心に残るであろう必見の舞台」と絶賛された人気作だ。
物語の主人公は、名作『ピーターパン』の作者である劇作家J・M・バリ。スランプから抜け出せないバリが、ある家族に出会い、子どもたちとの出逢いを通じて物語を書き上げ、劇場で『ピーターパン』を上演するまでを描いた、実話に基づくストーリー。大人になってしまった誰もが遊び心を取り戻し、夢見ることを思い出すことができる感動の物語だ。
2017年には東急シアターオーブにてツアー版招聘公演が上演され、大好評のうちに幕を閉じた。音楽を手掛けるのは、イギリスの人気ポップスグループ「テイク・ザット」のゲイリー・バーロウと、グラミー賞受賞作曲家でシンガー・ソングライターのエリオット・ケネディ。心を虜にする楽曲、ほのぼのとした笑いと愛の物語が詰め込まれた、どんな世代でも楽しめるブロードウェイの人気作の新演出バージョンに期待が高まる。

出演者コメント

■濱田めぐみ(シルヴィア役)

この素敵な物語が日本版でどんな煌めきを見せるのか、 とてもワクワクしています。今回は初めて共演させて頂く方もいらっしゃるので、 どんなお稽古になるのかも楽しみです。ピーターパンを通じて繋がった全てのご縁に感謝して取り組みます。

■武田真治(フック船長/フローマン役)

2012年、 ミュージカル『ピーターパン』で演じた“フック船長″と、 まさかこんなかたちで再会できるなんて! しかもピーターパン誕生秘話ってことは、 フック船長の誕生の物語でもあるわけです! 今度の春の大掃除の季節に、 この美しい物語を通して、 みんなで心のお洗濯ができたらなと願っています!! 劇場でお逢いしましょう。

■夢咲ねね(メアリー・バリ役)

以前、 映画を拝見してとても感動し、 エンターテイメントに携わる者として、 夢がもつ力を改めて感じ、 見終わったあと心が洗われたような、 とても温かい気持ちになったことをおぼえています。 そして今、 この作品へ出演できる事を心から嬉しく思います。準備稿を読み、 この作品がどう立体化するのか、 とてもワクワクします。新作という事でキャストの皆さん、 スタッフの皆さんと一丸となって、 素敵な作品となりますよう努めて参ります。どうぞ、 宜しくお願いいたします。

■杜けあき(デュ・モーリエ夫人)

初めて映画「ファインディング・ネバーランド」を観た時、 その余韻があまりにも静かに長く続き、 自分でも驚いたのを覚えています。
大切な人への愛おしさが波のように行ったり来たりして…そんな素敵な作品に参加させていただけること心より幸せに思います。 山崎さんを中心にキャストの皆さん・子供達と力を合わせて、 お客様にそれぞれの人生への愛おしさを感じていただけるよう精一杯がんばります。

【関連記事】

おすすめの記事