Yahoo! JAPAN

横浜中華街 路上看板などに注意喚起 市と県警察が合同巡回〈横浜市中区・横浜市西区〉

タウンニュース

看板設置について説明する市職員

横浜中華街で1月18日、横浜市と県警察による路上看板などの合同啓発指導が行われた。

この取り組みは、春節前の1月中旬から下旬と夏休み前に毎年実施されている。都市整備局や中区役所、中土木事務所、中消防署などの横浜市の関係各部局と県警察本部、加賀町警察署が合同で中華街エリアをパトロール。店舗前の歩道や車道に設置された看板の撤去や、ごみの不適正な出し方などの改善指導などが行われた。

歩道や車道など、公道への看板設置は不法占用となり、歩道幅員が狭められることによる歩行困難化や、歩行者の転倒事故の要因になるなど、危険性が指摘されている。

署名で記録残す

公道に看板を出している店舗には、市職員らが声掛けをし、日本語と中国語で禁止事項を明記したチラシを配布。内容を確認した上で、店主や従業員から署名をもらっていた。しかし、歩道に出していた看板を一度店の敷地内に収めたものの、巡回が終わると再び看板を出す店舗もあり、巡回する職員らが再度、注意喚起する場面もあった。

都市整備局都心再生課によると「署名をいただき、記録を残すことで啓発につながる。看板の不法占用について、だいぶ理解が進んだのでは」と話す。

この合同啓発指導のほかに、中華街で飲食店や物販店などを営む事業者らからなる横浜中華街発展会協同組合も、定期的にパトロールを行っている。発展会の職員は「車が通る道に看板がたくさん出ているところもあり危ない。これからも引き続き理解を得られるよう呼び掛けていきたい」と話していた。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 実戦復帰でいきなり適時打!1軍復帰が待ち望まれる矢野監督が信頼寄せる阪神の勝利に欠かせない仕事人とは!?

    ラブすぽ
  2. 巨人がキッズファンによる応援動画を募集! 試合中にメインビジョンで放映

    SPICE
  3. 【スマホお悩み相談室】「Wi-Fi」って何? どうすれば使えるの?

    毎日が発見ネット
  4. 味方良介、石田明(NON STYLE)らが出演 つかこうへい十三回忌追悼公演『つかこうへいLonely 13 Blues』公演決定

    SPICE
  5. 即日完売した神戸限定トミカをゲットするチャンス! 神戸市交通局がオリジナルトミカ「神戸市バス」を再販売

    Kiss PRESS
  6. 【大須に誕生】新スタイルの麺処、ストリート系ラーメン『Noodle Atelier 有象無象-UZOMUZO-』

    ソトコトオンライン
  7. 【おいしいコーヒーの淹れ方】ドリップ時間で味が変わるのはなぜ?

    特選街web
  8. たこ焼きの「あつ(熱)ひや(冷)」いかが 上越市で「冷やしたこ焼き」登場

    上越タウンジャーナル
  9. <フル>浴衣姿の志尊淳、川口春奈ら わなげ対決! 映画『極主夫道 ザ・シネマ』公開直前祭

    動画ニュース「フィールドキャスター」
  10. 元乃木坂46 北野日奈子、<蒲田行進曲完結編 銀ちゃんが逝く>にヒロイン役として出演決定!

    Pop’n’Roll