Yahoo! JAPAN

厄介者が人気食材に「食べると美味い!ザリボナーラって? 」阿寒湖名物"レイクロブスター"

SASARU

パスタのカルボナーラのようなこちらの料理は「ザリボナーラ」というメニュー。
道東の阿寒湖で厄介者だった特定外来生物のウチダザリガニが、食用として人気を集めているんです。厄介者が名物になるのか?調べてきましたよ~。

特定外来生物「ウチダザリガニ」…最初は駆除のために

美しい大自然に囲まれた阿寒湖には、特別天然記念物のマリモも生息しています。
「ウチダザリガニ」は1930年ごろ、食用としてアメリカから道東の摩周湖に輸入されました。その後、道内各地に持ち出されたとみられています。

繁殖力が強く、マリモなどを食い荒らすことから2006年に特定外来生物に指定されますが、その後も増え続ける一方なんです。

阿寒湖で漁に同行させてもらうと…

出発してから約5分。
水深約5メートルに仕掛けられた網をあげると、大量のザリガニが。

手に持ってみると、大きくてずっしりしていて、はさみが動いて元気いっぱい!

地元の漁業関係者らが「レイクロブスター」として、イメージを一新して出荷を始めたのは約20年前。

漁師の逢坂剛さんは「厄介者で最初は駆除のために取っていたんですけど、食べたらおいしいということで、人気になってきましたね。(駆除と食用の)一石二鳥だと思います」と話します。

阿寒湖の新名物へ…厄介者がおいしい料理に

阿寒湖のほとりにある食堂「海兵」では、レイクロブスターの天丼と塩ゆでをメニューに出しています。

2日から3日、湖水につけてから調理するので、レイクロブスターにくさみはないんですって。

レイクロブスターを食べた人からは…
「(ザリガニは)食べる印象はなかったんですけど、全然いけるなと思いました」「ザリガニというよりはオマールエビのような濃厚な味でした。おいしかったです」という声が。

阿寒湖の温泉街のカフェで開発したメニューが「ザリボナーラ」。

レイクロブスターと白糠産のチーズでソースをつくり、伊達産の小麦を使った平打ち麺のパスタにからめています。

レイクロブスターの濃厚なうまみと、モチモチの麺が絡み合って、とってもおいしい!

メニューを開発した、温泉工房あかんの石川武司さんは「海外では、ザリガニを食べるので、繁殖しちゃったなら使おうかなと…。エビ、カニ系でおいしいし、やってみようと思いついた」と話します。

漁協が開発したレイクロブスターのスープは2021年、約3000個が売れる人気ぶり。

レイクロブスターとして定着し始めたウチダザリガニ。一度味わってみてはいかがでしょうか。

*みんテレ6月16日OAのものです

【関連記事】

おすすめの記事