Yahoo! JAPAN

「無理をしないで、人に甘えて」 森三中・村上知子が語る“ムーさん式子育て”《前編》

ミキハウス 出産準備サイト

「無理をしないで、人に甘えて」 森三中・村上知子が語る“ムーさん式子育て”《前編》

2014年3月17日に誕生したお嬢さんの成長、さらにママとしての奮闘ぶりを自身の言葉で綴ってきた森三中・村上知子さんの連載コラム「ムーさんの子育て日記」。同年5月にスタートして7年間、全105回に渡り続いた本連載も最終回です。

今回、連載の最後を締めくくる特別インタビューとして、前後編に渡り編集部の現役子育てパパでもあるIが村上さん(ムーさん)にお話をお聞きします。出産から現在までの子育てを振り返っていただきつつ、今現在、子育てをしているママにエールをいただきました!

村上知子
むらかみ・ともこ
1980年(昭和55年)1月2日、神奈川県横浜市にて生まれる。吉本総合芸能学院(NSC)を経て、1998年に黒沢かずこさん、大島美幸さんとともにお笑いトリオ「森三中」を結成。2008年3月23日に一般男性と入籍。2014年3月に第一子となる女児を出産、その2か月後から、本連載をスタート。愛称はムーさん。

この7年間いろいろあったけど、あっという間でした

編集部I(以下、I)――まずは連載お疲れさまでした。出産直後からの7年間、105回もコラムを書き続けていただき、改めて感謝を申しあげたいです。

村上知子さん(以下、ムーさん)――こちらこそ自分のペースで好きなことを書かせていただき感謝しています。体調が万全でなかった時期もあり、なかなか書けないこともあってご迷惑をおかけしましたが、それでも締め切りを急かされることもなく…。そこに甘えてしまった部分もありますけど、こうやって続けてこられたことはとってもうれしいですし、形として残せたことは本当に“財産”になりました。

I――我々もそう言っていただけるとすごくうれしいです!

ムーさん――この7年間、たしかにいろいろあったし、その都度、悩みや不安もあったけど、改めて振り返ってみると本当にあっという間でした。それって、子育てが毎日新しい課題の連続で、それをひとつずつ乗り越えているからだと思うんです。

I――子育ては止まってなんかいられないですもんね。

ムーさん――そうそう。子どもの成長は早いですからね〜。そしていろいろ忘れてしまうんです(笑)。携帯電話に写真や動画を残しているので、「あー、このとき歩けるようになったんだ」とか「お喋りできるようになったなぁ」とか、かろうじて振り返れますけど、あれがないとほとんど忘れてしまうでしょうね。

I――この瞬間、一生忘れない!って思っていても、どんどん思い出が更新されていくから、自分の脳のメモリをオーバーしてしまうんですよね。それくらい子育てって、思い出が次から次へとやってくる。

ムーさん――そう、全部が思い出。たとえばウチの子が2歳ぐらいのときのこと。自分が出演しているイッテQ(日本テレビ系「世界の果までイッテQ!」)の“Qポーズ”が初めてできるようになったとき、すごくうれしかったですね。あまり喋れない頃、家族でテレビを観ながら、娘が一生懸命マネをするんです。ちゃんとできていないんですけど、それがまたかわいくて。

I――子育てって何気ない日常の一コマに、喜びがかくれているものですよね。

ムーさん――まさにそう思います。あと連載コラムでも書きましたが、仕事の長期ロケで家を不在にしなきゃいけないとき、北海道の夫の実家に預けたことも思い出深いですね。1週間くらいだったかな、娘とそんなに離れるのは初めてのことだったし、あの時は娘も喋れなかったので、すごく不安もありました。

I――幼い子どもと離れるのは不安ですよね。

ムーさん――でも、今思うのは、結局は親の「覚悟」があるかどうかだな、と感じますね。本当に私は子どもと離れられるのか、という覚悟。実際、子どもは全然問題なく、ケロッとしてましたし(笑)。子どもの方が強いんですよねぇ。

I――話は変わりますが、今でも出産のことって思い出されたりします?

