Yahoo! JAPAN

犬がブラッシングを嫌がる時の心理4選!やるべき対処法からNG行為まで解説

わんちゃんホンポ

犬がブラッシングを嫌がるときの心理

犬のブラッシングには血行促進、ノミ・ダニ予防効果、毛並みのツヤ出しといった大切な役割があります。できれば毎日ケアを行いたい、そう飼い主さんも思っていますよね。でもブラッシングを嫌いな犬はたくさんいます。ではなぜ犬がブラッシングを嫌がるのか、その心理から理由を確かめてみましょう。

1.体を触られるのがイヤ

ブラシを見ただけで逃げたり噛んだりする犬は、とにかく体を触られるのがイヤ!と思っていることが多いです。体に触れられることに慣れていない、手足や体を触られるのがちょっと…といった理由があるのでしょう。

過去のトラウマを抱えている犬も多いので、トリマーにブラッシングをされたときに嫌な経験をした可能性がないか思い出してみてください。いずれにしても、飼い主が体に触ることすら嫌がるうちは、無理にブラッシングをしない方がいいです。

2.ブラシが痛い

ブラッシング中に噛む、抵抗する場合は「何でそんなことするの?」「やめてよ~」などと思っているのかもしれません。このようにブラッシング自体がどうやっても好きになれない犬もいます。

また、ブラシ自体を「怖いもの」と犬が思い込んでしまっていることもあります。その可能性がある場合は、ブラシの種類を変えてあげると落ち着くかもしれません。この機会に検討してみてください。

3.押さえつけないで!

ブラッシングを嫌がる犬の多くが「押さえつけないで!」と抵抗をして逃げてしまいます。飼い主としても逃げぬまいとつい力が入ってしまい、犬に恐怖心を与えてしまうことがあります。1度押さえつけられた覚えがある犬は、ブラシを見ただけで「嫌だなあ」と思ってしまうでしょう。

4.遊んでほしい

ブラシを理解できず、「おもちゃだ!」「遊ぼう」と遊び道具にしてしまう犬も少なくはありません。ブラシに噛み付いてこられると、とてもブラッシングどころではなくなってしまいますよね。でも対処を行っていけばブラッシングができるようになります。諦めずに、少しずつ改善していきましょう。

ブラッシング嫌いな犬への対処法

ブラシを見ると逃げる、噛む、遊んでしまう愛犬にほとほと困っている飼い主さんはたくさんいます。ぜひここでご紹介する、ブラッシング嫌いな犬への対処法をお試しください。

優しいブラシを使う

ブラシ自体に抵抗する犬には、痛みを感じにくい優しいブラシを試してみてください。また、ブラッシングが大嫌いな犬には手袋タイプがおすすめ。見た目もブラシの形をしていないので嫌がりにくいです。

おやつのご褒美をセットにする

ブラッシングをすると良いことがある、と犬に覚えさせましょう。そのためには、ブラッシングとおやつのご褒美をセットにすることです。犬が持つ悪いイメージを払拭させることができます。ブラシを体に当てて抵抗しなかったらおやつをあげる、この順番でご褒美をあげることがポイントです。

マッサージを行ってボディタッチに慣らす

体に触れること自体に抵抗する犬には、ブラッシングの前にマッサージを行ってリラックス状態にさせてから行ってみてください。背骨に沿って首から尻尾までボディタッチを行うと犬は「気持ちいい」と感じやすいです。十分触れられることに慣れてから、少しずつブラッシングを進めるようにしましょう。

やってはいけないNG行為

最後に、「こんなブラッシングはNG」という行為をおさらいがてらまとめてみます。次のようなNG行為をついやってしまってはいないか確かめてみてください。

✔長時間行う
✔無理やり毛を引っ張っている
✔犬を押さえつける
✔適したブラシを使っていない

毎日のブラッシングは犬にとって大切なものですが、犬が嫌がっている内は無理に行ってしまうと逆効果です。ブラッシングは時間を掛けて慣らすようにして、犬が「気持ちいい」と思える方法を行ってくださいね。

まとめ

ブラッシング嫌いな犬には、それなりに「嫌がる理由」があります。たとえ嫌がってもそこで叱ることはせずに適した対処を行っていきましょう。きっとブラッシングが大好きな愛犬へと変わるはずです!

【関連記事】

おすすめの記事