Yahoo! JAPAN

TERRA FIRMA/タッシュ・サルタナ:磨かれた空間表現、ストラト/テレキャス使いの才女による2ndソロ

YOUNG

TASH SULTANA - TERRA FIRMA

ルーパー(と空間系が中心の山ほどのペダル)を駆使して音を幾重にも重ね、ステージ上でも独演でアンビエント寄りのジャンルレスなポップ音楽を演奏/構築する豪州のストラト/テレキャス使いの才女による2作目。繊細で温かくも透明感のある歌唱と(ルーパーとも相性が良い)残響感の強い瑞々しい音作りのギターが織りなすヴォーカル/ギター・アルバム…との舵取りは前作より続くが、より空間表現が磨かれてサウンドの透明度が増した印象も。ソロ時のジョン・フルシアンテと初期のシーアが出会ったかのような演奏の残響と歌唱の余韻のとろけ合いは、息を呑むほど美しい。空間系好きはぜひ。

【文】菅原健太

アーティスト名:TASH SULTANA/タッシュ・サルタナ
アルバム名:テラ・ファーマ/テラ・ファーマ
CD | ソニー・ミュージック ジャパン インターナショナル | 2021年2月24日発売

(この記事はヤング・ギター2021年4月号に初掲載されたものです)

【関連記事】

おすすめの記事