Yahoo! JAPAN

高級食パン『俺のBakery』を直撃! 必食「おすすめパン」&“おいしく食べる裏ワザ”

ウレぴあ総研

「クロワッサン食パン」1本(1斤)税込 1,200円

大人気パン専門店「俺のBakery」こだわりを直撃!

一流の料理人による高級食材を使用した料理をリーズナブルに楽しめると人気の、「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」などのレストランを運営する“俺の”ブランド。

今回ご紹介する「俺のBakery」は、そんな“俺の”ブランドが手掛けるパン専門店です。

素材にこだわった高級食パンをはじめ、多彩なパンを提供。現在各地に5店舗が展開されています。

2017年には、同店の商品「俺の生食パン」が、パンマニアが今年最も注目したパンを選出する「パン・オブ・ザ・イヤー2017」の食パン部門で金賞を受賞するなど、全国のパン好きから支持されているんです。

そんな「俺のBakery」の人気の秘密を探るべく、今回は“中の人”を徹底取材!

パンへのこだわりから、「俺のBakery」の人気商品ランキング、またパンをおいしく食べる方法まで、たっぷりとご紹介します。

今回お邪魔したのは、一流のフレンチとLIVE演奏が楽しめるレストラン「Grand Maison ORENO by 俺のフレンチ」に併設された、「俺のBakery 東京」。

「俺の株式会社」専務執行役員 マーケティング本部長・山田真輔さん、「俺のBakery 東京」シェフブーランジェ・平良透さん、執行役員 管理部人事総務グループ長・高野 華織さんに、同店のパンの誕生話や魅力についてお話を伺いました。

「俺のBakery」おいしさのこだわりは?

――様々な業態がある“俺の”ブランドの中で、「俺のBakery」はどのような経緯で生まれたのでしょうか?

高野さん「きっかけは、当時の創業社長(現在の名誉会長)が、街を歩いていた時に行列しているお店を見かけたことです。覗いてみるとそこは“食パン専門店”でした。

俺のグループでは当時から手作りの料理を提供していましたが、パンは外部から仕入れていたものを提供していたため、自社でも焼きたての手作りパンを提供したいと思っていました。

また、ちょうど新規企業体を考えていた頃だったこともあり、そこから『俺のBakery』の立ち上げを開始したんです」

「俺のBakery」が誕生したのは、2016年。

当時は、高級食パンブームの真っただ中。当初は“食パン専門店”としてスタートしましたが、現在は食パン以外のパンも販売しています。

――「俺のBakery」で特に大切にしているパンのこだわりや、他のお店にない強みはどこですか?

平良さん「できるだけ国産の素材にこだわることです。今は色々な種類の商品が増えてきたので、それぞれにこだわりがあります。

たとえば『銀座の食パン~香~』に関しては、山地(やまち)酪農方法を行っている岩手県のなかほら牧場の牛乳や、北海道産の“北の香り”というオリジナルブレンドの小麦粉を使用するなど、香りが高くて上質な小麦の味や、牛乳の風味や味わいにもこだわっています。

また、“湯だね製法”といって、熱湯で一度小麦を糊状にしたものをパンに加えることにより、モッチリとした食感が楽しめます。

でんぷんが熱を加えることによって水分を抱え込むので、固形力が高まり、吸水率に対してしっかりした生地に仕上がるんです。

現在、北の香りの値段が上がってきていることから、北の香りを使用しているパンは少ないと思います」

山田さん「“なかほら牧場”の牛乳も、山地酪農で育てたストレスフリーな牛から搾乳したこだわりの牛乳です。

小麦粉と同様、原価率は高めになってしまいますが、そこは強くこだわっています。

一見、シンプルな食パンですが、だからこその難しさもあって、ケービング(パンの側面や上部がへこむこと)など、まだまだ課題も残っていますが、そこも『銀座の食パン~香~』ならではの特徴だと思っています」

高野さん「『銀座の食パン~香~』は、いわゆる“生食パン”なので、最初はトーストせずにお召し上がりになることを推奨しています。

もちろん、焼いても美味しいのですが、そのまま召し上がって頂いても豊かな風味と食感が感じられますよ」

――ここ数年の、“パン人気”の盛り上がりをどう感じていますか?

山田さん「個人的な意見ですが、数年前の“高級食パンブーム”というのが去り、高級食パンを食べる習慣が当たり前になりつつあるのかなと思います。

また、最近ではテイクアウトが生活に根付いたこともあり、朝に限らず、ごはんとして食べる“総菜パン”が人気になってきていると感じています」

――2021年夏に出店されたイベント「パンのフェス2021初夏 in 横浜赤レンガ」内で実施された「パンのフェスアワード2020」では、『俺の罪悪パン』がグランプリを受賞しました。

平良さん「パンフェスに参加することで賞を頂くことができ、今までやってきたことを評価してもらえたことを誇りに思います。

今回賞を頂いた『俺の罪悪パン』=“マヌルパン” は、私が今まで作ってきたパンの中では異質の商品でしたが、エッジの効いたパンをリリースすることにより、レパートリーを増やすこともできました。

出店したことで、他のパン屋さんとの違いなど、学びもたくさんありました」

「俺のBakery」人気商品ベスト3を発表!

