Yahoo! JAPAN

あなたはやってない?犬を『ダメにする』NG行為5選

わんちゃんホンポ

あなたはやってない?犬を『ダメにする』NG行為5選

皆さんは愛犬と接する際、どのように対応していますか。愛犬が要求してきた時、問題行動を起こした時、間違った行為で接してしまうと、犬は勘違いしてしまい、わがまま犬、問題犬になってしまう恐れがあります。

ここで紹介する行為は犬をダメにする可能性があるため、控えましょう。

1.犬の要求にすべて応じる

いつもそばにいて「大好き〜」と甘えてくる愛犬は、多くの飼い主さんにとって大切な存在です。そんな犬たちが要求してきた時、皆さんはどのように対応していますか。

犬が可愛いからと犬の要求にすべて応じてしまうと、犬は「飼い主はなんでも言うことを聞いてくれる」「思い通りにいかないことはない」と勘違いしてしまう恐れがあります。

すると、いざ要求に応じなかった時、吠えたり攻撃的になったりと行動がエスカレートする危険性があるため、日頃から要求にはすべて応じず、飼い主主導の生活を心がけましょう。

2.問題行動に対して大きなリアクションを取ってしまう

愛犬が吠えたり噛んだり、あるいはトイレ以外の場所でおしっこをしてしまった時など「あー!」「やめてー!」などと大きなリアクションを取っていませんか。

対人間であれば、言葉から「やめてほしいんだな」「嫌がっている」と理解できますが、言葉を理解できない犬にとって、飼い主の大きなリアクションは「喜んでいる」「楽しそう」と映ってしまうことがよくあります。

すると、問題行動を良い行動だと勘違いし、その後も問題行動がエスカレートしてしまう危険性があります。犬が問題行動を起こした時は、基本的に無視や無言で片付けるといった冷静な態度を対応しましょう。

3.褒めるたびにおやつを与えてしまう

犬を褒める際におやつを使う人は多いですよね。しかし、褒めるたびにおやつを与えていると、褒められたことよりもおやつをもらえることに執着してしまい、褒められたことへの喜びを感じにくくなってしまいます。

また、褒めた内容によっては間違った解釈をしてしまう危険性も潜んでいます。例えば、無駄吠えに対して叱った後、愛犬が吠えるのをやめたからおやつを与える行為です。

一見、無駄吠えをやめたからおやつを与えることで、褒めることにつながると思えますが、犬からしてみれば「一度吠えてから止めることでおやつがもらえる」と少々異なる解釈をしてしまう可能性があるのです。

すると、無駄吠えを止めようとはせず、一度は吠えることを覚えてしまうため、問題行動が治りにくい原因となります。

4.問題行動に対して笑顔で叱る

犬が悪いことをした時、きちんとメリハリをつけて叱っていますか。普段のテンションで「もうダメでしょう?」と優しく笑顔で諭しても、犬は言葉を理解できないため伝わりません。

それどころか、犬は人間の感情を表情と声のトーンから読み取るため、「飼い主さんが笑ってる!嬉しいのかも」と勘違いしてしまう可能性が高いです。

すると、犬から見て飼い主が喜んでくれた問題行動を今後も繰り返すようになり、問題行動が直らない原因となります。叱る際はピシッと低い声で愛犬の目を見つめながら「ダメ」と叱るようにしましょう。

5.興奮状態になった犬と一緒に楽しんでしまう

一緒に遊んでいると、遊びに夢中になり楽しく興奮状態に陥ってしまう犬は多くいます。しかし、ここで飼い主も一緒にハイテンションになる行為は好ましくありません。

興奮状態になった犬をより煽るように飼い主がはしゃいでしまうと、犬の興奮度が上がってしまい、時に攻撃的になったり、無駄吠えを連発したりと飼い主が想像しなかった行動に出ることがあります。

また、興奮状態に陥った犬をコントロールする術を身につけていないと、散歩中に他の犬と出会った時など、愛犬が興奮してしまった際に落ち着かせることが難しくなります。日頃から遊びを通して興奮状態になった愛犬を落ち着かせるトレーニングを行うと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。飼い主が何気なく行っているNGな接し方によって、犬が問題行動を連発するようになることも多いです。今回紹介した事例の中に、当てはまる行為があった方は、今日からこのような接し方を改めるようにしましょう。


(獣医師監修:平松育子)

【関連記事】

おすすめの記事