Yahoo! JAPAN

クマリデパート[ライブレポート]限界無限大の魅力を放った豊洲PITワンマンライブ

Pop’n’Roll

クマリデパート[ライブレポート]限界無限大の魅力を放った豊洲PITワンマンライブ

クマリデパートが、5月16日(月)に豊洲PITで東名阪ツアー<クマリデパート レッツクッキン!東☆名☆阪 なかよしグルメツアー2022 ~くまちゃんグルメを召し上がれ~>のツアーファイナル公演を開催した。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

撮影:Jumpei Yamada

ファンの熱気高まる会場のビジョンに料理愛好家の平野レミが映され、彼女の“レッツクッキング!”の声からこの日のために作られたオープニングSEが流れる。すると、新衣装の早桜ニコ、優雨ナコ、小田アヤネ、楓フウカ、山乃メイ、七瀬マナが1人ずつ登場し、5月31日リリースの新曲「幸せハッシン!フロムキッチン」でライブはスタート。今回のツアーのテーマである料理を題材にした新曲は、平野レミが作詞を担当したナンバー。メンバー6人は、美味しい料理で世界は平和というピースフルなメッセージを可愛くポップに届ける。ここから一気にライブの勢いを上げるように、6人はミラーボールが回る中ファンキーなダンスチューン「極LOVE浄土」を披露。そして賑やかなパーティチューン「YESモチFEVER」で会場全体で楽しく餅つき。エレクトロポップナンバー「bitter or sweet」で、ほろ苦く甘い世界観を届けた。

MCコーナーでメンバー6人が挨拶すると、リーダーの早桜が“ここまでは歌詞にお料理の入ってる曲をたくさん聴いていただきました。今日は<くまグルツアー>ということで、最後までお腹いっぱい楽しんでってください!”と声を上げる。ライブに戻ると、彼女たちは「あみだ☆ふぉーちゅーん」でハッピー感を強烈に放ち、「ちきゅらぶレイディオ」をステージを大きく使ってパフォーマンス。「サクラになっちゃうよ!」をパフォーマンスすると、大サビの楓のソロパートで白いサイリウムの巨大ケチャ空間が広がった。

七瀬が“まだまだハッピーになりたいですか!”と観客を煽り、「恋のハッピーチョモランマ」をアクト。すると曲中に怪獣が登場。豊洲のピンチを救うべく七瀬と小田が大きなスプーンとフォークを手に取り、ファンのパワーのバックアップで怪獣退治に成功した。

メドレーコーナーに突入すると、パワフルな「あれ?ロマンチック」から可愛さ全開の「ピアノ」を歌唱。メンバーは“ネコちゃんになっちゃうよ〜”で観客と一緒にネコちゃんになってしまう。さらに「二十四時間四六時中」でポップにライブのテンションを上げ、会場はますます熱い空間となった。

映像を挟んで、クマリデパートの正装と言うべきデパート衣装となった6人は、「おいでよ!クマリデパート -世界ver」から後半戦を開幕。木琴の跳ねるビートが印象的な「シャダーイクン」。ファンキーなビートが炸裂する「ウダガワ・ヨッキュー」。m-floのTaku Takahashiとサクライケンタが共作の「Furniture Girl」を歌唱。楽曲を披露するごとにそれぞれ違った世界を見せるクマリデパート。彼女たちの表現力の成長ぶりはすごいものがある。

すでに豊洲PITはアツアツ状態だが、まだまだクマリデパートの勢いは止まらない。楓と七瀬の圧倒的なボーカルから「ゴイリョクタラズ」を披露し、さらに弾けるように「SUN百6じゅ~GO!日ッチ☆」をドロップ。目まぐるしく曲が展開していく「限界無限大ケン%」で、メンバー6人は熱量たっぷりのパフォーマンスを見せる。大サビはもはやスクリームのような渾身ぶり。熱量の高い6人の歌とダンスに、会場はすさまじい盛り上がりとなった。

