Yahoo! JAPAN

BABYMETALからPassCode、我儘ラキアまで Bring Me The Horizonに魅せられたアイドルたち|「偶像音楽 斯斯然然」番外編

Pop’n’Roll

BABYMETALからPassCode、我儘ラキアまで Bring Me The Horizonに魅せられたアイドルたち|「偶像音楽 斯斯然然」番外編

ヘヴィメタルの新たなる可能性を提示し続けているイギリスのバンド、Bring Me The Horizon。彼らの影響力は洋邦のバンドに止まらず、日本のアイドルにも及んでいる。今回、冬将軍がそんなBring Me The Horizonの音楽性の深さを紐解きながら、彼らに影響を受けつつも独自のサウンドを聴かせているアイドルの楽曲とその魅力を綴る。

2019年11月、さいたまスーパーアリーナでのBABYMETALの日本公演<METAL GALAXY WORLD TOUR IN JAPAN>に、Bring Me The Horizonがゲストアクトとして出演した。現在のロックシーンにおける、メタルの立ち位置について、疑問を投げかけながら活動している日英2アーティストの共演だった。海外フェスなどで交流を重ね、お互いの音楽とスタンスをリスペクトし合ってきたからこそ実現したものである。

言わずもがな、BABYMETALはさまざまな方向性からメタルに新風をもたらし、あらゆる可能性を提示してきた。それは同時に、新たにメタルを再定義するかのごとく、保守的な音楽ファンに投げかけるアンチテーゼのようにも思えた。片やBring Me The Horizonはデスコアの出自ながら、さまざまな音楽を吸収、ポップミュージックからエレクトロなダンスミュージックまで呑み込み、メタルとは何か? ロックとは何か?を探究し続ける唯一無二の存在である。

そんな2アーティストは、昨年2020年にリリースされたBring Me The HorizonのEP『POST HUMAN: SURVIVAL HORROR』収録の「Kingslayer」でコラボを果たした。

Bring Me The Horizon - Kingslayer (Lyric Video) ft. BABYMETAL

楽曲自体はBABYMETALを意識したというより、SU-METALの声を活かしたものと思われる。彼女のネイティヴな英語とエフェクト乗りのよいボーカルがクールに響くサイバーパンク。Code OrangeやVeinといった新世代ハードコアに対するカウンターか?……というのが最初の印象であったが、落ちサビ前に入る日本詞《さあ 時の 扉を開けて 行こうよ》のセクションはギターリフ含め、BABYMETALをオマージュしているところも見受けられ、聴けば聴くほどに抜け目ない楽曲だ。

BABYMETAL視点で語られることが多い同曲。逆にBring Me The Horizonからの視点で考えるとまた違った見方ができるはずだ。

そもそも、海外のみならず、日本における影響力も大きいBring Me The Horizonとは、一体どんなバンドなのか。

Bring Me The Horizon V系からアイドルまで影響を与えるモンスターバンド

かつて90年代のオルタナティヴロックの台頭の中で、KORNを筆頭としたニューメタルのバンドは、我が国では“モダンヘヴィネス(和製英語)”と呼ばれ、Limp Bizkitに代表されるラップコアのバンドは、日本独自の“ミクスチャーロック(和製英語)”が確立するきっかけとなった。これらのバンドの源流にいるMetallicaやPanteraがグルーヴメタルと呼ばれたように、バンドアンサンブルの重心の低いグルーヴでヘヴィな聴感を生み出していたわけだが、デジタルレコーディングや楽器機材周りの発達によって、バンドサウンドは洗練されたものに変化していった。その大きなきっかけとなったのはLinkin Parkの登場である。

Linkin Parkの綿密に作られたサウンドのインパクトは大きかった。これに影響され、多くのバンドがヘヴィさよりも音圧重視、分厚いギターサウンドの壁であったり、突き抜けるようなメロディであったりと、これまでのダークで内に秘めるような混沌としたものではなく、外へと広がる解放的なものへと向かっていった。ミクスチャーロックはこれまた日本独自の“ラウドロック(和製英語)”へと進化していった。我が国の音楽シーンではなぜか“メタル”という言葉に古さを感じるところがあり、新たな和製英語で語りたがる節がある。聴感的にいえば、ダウンチューニングであるのにそこまでヘヴィさを感じさせないサウンドプロダクトが、Linkin Park以降のラウドロックの特色でもある。

