Yahoo! JAPAN

矢作ダムのシラメ釣りが開幕【愛知】 7gスプーンただ巻きで本命シラメと対面

TSURINEWS

矢作ダムで釣れたシラメ(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤孝一)

今年も愛知県豊田市の矢作ダムのシラメが開幕した。釣行したのは3月中旬。昼からの半日釣行だった。最初は矢作川のバックウオーターに入渓し、風が強いなかでの釣りとなった。

矢作ダムでシラメ釣り

ここではベイトタックルを選択。ロッドがテンリュウフェイテスミッジミノーイング7fライトアクション、リールはダイワT3SV、ラインはPEライン0.6号、リーダーはナイロン2号で、ルアーは7gのスプーンをメインに使用した。

狙うポイントは、流れの中に沈んでいる岩の周りや、流れの変化のある所を探して釣っていく。だがシラメの姿を確認することはできなかった。

バックウオーターの釣りを終えた後は、ダム湖に移動してシラメを探したが、こちらでも姿を見ることはできなかった。

残されたのは段戸川のインレット。こちらは上流に段戸川C&R区間ができたので、アマゴが落ちてこないかと期待していたが、思うようにはいかない。

段戸川へポイント移動

夕方になり段戸川に移動。流れ込みから下流に移動しながらシラメを探す。

夕闇迫る段戸川(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤孝一)

ここではスピニングタックルを使用。ロッドはダイワシルバークリーク7ft6inULアクション、リールはダイワTD‐X1500iA、ラインはPEライン0.6号、リーダーはナイロン1号だ。

ルアーはここでも7gのスプーンで、フルキャストしながら広範囲を探っていく。それでもシラメは見つけられない。インレット周辺をひと通り釣り歩いたが、シラメを見つけることはできず。

最後に愛しい白銀と再会

日も落ちて月が湖面に映るようになり、その月を見ながらボーッとリールを巻いていたらコツンときた。今まではストップ&ゴーで誘っていたが、どうやらただ巻きの方がシラメには効くようだ。

ここからただ巻きしてくると、アタリが出るようになった。周りも暗くなり、釣りができる時間も残りわずかになったころ、ようやくシラメがハリに乗った。

このシラメを逃したら次は期待できない。慎重に、そして丁寧に寄せてきてネットに収めることができた。今シーズン最初のシラメだ。

最後にようやく出会えたシラメ(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤孝一)

シラメをカメラの収めた後、流れに戻し暗くなった釣り場を後にした。矢作ダムのシラメは桜が咲き始めるころから本格シーズンを迎える。

<週刊つりニュース中部版APC・伊藤孝一/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2024年4月12日号に掲載された記事を再編集したものになります。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 名張市立病院独法化 市民団体が要請書と署名提出 説明会追加など求め

    伊賀タウン情報YOU
  2. 【お料理 MIYAMA】あのジビエの名店が昼から楽しめる立ち飲み酒場をオープン!美味すぎるジビエ料理をリーズナブルに!<四条河原町>

    デジスタイル京都
  3. 暑い日におすすめ!爽快気分になれるマーベル作品【3選】

    海外ドラマNAVI
  4. OPAMにて展覧会「北斎と広重 冨嶽三十六景への挑戦」が開催されます

    LOG OITA
  5. トキハ本店の文具売場が閉店するみたい

    LOG OITA
  6. 神戸の老舗ベーカリー「ドンク」で『119周年創業祭』が開催されるみたい。創業記念商品も「数量限定」で登場

    神戸ジャーナル
  7. バラエティ豊かな59店舗が出店!夏を感じるライブも♪ 神戸ファッションプラザで「KFPサン広場マルシェ」開催 神戸市

    Kiss PRESS
  8. わざわざ行きたい!人気ブーランジェリーと「梅田ワーフ」のコラボランチ【大阪市北区】

    anna(アンナ)
  9. 【動画】2024 FACE of JAPAN選考会で広瀬太一さん、春瀬ひなさん、松本絆来ら3名が日本代表に決定!

    WWSチャンネル
  10. <料理嫌いのギモン>苦手な人には理解不能?料理好きが教える、炊事の楽しみ方とは

    ママスタセレクト