MCタイムで、メンバー6人がライブの感想を語っていく。早桜は“みなさん来てくれてありがとうございます。今日のワンマンライブに向けてもそうですし、毎日クマリデパートのことを考える時間がたくさんになっています。みなさん、今日を一緒に楽しみにしてくれててありがとうございます。新曲「幸せハッシン!フロムキッチン」に、《みんなの笑顔が調味料になる》って歌詞があるんですけど、ホントにみんなの笑顔が私のパワーになってるし、みんなの笑顔があるからこそ私の好きなクマリデパートだなと思いました。いつもホントにありがとうございます。これからもよろしくお願いします!”と語り、観客から大きな拍手が送られた。

早桜の“みなさんに笑顔をお届けします!”の声から届けられた楽曲は「アンサー!!」。出会いの奇跡、君がいるから頑張れるという想いを、メンバー6人は心を込めて歌う。メンバーとすべての観客が笑顔になって、ライブ本編は終了となった。

観客のクラップに応えて、小田がイラストを描いたツアーファイナルTシャツに着替えたメンバー6人がステージに戻る。そして、ニューシングルに収録されたヤマモトショウが手がけた新曲「いまさらだけど、恋しませんか?」を歌唱。今までのクマリデパートとはまた違ったポップファンクサウンドに乗って、メンバーはファンに愛を届けまくる。そして、夏を先取りと言わんばかりに「サマーニッポン夏サマー!」を投下。スモークが大噴射する中、6人はステージを駆け回り観客のテンションを上げていく。気づけばメンバーもスモークガンを手にして噴射。ステージがまったく観えない状況でありながらも、会場は大盛り上がりとなった。曲が終わったかと思えばまた始まりをくり返し、まさにここは幸せの地獄ループ状態。さすがにもう終わりと思ったメンバーが最後の挨拶をしようとした瞬間にまたもや曲がかかって銀テープが発射。スモークと楽しさのカオス状態となってついに曲が終了。6人は手をつないで“ありがとうございました!”と観客に挨拶する。“みなさん、お腹いっぱいになりましたか!”の声に、全観客が大きな拍手で応えてライブはハッピーな大団円となった。

メンバーがステージを去ったあと、ビジョンに3つの告知が発表される。夏に東京、大阪、名古屋のロフト店舗でクマリデパート初のポップアップストア<SPECIAL SUMMER POP UP STORE 2022>の開催。日本テレビ情報番組『夜バゲット』の6月エンディングテーマにニューシングル「幸せハッシン!フロムキッチン」が決定。そして、全国13ヵ所を回るクマリデパート最大規模の全国ツアー<くまちゃんのわ!日本全国大行進大拡大大作戦!(仮)>の開催決定。しかもツアーファイナル公演は、11月27日(日)に中野サンプラザで実施することを告げた。嬉しい発表の連続で、会場はおめでとうの拍手に包まれた。

怒涛の快進撃を続けるクマリデパート。とにかくすべてのファンを幸せにしたいというメンバーの実直な想いが伝わってくるライブだった。クマリデパートは、アイドルの夏を駆け抜け、11月27日の中野サンプラザ公演で2022年の総決算を見せてくれるはず。まさに限界無限大の魅力に満ちたクマリデパートの活躍に期待してほしい。

<クマリデパート レッツクッキン!東☆名☆阪 なかよしグルメツアー2022 ~くまちゃんグルメを召し上がれ~>

2022年5月16日(月)
豊洲PIT

1.幸せハッシン!フロムキッチン(新曲:5月31日発売)
2.極LOVE浄土
3.YESモチFEVER
4.bitter or sweet
5.あみだ☆ふぉーちゅーん
6.ちきゅらぶレディオ
7.サクラになっちゃうよ!
8.恋のハッピーチョモランマ
9.あれ?ロマンチック
10.ピアノ
11.ネコちゃんになっちゃうよ〜
12.二十四時間四六時中
13.おいでよ!クマリデパート -世界ver.-
14.シャダーイクン
15.ウダガワ・ヨッキュー
16.Furniture Girl
17.ゴイリョクタラズ
18.SUN百6じゅ〜GO!日ッチ☆
19.限界無限大ケン%
20.アンサー!

En-1.いまさらだけど、恋しませんか?(新曲:5月31日発売)
En-2.サマーニッポン夏サマー!∞Ver.

【関連記事】

おすすめの記事