Yahoo! JAPAN

ザ・クロマニヨンズ、初の生配信ライブを開催 2021年には待望の有観客ライブ実施を発表

SPICE

ザ・クロマニヨンズ

12月2日にニュー・アルバム『MUD SHAKES』をリリースしたザ・クロマニヨンズ。いつもなら新作のリリース後、半年に及ぶ全国ツアーを行ってきたが、今年はコロナ禍のために叶わずだったが、昨日・12月11日(金)21時より『MUD SHAKES』全曲配信ライブを行った。

クロマニヨンズのマスコット「高橋ヨシオ」が「30秒前」というカンペを構え、しばらくすると画面が暗転。「そろそろやるよー! オーライ、ロックンロール!」という掛け声と共に「VIVA! 自由!!」でライブはスタート。演奏場所はライブハウスではなく倉庫のようなところ。彼らの原点であるガレージ・バンドを体現しているかのようだ。

バックドロップすらなく『MUD SHAKES』やシングル「暴動チャイル(BO CHILE)」に使用された絵画やオブジェが無造作に置かれているのみ。ロックンロールを解き放つ甲本ヒロト(vo)、真島昌利(gt)、小林勝(ba)、桐田勝治(dr)のむき出しの姿だけが映し出された。配信ライブは画面越し故の距離感が生まれがちだ。甲本もMCで言っていたが配信ライブは何かをやりながら見ることができる。

ライブの後半は「妖怪山エレキ」からスタート。今回は全曲配信ライブと銘打たれているように、A面1曲目から順番にセットリストが組まれていた。ただ今回の配信ライブは「全曲再現ライブ」とは違う。ステージで演奏された新曲たちは新しい生命を宿すからだ。ライブは「メタリックサマー」「空き家」と続いていく。この2曲ももちろん、ライブの前半で演奏された「新オオカミロック」や「カーセイダーZ」もスタジオ録音盤とは確実に違う躍動感を得ていた。

必死で画面に食らいついているとあっという間にB面最後の曲「かまわないでくださいブルース」に。「どうもありがとうございました」という挨拶と共に画面は暗転。しばらくすると4人が再び画面に登場。「よく聞こえないけど、アンコールの声がかかっているような気がします」というMCに続き、シングル「暴動チャイル(BO CHILE)」のカップリング曲「東京ブキズキ」を演奏。つづいてファースト・シングル「タリホー」のカップリング曲「クロマニヨン・ストンプ」を演奏してむき出しのロックンロール・ショウは終了した。

最後に2021年2月20日(土)東京ガーデンシアターでの有観客ライブ&生配信決定というテロップが。待ちに待ったライブがついに発表となった。なお、今回の配信ライブはStreaming+でチケットを購入すれば12月14日(月)まで見ることができる。

【関連記事】

おすすめの記事