Yahoo! JAPAN

「東京2020」でアスリートに声援を送った人々に密着 三井住友銀行の新CM

おたくま経済新聞

「東京2020」でアスリートに声援を送った人々に密着

 コロナ禍の中で開催され、世界中に感動を与えた「東京2020オリンピック・パラリンピック」を振り返る三井住友銀行の新TVCM「Tokyo 2020 Believers」篇(120秒・60秒)が11月26日全国放映となりました。

 東京 2020オリンピック・パラリンピックのゴールドパートナー(銀行)として、「THE POWER TO BELIEVE」をスローガンに広告を展開してきた三井住友銀行。その広告シリーズの締めくくりとなる本CMは、競技場で輝きを放つアスリートではなく、そのアスリートたちを信じて声援を送った世界中の人々にスポットライトを当てたドキュメンタリーCMです。

 1年間の延期を経て、ほぼ無観客という異例の形で開催された東京2020大会。大会に対して様々な意見はあったものの、国籍・障がいの垣根なくすべてのアスリートが自分の限界に挑む姿は世界中で観戦する多くの人に感動を与えました。

 本CMはそんな東京2020大会を振り返り、どんなに困難な時でも“信じる”という気持ちがあれば、きっと未来を動かしていくことができるというメッセージを込めて制作されたもの。日本だけではなく、フランス・アメリカ・インド・南アフリカなど、各地から東京を見つめる人を撮りためた200時間超えの映像をもとに、大会期間中に人々が感じた前向きな気持ちが表現されています。

 ルイ・アームストロングの名曲「What a Wonderful World(この素晴らしき世界)」をBGMに、アスリートたちに声援を送る人々の生き生きとした姿。そして最後の「あの時、世界中が東京を見つめ、同じことを感じ、同じものを信じていた。そして私たちは未来へバトンをつなぐ」というナレーションで締めくくられる本CMは、明日を信じる前向きな気持ちを静かに伝える内容となっています。

情報提供:株式会社三井住友銀行

おすすめの記事