Yahoo! JAPAN

スマートIC開通を祝う 経済界関係者〈海老名市・座間市・綾瀬市〉

タウンニュース

テープカットで開通を祝う関係者

東名高速道路の綾瀬スマートICが開通した3月31日午前、正午の開通を前に綾瀬市商工会の笠間茂治会長ら市内外の経済界関係者が現地で開通を祝った。

笠間会長のほか斉藤敬訓前会長、大和商工会議所の河西正彦会頭、藤沢商工会議所の増田隆之会頭、大和法人会綾瀬支部の加藤賢治支部長、綾瀬工業団体連合会の小林靖昌会長らが参加した。

1995年から5期20年県議を務め、インターの必要性や早期開通を訴えてきた笠間会長は「感無量」と、開通の喜びをかみしめ、藤沢商議所の増田会頭は「これを機に両市の交流も活発にしたい。藤沢にとっても大きな開通で喜ばしい」と話していた。

【関連記事】

おすすめの記事