Yahoo! JAPAN

末期がんの5歳男児をガンジス川で“清めた”家族 願いむなしく溺死させる(印)

Techinsight

「聖なるガンジス川で身を清めればがんが治る」と信じた家族は先月末、5歳男児を川に連れて行った。叔母が男児を水の中に沈め、両親はそばで祈りを捧げていたという(画像は『Lindaikejiblog 2024年1月25日付Instagram「5-year-old boy with terminal cancer is drowned」』のスクリーンショット)

「聖なるガンジス川で身を清めればがんが治る」―そう信じた家族は先月、末期がんの息子をガンジス川で沐浴させた。ところが両親の願いもむなしく、男児は水中で意識を失い死亡したという。インドのニュースメディア『NDTV.com』などが伝えた。

亡くなったのは印ウッタラーカンド州ハリドワール出身のラビ君(Ravi、5)で、先月23日(24日との報道も)に両親と叔母に連れられてガンジス川を訪れていた。

タクシー運転手によると、4人が自宅を出たのはその日の朝だそうで、「男児はとても具合が悪そうに見えた。家族は男児ががんで、首都デリーの医師に『もう手の施しようがない』と告げられたことを話してくれた」と明かした。

ラビ君は末期の白血病で、家族は「聖なる川の水ががんを治癒してくれる」と信じてやまず、叔母がラビ君を川に沈めて清める一方で、両親はそれを見守り、祈りを捧げていたという。

当時の様子を捉えた動画では、男児がかなり長い間、水中に沈められているのが分かり、そばにいた人の中には「今すぐ止めるように」と忠告する者もいたそうだ。

ところが家族が“清め”を途中で止めることはなく、動画ではしびれを切らした3人ほどがそばに寄り、1人の男性がラビ君を無理やり引き上げているのが分かる。

カメラはその後、叔母が近くにいた男性を手で叩いたり、意識がない甥のそばで「この子は生き返るわ」と叫ぶ様子も捉えていたが、ラビ君は搬送先の病院で死亡が確認されている。また両親と叔母はその後、警察に拘留されたそうだ。

なおガンジス川は、ヒンドゥー教徒にとって宗教的、文化的に特別な意味を持ち、多くの人が「川の水は罪を浄化し、全ての苦しみから解放する」と信じているという。

しかしながら今回の悲劇的な結果を受け、このニュースには次のようなコメントが寄せられた。

「溺死でなかったら、感染症で命を落としていただろう。ガンジス川は工場排水、未処理の下水、死んだ動物などあらゆるもので汚染されている。」
「がん末期なら、最後の日を快適に過ごさせてあげるべきだった。」
「彼らはあの子を故意に溺死させたんだよ。あれだけ長く水の中に沈めておくなんて!」
「あの子を殺したのは川ではない。家族だよ。」
「宗教で全てを解決することはできない。聖なる川だって同じだ。あの子は殺されてしまったんだよ。」
「いつになったらこんな神話や迷信を信じることを止めるのか。科学、医学、現実に目を向けるべき。」
「信じられないね。かわいそうに。ナンセンスだよ。」
「安らかに。」

画像は『Lindaikejiblog 2024年1月25日付Instagram「5-year-old boy with terminal cancer is drowned」』『NDTV.com 2024年1月25日付「Boy 5 Drowns As Family Forces Him To Take Ganga Dip To “Cure” Blood Cancer」』『Clackamas County Sheriff's Office 2017年6月6日付Facebook「NEWS-RELEASE UPDATE(June 5th 2017 3:03 p.m.)」』『New York Post 2023年12月1日付「Self-professed healer charged in death of grandmother at ‘slapping therapy’ workshop」(Carr-Gomm family / SWNS.com)』『Capital City Police Peshawar 2022年2月8日付X』『news.com.au 2021年8月8日付「Baby drowns in bath tub after “drugged’ mum passes out」(Picture:Coweta County Sheriff’s Office Source:Supplied)』『7NEWS 2021年8月8日付「Four-year-old girl drowns in swimming pool as oblivious adults stand nearby」(Credit: AsiaWire/Australscope)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

【関連記事】

おすすめの記事