そして、ここ数年でラウドロックに新たな可能性を与えているのが、Bring Me The Horizonである。ラウドロックバンドはもちろんのこと、ヴィジュアル系バンドやアイドルに至るまで、その影響力は及んでおり、ある意味で洋楽ロックの代表格になっているといっても過言ではない。

ヒップホップもダンスミュージックも呑み込んだ

彼らの何がすごいのか。先述の通り、デスコアバンドでありながら積極的なデジタルサウンドの導入、ダンスミュージックなど、さまざまな音楽を吸収してきた。時期、アルバムによってまったく違うバンドになっているといってもいいだろう。にも関わらず、ファンが離れることがないのは、オリヴァー・サイクスという、ボーカリストを越えた圧倒的なフロントマンの存在が大きい。切れ長の顔立ちに全身に刻まれたタトゥー、感情を叩きつけるように歌うその姿と声、そして周りを煙に巻いていく言動と行動……そんなカリスマ性を前にひれ伏すしかない。そういったオリヴァーのすごさは多くのメディアで語られているのだが、個人的にはギタリストのリー・マリアに注目したい。ジミー・ペイジ(Led Zeppelin)やトム・モレロ(Rage Against The Machine)と並ぶ、優れたリフメイカーだと思っている。

ラウドロックがヘヴィだけではない解放性へと向かっていく時世の中、さまざまなジャンルの音楽がクロスオーバーしていく様は、90年代のミクスチャーロックとは違う雰囲気を作り上げる。その1つの完成形がBring Me The Horizonなのかもしれない。さまざまな音楽ジャンルの要素をバラバラにして、1つひとつ構築していくような楽曲は、まさに“今どきのロック”のスタイルであり、“最先端のメタル”のスタイルでもあるのだ。

Bring Me The Horizon - "MANTRA" Live (Rock Am Ring 2019)

そんな彼らが産み落とした衝撃作が『amo』(2019年)である。ヒットチャートがヒップホップとダンスミュージックで埋め尽くされる現況に、ロックバンドはどう対峙していくべきか。その1つの答えがそこにあった。真っ向から挑むわけではなく、彼らはそれを呑み込んでしまったのである。“今1番ロックしているのはヒップホップとダンスミュージックだ”と言わんばかりに、自らの音楽にそれらのメインストリームのポップミュージックを落とし込んだのである。バンドとしての大きな武器である、リーのリフを封印してまで。

結果は全英1位を奪取し、ブリット・アワードでは最優秀グループ賞、グラミー賞では最優秀ロック・アルバム賞にノミネートされた。メタルファンからは賛否両論を巻き起こしながらも、根底にある揺るぎない信念によって、ファンを離すことなく、さらなる飛躍を遂げた。

『ポスト・ヒューマン』の中で生きる日本

そうした衝撃作『amo』の後にリリースされたのが、EP『POST HUMAN: SURVIVAL HORROR』である。前作では封印されていた、リーのけたたましいギターリフが炸裂するメタル回帰ともいえる作風になっている。瀬名秀明のホラー小説『パラサイト・イヴ』の名を冠した「Parasite Eve」を筆頭にニューメタルライクなグルーヴも心地よい。

Bring Me The Horizon - Parasite Eve (Official Video)

オリヴァーは、以前“これ以上アルバムをリリースしないかもしれない”と語っていた。その発言を経て制作されたのが『ポスト・ヒューマン』シリーズの第1弾である今作。アルバムではなく、楽曲数を絞ったEPとしてテーマ性を明確化させるということだった。ここにあるのは、パンデミック下の混沌とした世界で人類の生き残りをかけた“サバイバル・ホラー”。人との繋がりが絶たれた現況において、ヤングブラッドやEvanescenceのエイミー・リー(Vo)、そしてBABYMETALといったアーティストとのコラボが映える。

