Yahoo! JAPAN

芳根京子、タメ口が快感に!?『オールドルーキー』インタビュー

TBS

TBSで放送中の綾野剛主演の日曜劇場『オールドルーキー』。37歳で突如現役引退に追い込まれてしまったプロサッカー選手・新町亮太郎(綾野)が、スポーツマネージメント会社「ビクトリー」に入社し、奮闘する姿を描く。
今回は新町の教育係を担当し、バディを組むことになる深沢塔子を演じる芳根京子をインタビュー。役柄や共演者とのエピソード、セカンドキャリアについて話を聞いた。

化学反応を楽しんでいます

――演じる塔子の役どころを教えてください。

塔子は仕事ができて、高柳社長(反町隆史)からも信頼されている女性です。年上の新町さんの教育係になってしまうのですが、方向性が全然違うので、一緒に働くうちにどう変わっていくのかが見どころになるんじゃないかと思います。綾野さんにどうしたら魅力的な新町と塔子というバディになるのかを相談させていただきながら、本当に日々模索しながら演じています。

塔子が新町にためらうことなくいろんな鋭いツッコミをしたり、タメ口で話したり、指示をするところは、台本を読んでいるときはハラハラしていたのですが、実際に綾野さんとお芝居をすると気持ちよく入れる瞬間があって、新町と塔子のコンビの面白さを感じています。

――「ビクトリー」には個性的な面々が揃いました。

初日からすごくいいチームだと感じました。梅屋敷さん(増田貴久)とはバチバチしていますけど、この会社には嫌な人がいないですし、「ビクトリー」の社員としても、『オールドルーキー』の作品自体もみんなで支え合いながらやれたらなと思っています。

塔子は梅屋敷さんから一方的にライバルだと思われています。梅屋敷さんを演じる増田さんともどういう距離感がいいのかというお話をさせていただいて。自分たちが思っているよりも思い切ってやることにしたのですが、綾野さんに「2人がすごく面白かった」と言われたのでほっとしました。新町さんとはもちろん、梅屋敷さんと塔子のコンビネーションも楽しんでいただけたらなと思います。

――現場の雰囲気はいかがでしょうか?

掛け合いのお芝居をしていると、皆さんとの化学反応を感じられるので楽しいです。塔子は頭の回転が速いし、キレがある女性なので、皆さんのお芝居に対してすべて打ち返す気持ちで臨んでいます。綾野さんも結構アドリブをされるので、それをすべて返していくことが良いバディにつながると思って、楽しみながらやっていきたいです。

――役柄に合わせてショートカットにしたそうですが。

髪を20センチほどカットしました。かなり短くなったのですが、みなさんに褒めていただいてうれしいです。あとは髪を切ったことで髪をかき乱すリアクションがやりやすくなりました。塔子は喜怒哀楽がはっきりしていて感情が豊かなので、そういった意味でも切ってよかったです。

――新町は「ビクトリー」でセカンドキャリアを歩んでいますが、芳根さん自身はセカンドキャリアについて考えたことはありますか?

正直まだ考えたことはないですね。この仕事をしながら別のこともしてみたいとは考えます。スカウトされる前は料理の専門学校に行こうと思っていたので、料理関係の資格はどこかのタイミングで取りたいという気持ちはあります。

新町さんは意思とは関係なく突然引退の日が来たわけで、私たちからするとなかなかない状況ですよね。でもそういうこともあり得ると思ったら、今やりたいことは大切にやっていかなければいけないなと思います。

――最後に視聴者の方へメッセージをお願いします。

第2話では自分にはない切り口で仕事を進める新町を、塔子がちょっとずつ信頼しはじめていきます。徐々に息が合ってくる2人の関係性にぜひ注目してください。
そして第2話はスケートボードがテーマなのですが、現場で技を拝見して本当に感動しましたし、衝撃を受けました。この熱が見ている皆さんに伝わればいいなと思います。日曜劇場の贅沢さを感じられるシーンがたくさんあるので、見ていただけるとうれしいです。

■番組概要
〔タイトル〕
日曜劇場『オールドルーキー』
〔放送日時〕
毎週日曜よる9時~9時54分
※第2話は15分拡大

おすすめの記事