Yahoo! JAPAN

ごはんと相性抜群!甘辛タレが絡んだ『さんまのかば焼き』のレシピ

オリーブオイルをひとまわし

ごはんと相性抜群!甘辛タレが絡んだ『さんまのかば焼き』のレシピ

さんまは塩焼きが代表的な食べ方だが、今回はかば焼きのレシピを紹介する。このままお酒のつまみや、ごはんのおかずとして食べるのはもちろんのこと、丼にすると白ごはんとの相性がバッチリだ。1人で1匹、難なく食べられる味付けだ。

材料

1人前

さんま(三枚おろし) 1匹
片栗粉 大さじ1/2
酒 大さじ1と1/2
みりん  大さじ1/2
砂糖 大さじ1/2
しょうゆ 大さじ1
サラダ油  適量
小口ねぎ ひとつまみ
白ごま  ひとつまみ

作り方

Step.1 タレを作り、さんまは食べやすい大きさに切り、片栗粉をまぶす

タレを作る。鍋に酒、みりん、砂糖を入れて中火にかける。沸騰したら弱火で1分加熱し、アルコールをとばす。しょうゆを加えて再度沸騰したら火からおろす。さんまは食べやすい大きさに切り、片栗粉をまぶす。

Step.2 フライパンで焼く

フライパンにサラダ油を引き、中火にかける。フライパンが温まったらさんまを入れ、両面焼く。

Step.3 タレを絡める

さんまに火が通ったら、タレを絡める。片栗粉により、タレにとろみが出るので焦げつかないように注意が必要だ。

完成!

タレがからんだら皿に盛り付け、小口ねぎと白ごまを散らせば完成だ。

投稿者:栄養士 井野静香
監修者:管理栄養士 小林里穂

【関連記事】

おすすめの記事