Yahoo! JAPAN

『改正健康増進法』4月1日全面施行で釣り船の禁煙化が進む?

TSURINEWS

『改正健康増進法』で釣り環境は変わる?(提供:PhotoAC)

4月1日から『改正健康増進法』が全面施行。釣りは屋外レジャーであるが、気になるのは「釣り船」での喫煙。国土交通省への問い合わせも含めて紹介しよう。

『改正健康増進法』の概要

4月1日から『改正健康増進法』が全面施行された。屋内での喫煙の禁止などが罰則を伴って制定されたことになる。主には飲食店への影響が大きいと予想されているが、釣りする愛煙家にとって気になるのが「釣り船は対象か否か」と言う点ではないだろうか。

まずは、同法の概要から解説しよう。

背景:「たばこのないオリンピックの推進」

2018年7月に健康増進法の一部を改正する法律が制定がされ、今年の4月1日から全面施行された。WHO(世界保健機構)とIOC(国際オリンピック委員会)では、「たばこのないオリンピックの推進」を目指しており、2012年ロンドン大会から、開催国では罰則を伴う受動喫煙対策を行っており、2020年開催予定の東京オリンピックでも同等の措置が取られ改正、今回の施行に至った。

目的:「望まない受動喫煙を防止する」

【受動喫煙による健康への悪影響をなくし、国民、労働者の健康増進を図るため】とされており、望まない人の受動喫煙防止の観点から、施設や職場、飲食店などに対して、管理を義務付けるためとされる。

屋内での禁煙化が進む(アイキャッチ画像提供:PhotoAC)

概要:「マナーからルールへ」

これまで「マナー」として対応していたものが、罰則を伴う「ルール」となった。

地方自治体や、事業者種別ごとに細かく制定されているものも多いが、主なルールは以下の4点

①「屋内の原則禁煙」
②「喫煙室設置」
③「喫煙室への標識掲示義務付け」
④「20歳未満の喫煙エリアへの立入禁止」

違反すると、罰則の対象となることもある。

遊漁船が該当するかどうか、国土交通省に聞いてみた。

遊漁船は該当する?

改正健康増進法の適用箇所には「旅客運送用船舶」が含まれている。この「旅客運送用船舶」に遊漁船が含まれるかという点が気になる所である。

国土交通省に確認したところ、屋形船などは旅客船として登録されるが、遊漁船については農林水産省の管轄で登録されるため、現状該当しないとのこと。また、旅客船の対応についても国からの明確な通達は国土交通省にはないそうで、どちらも完全に改正健康増進法が浸透していくにはもうしばらく時間を要しそうだ。

分煙実施船宿に聞いてみた

前述したように、遊漁船は改正健康増進法の対象ではないことがわかったが、船宿の中では法律の施行の有無に関わらず、独自に分煙を進めているところもある。

今回は、3年以上前から船上の分煙を実施している「とび島丸」に聞いてみた。

とび島丸(提供:釣楽)

実施内容

静岡県土肥のとび島丸は、南方の好釣り場への遠征船と近海のマダイやヤリイカなどを狙う2隻の大型遊漁船を所持する船宿で、同船では3年以上前から船上での分煙を自主的に実施している。代表の鈴木忠文さんによると、「喫煙は主に船尾側の2階部分で行ってもらっている」とのことで。釣り船は、基本的に風上に船首を向けることが多いので、風の向きを配慮した設置だといえる。当然、船室内は全面禁煙だ。

導入のメリット

「かつては船縁などでたばこをもみ消すような人が多かったが減ったと思う」とのことで、喫煙場所を指示することで、後始末によるトラブルは減ったことは間違いなさそうだ。

デメリット

「もしかすると、その為に来なくなった釣り人がいるかもしれない」と言うが、この件については決して悲観的ではない。「むしろ、ルールを守れる人かどうかを判断する材料になるので悪いことではない」と加えた。

船上での余計なトラブルを未然に防ぐという、二次効果を感じているようだ。

お客さんの反応について

「何だよ、ダメなの」という人も中にはいたそうだが、過去大きなトラブルは起こっていないので、今後も継続する方針だ。

今後の展望

一部、ワカサギドーム船や屋内釣り堀を除き、釣りは屋外でのレジャー。それゆえ、遊漁船など完全禁煙に踏み切るには、もう少し時間がかかりそうだ。しかし、前述のように完全分煙化や喫煙スペース設置などを推進している遊漁船や釣り場は、今後さらに増えていくことが予想される。

釣り人は「ルール」を守り、喫煙者、非喫煙者それぞれがお互いに配慮する行動が求められる。各自が気を配る範囲を少し広げてみてはどうだろうか。

<大高崇/TSURINEWS編集部>

【関連記事】

おすすめの記事