小島秀夫監督のPlayStation4ゲーム『DEATH STRANDING(デス・ストランディング)』のために書き下ろした「Ludens」をはじめ、MVにおいても「Parasite Eve」が漫画『東京喰種』、ヤングブラッドのコラボ曲「Obey」が日本の特撮をオマージュしたものであり、日本のカルチャーを大きく意識しながら殺伐とした世界観を作り上げている。そうした中での日本のアーティスト、BABYMETALとのコラボの位置付け、そして楽曲タイトル「Kingslayer」がアメリカのHBOドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のジェイミー・ラニスターの異名“王殺し(キング・スレイヤー)”を想起させるものであることが、今作の世界観をより色濃くしている。

Bring Me The Horizon - Obey with YUNGBLUD (Official Video)

そうした「Kingslayer」であるが、楽曲単体で聴くよりも同曲のイントロ的ポジションにある前曲「Itch for the Cure(When Will We Be Free?)」から聴くのがおすすめである。ドラムンベースのビートがサイバーパンクに流れていく臨場感がたまらない。もっといえば、次曲Nova Twinsとのコラボ曲「1x1」の退廃的ムードとのコントラストも美しい。オリヴァーがEPを通してテーマ性を見出していることがわかるはずだ。

さて、ここからはBring Me The Horizonが日本のアイドルシーンにどれほど影響を与えているのか考えていきたい。HYDEが彼らの来日公演のゲストアクトを務めたり、LiSAがニヤけるほどのBring Me The Horizon愛が強すぎる楽曲「cancellation」を制作したりと、その影響力はとどまることを知らないが、それはアイドルシーンにまで波及している。

PassCode BMTH的手法を用いながら自身らしく仕上げる業

ロック系のアイドルイベント、ライブに行けば、3現場のうち1度は客入れの際にBring Me The Horizonの楽曲が掛かっている、といっても言い過ぎではない。当人よりも運営や制作陣営が影響を受けている場合が多いのだろう。

そんな中で、メンバーともどもBring Me The Horizonの影響を受けているといえば、やはりPassCode。

PassCode - MANTRA (original by Bring Me The Horizon)

原曲の雰囲気そのままに、PassCodeらしい煌びやかさを注入した良カバー「MANTRA」。急展開が特徴的なPassCode楽曲であるが、カバー曲となるとグループの表現面での武器が明確になるというもの。元を一旦バラバラにして再構築していくような手法はBring Me The Horizonの影響下が垣間見える。Bring Me The Horizonの曲をBring Me The Horizon的手法を用いてPassCodeらしく仕上げる業。映画&ドラマ『賭ケグルイ』でお馴染みの「一か八か」もそうした要素を感じられるカバーである。

PassCode - 一か八か (MBS/TBSドラマイズム「賭ケグルイseason2」オープニングテーマ)

ほかではGO TO THE BEDのユメノユアがファンを公言しているが、WACKの中でBring Me The Horizonの音楽的影響を色濃く受けているのはEMPiRE。ニューシングル「HON-NO」はThe ProdigyやAtari Teenage Riotといった90’sデジロック色が強めであるものの、洗練された音像や無機質さの中から感じる渦巻いた空気感はBring Me The Horizonと通ずるところがある。

EMPiRE / HON-NO [OFFiCiAL ViDEO]

EMPiREのデジタルサウンドとバンドアプローチとの融合という部分、そしてポップミュージックをも呑み込んだ事例としてBring Me The Horizonの手法に学ぶところは多いはずであり、もっと具体例を挙げるのなら「コノ世界ノ片隅デ」(2018年)は、完全に「Throne」(2015年)のアプローチを意識したものだろう。

Bring Me The Horizon - Throne

我儘ラキアにNEO JAPONISM……次世代を担うポストBMTHなグループ

Bring Me The Horizonへのリスペクトを掲げながら、昨今急進的に攻めているのが我儘ラキアだ。グループ名を冠したミニアルバム『WAGAMAMARAKIA』は、MY FIRST STORYのNobをはじめとしたラウドロックシーンの猛者たちが楽曲プロデュースを担当しており、オルタナ、ラウドロック、パンク、ヒップホップ、といったごった煮の個性が鬩ぎ合う。聴き心地は完全にロックバンドだがロックバンドでは絶対に成立しない、アイドルならではの武器を最大限に活かしたアルバムである。

