Yahoo! JAPAN

冬でも楽しい陸っぱり根魚釣り ライトゲームでメバル&カサゴとご対面

TSURINEWS

足元でヒットしたメバル(提供:TSURINEWSライター奥田綾一)

冬はターゲットが減るのでシーズンオフと考えるアングラーも多いかと思います。確かに回遊魚系は釣りにくいですが根魚系は釣れますよ。ライトゲームで狙えます。釣って楽しい食べてもおいしい魚が狙えるライトゲームをしてきました。神奈川県横浜市南部エリアでの釣行をレポートします。

根魚狙いライトゲーム

冬は回遊系よりも居着き系の魚を狙った方が釣果を得やすい。今回のメインターゲットはカサゴやメバルなどの根魚系とした。

タックル

タックルはライトゲーム用タックルでOK。ライトクラスのルアーロッドやバスロッドなど。アジングタックルも可だ。

使用ルアーやエサ

ルアーは味や匂いの付いたタイプが釣りやすい。エサを使って釣果アップを狙うのもアリだろう。

当日のポイント

横浜市南部エリア。根や藻などのストラクチャーが多く根魚系の魚影は濃い。

当日の釣り場(提供:TSURINEWSライター奥田綾一)

足元でメバル登場

魚は足元の壁にけっこういるものだ。根魚系は特にストラクチャーに付くので足元の壁から探るのが効率がいい。反応がなければ少しずつ移動するのがポイント。

足元の壁を探っていると「コンコン」と勢いよくサオ先をたたくアタリがあった。釣れたのはメバルだ。やや小ぶりだがとても元気な個体である。少し歩いて壁を探っているとまたサオ先をたたくようなアタリがあった。釣れたのはまたメバルだった。日が高くなる前にメバルが釣れてよかった。

まずはメバルが登場(提供:TSURINEWSライター奥田綾一)

テトラ周りでカサゴがヒット

少し移動してテトラ周りを探ってみると「グイッ」と力強いアタリがあった。釣れたのはまずまずの大きさのカサゴであった。このテトラ帯が根城なのだろう。

カサゴはなかなかパワフルな魚で体の大きさからは想像できないような強い引きを感じさせてくれる。

テトラ周りでカサゴも手中(提供:TSURINEWSライター奥田綾一)

沖のストラクチャーを狙う

場がスレてしまったのか足元の壁周りでは反応がなくなったので、少し沖に向けてキャストしてみる。沖には藻や捨石などのストラクチャーがあちこちにあるので、ターゲットはいるハズ!しかし、根掛かりが想像以上に多くやりにくい。

そして、日もずいぶんと高くなったのでしばらくアタリは遠ざかるだろうと判断して今日はここまでと納竿した。

根掛かり対策

このポイントは根魚が多いだけあってボトム付近は根が粗い。底を狙い過ぎるとすぐに根掛かりしてしまう。根魚狙いに根掛かりはつきものであるが、根掛かり対策はしっかりやろう。オモリをできるだけ軽くすると根掛かりは少し減る。

ナイトゲームが有利

根魚系は基本的には夜行性なので、日が暮れるころから活発に活動しはじめる。日中はストラクチャーに隠れるようにして休んだりしている。なのでナイトゲームのほうが積極的にエサを追うから釣りやすい。

しかしアングラー的にはデイゲームのほうが何かと都合がいいので難しいところである。

食べる分だけキープを

根魚はとても美味な魚である。クセのない白身は誰が食べてもおいしいと思うだろう。しかし、成長が遅く回遊性もあまりないので、捕獲し過ぎるとすぐにいなくなってしまう。小型や抱卵個体は積極的なリリースをお願いしたいと思う。

防寒対策はしっかりと

冬の海辺は想像以上に寒い!街中よりも風が強く体感温度はさらに低くなる。現地に着いてから暑ければ脱げばいいと思うくらいにしっかりと着込んで出かけてもらえればと思う。ニット帽やネックウォーマーなど着脱しやすいアイテムをうまく取り入れるのがコツです。

<奥田綾一/TSURINEWSライター>

The post冬でも楽しい陸っぱり根魚釣り ライトゲームでメバル&カサゴとご対面first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事