Yahoo! JAPAN

初心者の味方「ジグサビキ」のキホン:100均商品と釣具メーカー品を比較

TSURINEWS

100均ジグサビキでサバ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ジグサビキに100均のサビキを流用することができます。厳密にはジグサビキではありませんが、流用適正はあり。さて、メーカー品と、どちらかがコスパがいいのでしょうか?

100均のサビキ

最近は100円均一の釣具が妙に充実してきています。エギ、メタルジグ、そして聞いた話ではワームを装着できるバイブレーションもあるそうですね。そんな中に普通にサビキ仕掛けも売っています。さすがにサビキカゴとオモリなんかは別売りですが、サビキの仕掛けは6本バリ、2セットで100円です。なんちゅー安さ!

ただ私が今からしようとしているのは、ジグサビキの話です。メタルジグに取り付けるジグサビキはやはりライン強度も高く全体的なつくりも丈夫。けれどこの100均サビキ、ジグサビキに使えないこともないんですよね。

100円のジグとサビキ仕掛け(提供:TSURINEWSライター井上海生)

メーカー品と相違点の確認

では、筆者が購入した100円均一商品と、メーカー品のスペックから確認していきましょう。

100均のサビキ

・6本バリ、2セットで110円(税込)
・ライン号数 ミキイト2号 エダス1号
・ハリのサイズ かなり小さめ

メーカー品ジグサビキ

・2本バリ、2セットで398円(税込み)
・ライン号数 ミキイト25lb エダス20lb
・ハリのサイズ 大きめ

価格はともあれ、ライン号数とハリのサイズに違いがあります。とはいえ、ライン号数については、小アジ小サバ相手くらいなら問題にならないでしょう。ミキイトが2号もあれば、そうそう切れることもありません。

ただ、6本のハリなので、イト全体の長さがかなり長いです。そのため、できれば3個目のハリの部分で切って使うことを推奨します。

結論は「メーカー品が強い」

筆者が比較検証してみた結論を最初に言ってしまうと、メーカー品の方がいいです。

断言できますが、メーカー品の方が確実にいいです。釣れやすい上に、しかも再利用にも耐えます(*劣化するので自己判断でお願いします)。やはり専用品ということもあり、ジグとの相性がいいです。ただ、スナップが破断しやすいなど、思わぬ欠点もありましたが。

さて、では100均品はどうかというと、大丈夫です。使えます。

100円サビキをジグサビキで使ってサバ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

けれど、ハリが小さいのはかなり難しい部分です。掛かりにくい。しかも今回はベイトフィッシュパターンのサバということもあって、釣れるときは大体、魚の喉の奥まで呑み込まれてしまい、外すのに手間取りました。

コスパを考える

筆者としては、メーカー品を3回再利用してコスパを上昇させることをおすすめします。そのための塩抜きの方法や、劣化してくる場所などは別の記事に詳述しているのでそちらをご覧ください。ちなみに、仮に2セット400円のジグサビキのメーカー品を3回再利用した場合、1回分のコストはなんと66円に下がります。

では、100均の品はどうか?これは、もちろん使いきりでいきましょう。6連のものが2セット入っているので、イトの長さ調節の意味もこめて3連にして使い捨てにすると、最大4釣行使えます。1回分のコストは25円程度となります。

それぞれの長所と短所

それぞれの長所・短所をまとめると、以下のようなものとなります。

メーカー品

・つくりがしっかりしていて釣れやすい。
・大きな魚がきても不安がほとんどない。
・再利用で最大66円まで1釣行分の単価が下げられる。

100均商品

・つくりはもろい。
・小魚は釣りやすいかもしれないが、大きな魚はほぼ不可。
・カットして使うことで25円程度まで1釣行分の単価が下げられる。

すみわけするならば、筆者ならば、たとえばフグとかベラとかの小魚相手に、もうほぼ使えないメタルジグのハリを外して100均サビキで遊びます。まあ、じゃれあいですね。そしてメーカー品のジグサビキは、狙いの魚+釣れてくれるゲストを本気で釣るために使います。こんなところでしょうか。

遊びは100均品で本気はメーカー品?(提供:TSURINEWSライター井上海生)

<井上海生/TSURINEWSライター>

The post初心者の味方「ジグサビキ」のキホン:100均商品と釣具メーカー品を比較first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事