ムーさん――よくありますよ。やっぱり出産に34時間もかけて、最後は帝王切開だったこともありますけど、人生であんなに大変なことは経験したことがなかったから。産後はダメージも大きく別室でひとりきり。赤ちゃんとも1日半くらいは会えなかったんですよ。

I――会いたいのに会えない…辛いですね。

ムーさん――そう。そして、主人も母も私には全然会いに来てくれない…。私はひとりで「誰も来てくれないなぁ」と天井を見上げてましたねぇ(遠い目)。最初に来てくれたのは、義理の姉でした。私が一人で別室に取り残されていることを気にかけてくれたみたいで。あのときはうれしかったなぁ、ええ、いろいろな意味で忘れられない思い出です。

I――それは忘れられないですね(苦笑)。

ムーさん――あと、授乳も大変でした。私の場合、おっぱいがよく出たので、あげられない辛さというのは経験しなかったのですが、とにかく出るので、娘もなんでもかんでもおっぱいで。ホント、乳首が取れるんじゃないかってくらい吸われ続けて、痛くて痛くて…。

I――おっぱいの悩みは、人それぞれありますけど「吸われすぎて痛い」方は多いですよね。ひどいと乳腺炎になっちゃいますし。そうならないための記事も出産準備サイトに掲載されているんですけどね。

ムーさん――こういうのを読んでおけばよかった…(苦笑)。あとは1歳半くらいのときに、突発性発疹が出たときも忘れられないです。お熱が出て、本人も苦しそうなんだけど、それが突発性発疹だとわかるのに3日ほどかかって。そういう初めての経験は不安にもなりますし、やっぱり覚えているもんですね。たくさん忘れているなかでも、あれは忘れられないな。

「ひとりで抱え込む前に、とにかく他人を頼った方がいいです」

I――子育てをする上で、モットーにしていることってあります?

ムーさん――自分で抱え込みすぎずに“甘えること”ですね。だって、ひとりでやるって無理ですもん(笑)。夫、母、友だち…全部を背負い込まず、人を頼り、話せるような環境をつくっておくことも大事だと思っています。だからこそここまでやってこられたのかな。

I――そのスタンスはいつからです? 

ムーさん――妊娠中からそうです。だって不安だらけですし、なにをしていいかもわからない。最初なんて、自分の体調のこともそうだし、どんなグッズを揃えていいのかも、どういう子育てがいいのかもわからない。雑誌やネットにいろいろ書いているけど、どれが自分にとって大事な情報か判断つかないですし。だから自分に近い人の意見、考えを頼りながら、子育てしてきた感じがします。

I――一口に「子育て」といっても、たとえば出産直後〜最初の12か月、さらにそこからハイハイの時期、歩けるようになる時期、イヤイヤ期、自我が芽生える時期…と、いろいろな“局面”があります。子育ての基本的なスタンスは変わらず、ですか?

ムーさん――そうですね、基本は同じだと思います。ただ、子どもがちょっとずつお喋りをするようになったけど、まだ何を言っているかわからない時期っていうのは大変だったなぁ。周りからは「ママが一番、話していることはわかるじゃない」とか言われるんだけど、それでもわからないことも多々あって。

I――そりゃありますよね(苦笑)。

ムーさん――娘もイライラして、キーっとなり、こっちもイライラしてぶつかったりして。そんなに長い期間じゃなかったけど、なんかつらかったですね。自分の子なのになんでわかってあげられないんだろう、とか思ったり。仕方ないって割り切っちゃえばいいんですけど…。まぁ、今では親も驚くほど饒舌なんですが(笑)。

I――なんとまぁ!

ムーさん――驚くほどに口が達者なんですよ! ちゃんと喋れるようになった後、3歳くらいまではずっと口下手で、おとなしくて、それでいて食事も選り好みせず何でも食べてくれて、どちらかというと手がかからない子だったんです。ウチの子は育てやすいなぁと思ってたんですけど、幼稚園に通いはじめて、どんどんお喋りが上達して、お友だちと関わるようになり、「え、あなたってそんな子だったの?」と驚くようなことが多発(笑)。それまでは、言い方はアレですけど、コントロールしやすい子だったのに、いまや制御不能ですね。

I――幼稚園で“開花”してしまったのですね。

ムーさん――そうですねぇ。でも今思うと、初日からスパークしてましたね。帰りの会の時間になっても遊びに夢中で教室に戻って来なかったらしく。それを先生から聞いて「え、ウチの子が?」みたいになって。そこからは日々、パワーアップし続けました。子どもって、どこで“開花”するかわからないですよ。今度、なにかのきっかけで、次なる開花をしちゃうとどうなるのかなっていう不安は、すでにあります(笑)。

I――そうやって変わっていくことも成長。不安はあるけれど、親としては見守っていくしかないのでしょうねぇ。

「ママが笑っていないと、子どもも家族も幸せじゃない」

I――ママになって7年。その中で、理想と現実のギャップに悩んだりすることってありますか? こういうママでいたいのに、そうなれていない、みたいな。

ムーさん――そうですねぇ、ウチの場合は一人っ子だから、もっと「注ぎ込めたかな」と思うことはあります。ただ、 “理想的な母親”ってそもそもどういうものなんですかね。そこもあまりわからない。そして子どものためって、なんなんだろうなって考えると、それもわからないんですよね。なにが本当に子どものためになるかって、とっても難しい。