ここからは、「俺のBakery」の人気のパンの数々を紹介していきます。

まずは同店で現在人気のパンベスト3を教えてもらいました!

3位 「銀座の食パン~和~」1本(1.5斤)税込800円

厳選された国産原料のみを使用し、国産小麦粉の風味を最大限に活かした食パン。

中はもちろん、耳までしっとりふわふわな柔らかさ。ほんのり甘みが感じられる味わいです。

2位 「クロワッサン食パン」1本(1斤) 税込1200円

高級クロワッサン7個分の生地を使用して作られるなど、様々なこだわりが詰まった「クロワッサン食パン」。

芳醇なバターの香りと、耳のサクサク感、中のもちもち感のコントラストは、本商品ならでは。

2019年には「モンドセレクション」金賞の評価を獲得しました。

1位 「銀座の食パン~香~」1本(2斤) 税込1000円

「なかほら牧場」の牛乳を贅沢に使用したほのかな甘さと、ふわっふわもっちもちの食感が特徴で、耳はクッキーのような香り。

ミルクの風味がしっかり感じられる、贅を尽くした究極のミルク食パンです。

“中の人”イチオシのパンは?

続いては、今回お話を伺ったお三方が普段実際によく食べる、同店イチオシのパンを伺ってみました!

高野さんのイチオシ:「山型の食パン」1本(2斤)税込900円

高野さん「完全に個人の好みですが、「山形の食パン」がイチオシです。

弊社のラインナップの中でも、主役になることがないような地味なイギリスパンなのですが、甘い風味ではなく、小麦の味がするセミハードなパンです。

チーズやオリーブオイルなどをと合わせたり、スープやサラダと一緒に休日のブランチとして楽しんだりしています」

平良さんイチオシ:「クロワッサン食パン ピーカンナッツと国産蜂蜜」1本(1斤)税込1599円

平良さん「クロワッサン食パンにもいろいろあるのですが、『ピーカンナッツと国産蜂蜜』が好きです。

百花蜜の香りがレモンティーのようで、ピーカンナッツやフランス産の発酵バターともよく合います」

山田さんイチオシ:「クロワッサン食パン キュベ」スタンダード(1個)税込410円

山田さん「縦・横・奥行きサイズが通常のクロワッサン食パンの半分になった、食べきりサイズのクロワッサン食パンが、スタンダード・ラムレーズン・ショコラの3つの味で発売中です。

通常の『クロワッサン食パン』だと量が多いというお客様の声をお伺いし、キューブ型の食べやすいクロワッサン食パンを開発しました。手土産にもおすすめです」

パン好き必見!「お店で買ったパン」をおいしく食べる裏ワザ

せっかく買ったパンは、最後まで美味しく食べたいですよね。パンを冷凍保存している人も多いのでは?

そこでパン好き必見! シェフブランジェである平良さんに、「パンを保存する方法」や「美味しく食べる裏ワザ」を聞いてみました。

平良さん「食パンを冷凍する時はそのままではなく、スライスし、ラップを1枚ごとに巻いて保存するのがおすすめです。

厚みは好みで構いませんが、トースターの性能によって、厚すぎると中まで温まらないことがあるので気をつけましょう。

総菜パンは、たとえばソーセージなど食肉が乗っているパンは、パンを焼いてから持ち帰るまでに時間がかかることと、温度差で傷みやすいことなどが懸念されるので、衛生の観点からいっても家庭で冷凍するのはおすすめできません。

もしも冷凍する場合は、温度変化がないように持ち運び、早めに召し上がることをおすすめします。

その他の総菜パンは、自然解凍したのち、電子レンジではなく、トースターでリベイクすると美味しく食べられます。

特にカレーパンは冷凍しても美味しく食べられるので、おすすめですよ」

「俺のBakery」の人気パン、おすすめの保存方法

温め方

平良さん「『クロワッサン食パン』は、1~2分温めたトースターに食パンを入れ、1分ほど加熱します。焼きたてのサクサク感が再現され、おいしく召し上がれます。

『銀座の食パン~香~』は、まず焼かずにそのままの味を楽しんでみてください」

保存方法

平良さん「食パン類は、カット後は断面より水分が抜けるので、付属の保存袋に入れて保管し、賞味期限にかかわらず、なるべくお早めにお召し上がりください。

冷凍保存する場合は、お好みの大きさにスライスし、1つずつラップで包み、冷凍用保存袋に入れて保管してください。

冷凍で1週間ほどはおいしく保存できます」

お話を伺った大手町の「俺のBakery」では、店内にパンのいい香りが漂っていて、思わずお腹が鳴ってしまいそうでした!

「俺のBakery」公式サイトでは、各店舗のパンの予約受付を行っているので、来店前にチェックすると便利です。

また「俺のBakery」の一部のパンは、公式オンラインショップでも販売されています。遠方の人はぜひチェックしてみてください。

店舗概要

「俺のBakery 東京」
住所/東京都千代田区大手町1-7-2 東京サンケイビル B2F
電話/03-6262-5147
営業時間/10:00~20:00
定休日/日曜
最新情報は公式サイトで更新

(うまいパン/牡丹餅 あんこ)

【関連記事】

おすすめの記事