我儘ラキア - SURVIVE - Official Music Video

今や、スクリームやシャウトすることが常套手段となっているラウドロックアイドルの中で、星熊南巫の細やかな息遣いを感じられるクリーンボーカルで勝負しているところも彼女たちの魅力となっている。シャウトに値するのは、MIRIの鋭利なラップであるが、ヒップホップ仕込みの彼女の本格的なリリックは、ある種のキケンな香りがする“チャラさ”を帯びており、硬派なロック方面に行きすぎない、いい意味でのつかみどころのなさを色濃くした強さにもなっている。

ラウドロックやヘヴィミュージックをベースとした女性アイドルといえば、以前より韓国のDreamcatcherがいることも忘れてはならない。我儘ラキアと同じく、Kuboty(ex.TOTALFAT)が楽曲提供していたりもする。

Kuboty(ex.TOTALFAT)が楽曲提供したDREAMCATCHER「Endless Night」

BLACKPINKしかり、BTSしかり、ラウドロックバンドとK-POPの関係性は切っても切れないものがある。元を辿ればK-POPの始祖として、ソ・テジがいることに起因しているのだろう。

話は我儘ラキアに戻るが、星熊がラウドロックへの衝動として挙げているのが、Bring Me The Horizonであり、オリヴァー・サイクスである。その愛がオリヴァー本人に届いたのかどうかは知る術もないが、海外フォロワーも急増しているフォトジェニックな星熊のInstagramアカウントをオリヴァーがフォローするという、ミラクルが起こったのは必然だったのか。今をときめくイギリスのバンド、Bring Me The Horizonのフロントマン、オリヴァー・サイクスのフォロイー、たった188人(2020年4月現在)の中に、日本のインディーアイドルグループ、我儘ラキアの星熊南巫がいる。

我儘ラキア - New World - Official Music Video

我儘ラキアは現代的なラウドロックバンド然としながらも、ニューエイジなトラップをやっていたりと、Bring Me The Horizonと共通するスタンスを持っている。これまでのロックアイドルといえば、アイドルの可能性を拡げようとしてきたわけだが、現在の我儘ラキアといえば、もうそことは完全に違うベクトルを向いていて、ロックバンドとアイドルの間を自由に行き来する存在になっている。

NEO JAPONISMは対照的に90’sモダンヘヴィネスやインダストリアルを基盤にしたサウンドプロダクトで、加えてJ-ROCK/V-ROCK的な普遍性の和情緒と日本詞を軸とする土着的な趣のあるグループ。そして純然たるアイドル気質も兼ね備えている。加えてそこにトレンドを加味したサウンドの取り入れ方が見事なのだ。いくつかの曲でBring Me The Horizon的な手法も見られる。

NEO JAPONISM 「Subliminal」 Music Video

「Subliminal」はバンドサウンドに対するダブステップ要素やグリッチノイズの絡め方が絶妙で、無機質ながらもエレクトロに偏ることなく、生バンドのグルーヴィさを感じられる1曲。「Identity」は切り刻んで再構築したような蠢くギターリフの組み立て方とシンコペーションで捲し立てていくメロディラインが印象的。英語的なアクセントや子音を強調した言葉選びになりがちなロックナンバーが多い中で、日本語詞の土っぽさそのままでも、現代的なロックアプローチはできると高らかに証明した好例だ。

NEO JAPONISM 「Identity」Music Video

オリヴァーが聴いたら悔しがりそうな2曲である。

こうしたBring Me The Horizonによる影響の大きさが、ラウドロックのスタンダードになりつつある。それこそ“Linkin Parkっぽい”ことがそのままラウドロックになったように、“Bring Me The Horizonっぽい”ことが現代のラウドロックの代名詞になってきているのだ。ひと昔前であれば、そういった音楽のトレンドは耳の早いロックバンドがいち早くキャッチして、噛み砕いてリスナーに届けるというのが一般的であったが、最近ではその役割がバンドからアイドルになってきていることも興味深いところだ。

『偶像音楽 斯斯然然』
これはロックバンドの制作&マネジメントを長年経験してきた人間が、ロック視点でアイドルの音楽を好き勝手に語る、ロック好きによるロック好きのためのアイドル深読みコラム連載である(隔週土曜日更新)。

【関連記事】

おすすめの記事