I――たしかに。子どもためと思ってやったことが、そうじゃない場合もありますし、逆もしかりです。

ムーさん――そうそう。子どもの将来のために、習い事をいくつもさせる人もいるし、逆に今は遊ばせることが大切だから、習い事よりも外遊びをさせようという親御さんもいる。そのどちらが正しいかなんてわからないし、答えはないと思うんです。ただ、ひとつ言えるのは、親が笑顔でいることが大切だということ。「こうあるべきだ」という考えに押しつぶされて、毎日しかめっ面をしていたら、子どもは幸せになれないと思うんです。これが、いまのところの、私の行き着いた“結論”ですね。

I――親が笑顔じゃないと子どもも笑っていられない。まさにひとつの答えだと思います。その考えに至ったのはいつくらいです?

ムーさん――子どもが2歳、3歳くらいじゃないですかね。うん、たしかそう。

I――逆にその前に「私、笑顔じゃないな」と思った瞬間があったんですか?

ムーさん――いや、私自身は実は、それはなかったんです。それよりママ友で、そういう形で思い悩んでいる人がいて。すごくしんどそうでね。どうしても愚痴が増えていて、笑顔がなくなっていたんです。これって多分家族も幸せじゃないよなぁ、それでどんどん彼女も笑顔を忘れていくのかなぁ、と勝手に心配になってしまって。そこで気付かされた部分はありますね。

I――辛いことや悩みがあっても、家族の前では笑顔を絶やさないでおこうと。

ムーさん――はい。もちろん友だちに不平不満や愚痴を言うのは大切だと思いますよ。それでストレス発散にもなりますし、気持ちを共有することでお互いに頑張ろうという気にもなりますから。ただ一方で、そうした愚痴も度がすぎると「言霊」となって、自分に返ってくるような気もするんですよね。

I――なるほど。村上さん自身、子育てで反省していること、後悔していることってありますか?

ムーさん――比較的最近の話ですが、娘が対等に話してくるから、相手が子どもということを一瞬忘れて、「なんでこんなこともできないの?」みたいなことを、ついつい言ってしまうことがこの1年の間に何度かあったんです。それまでは好きなようにさせていて、あまり小言も言わなかったのに。小学生になり私も見方が変わったのか、片付けられないこと、準備できないことにガミガミ言うようになっていて、そのことに最近はたと気づいて、「こうじゃいけないな」と思っていたりしています。

*   *   *

この7年余りのママとしての生活を振り返り行き着いた「親が笑顔でいることが大切」というひとつの答え。子育てに正解はないけれども、どんなときでも子どもの前では笑顔を絶やさないようにしてきたムーさん。最近はお嬢さんに対して小言を言うようにもなったようですが(ご本人はそれを反省されておりました)、しかめっ面の後にはしっかり笑顔。これが大事ですよね! 

(後編に続く)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 浦島坂田船、毎年恒例のハロウィンライブをオンラインで開催決定

    SPICE
  2. こなれ感あるシルエット♡小顔見えするトレンドのくびれヘア7選

    美容マガジン myreco(マイリコ)
  3. 杉岡太樹監督作品「息子のままで、女子になる」 横浜シネマ・ジャック&ベティで9月18日から公開〈相模原市中央区〉

    タウンニュース
  4. 実は英語が話せるお笑い芸人ランキング…こがけん、おぎやはぎ矢作、フワちゃんらランクイン

    ランキングー!
  5. 【こだわりがあります!】跳ねたりシワを伸ばしたり、一生懸命にベッドメイキングする柴犬さん♪

    PECO
  6. 大磯舞台に展開『神神化身(かみがみけしん)』 伝奇小説×和風楽曲プロジェクト〈大磯町・二宮町・中井町〉

    タウンニュース
  7. ファールボールをゲットした10歳男児が泣いていた女児にプレゼント 純粋な優しさが感動呼ぶ(米)

    Techinsight
  8. ごはんが待ちきれない! 飼い主さんの目の前でおしゃべりしながらアピールする猫

    ねこのきもちWEB MAGAZINE
  9. 「洗面台」の掃除がグッとラクになる。セリア・ダイソーの浮かせる収納アイテム活用術

    saita
  10. TEAM SHACHI、寿がきや食品新CM「小さなおうどん いちばんのこだわり篇」出演決定!

    Pop’n’Roll