Yahoo! JAPAN

『日本沈没』小栗旬インタビュー「希望の持てる作品になれば」

TBS

TBSで10月10日(日)からスタートする日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』(毎週日曜よる9時放送)。原作は1973年に刊行された小松左京による不朽の名作「日本沈没」。刊行の翌年にはTBSでテレビドラマ化され、それ以降も映画やアニメ、漫画など様々な形で語り継がれてきた。この原作に大きくアレンジを加えてお届けする今作は、2023年の東京が舞台。「見出していく希望」をテーマに主人公を含めオリジナルキャラクターが、沈没という目に見えない危機に立ち向かっていく姿を描く。今回は環境省官僚の主人公・天海啓示役の小栗旬をインタビュー。演じる天海や共演者、作品への思いを聞いた。

危機対策に対して非常に強い意志を感じます

――出演が決まった時の感想を教えてください。

オファーをいただいたのはコロナ禍前だったのですが、全体のストーリーが非常に面白かったのでこれは参加したいなと。東日本大震災から10年という時期ですし、災害の危機について考えるきっかけになればいいなと思いました。
「日本沈没」というテーマは、物語上避けることのできない問題なので、どういう風に受け取られるのかすごく不安を感じています。同時にご覧になった皆さんが何かしらの希望を持てるものになればいいなと思います。

――演じる天海の印象はいかがでしょうか?

環境省の官僚でありながら政治家に転身したいと思っている野心家ではありますが、大きな問題が次々と起こったときに、多くの人を救うための可能性を見つけ出そうとする。自分のやるべきことに真剣に向き合って、諦めずに前に進んでいける人物ですね。危機対策に対して非常に強い意志を感じます。
天海みたいにどんなことがあってもブレない信条を持つのはすごく難しいだろうなと思います。

――各省庁の若手官僚が集まって危機対策を考える“日本未来推進会議”のシーンは緊迫した場面が多いようですが。

この作品ではない限り二度と言わないような専門的なセリフも多いので、最初の頃は手こずりました。登場人物が多いですし、程よい緊張感がいつも流れていて大変でしたが、皆さんとの関係性も徐々にできていったので楽しい現場でした。

――天海が日本沈没の危機に立ち向かうにあたり、欠かせないのが天海と共に立ち向かうメンバーです。演じる方々と共演しての感想を教えてください。

常盤役の松山(ケンイチ)くんは、すごく魅力的な人でしたし、天海というキャラクターにとっては本当に助けてもらえる存在なので、役と同じように助けてもらいました。椎名役の杏さんはすごく明るい方なので、たわいもない話をいろいろさせてもらって、元気をもらいました。また日本未来推進会議では、ウエンツ(瑛士)くんが演じる石塚は清涼剤のような、ほっとできる存在なので、すごく助けられました。本人は楽しそうに撮影していましたね。(中村)アンちゃんは英語を話すことが多くて大変そうでしたが、演じる相原は非常に面白いキャラクターです。
(仲村)トオルさんとは何度かお仕事させてもらっていますが、熱い東山総理はすごくピッタリな方です。香川(照之)さんは個性が強すぎる田所博士をすごく面白いキャラクターにして演じていて。天海と田所博士のシーンは核心に迫ることが多いのですが、一緒にいることが多いので緊張せずに過ごせる相手になっていると思います。

――撮影をすでに終えていますが、実際に演じられて苦労されたシーン、思い入れのあるシーンなどあれば教えてください。

珍しいくらいに全体的に大変でした。危機対策を練らなければならないシーンの連続で、常に追われているような状況なので精神的にしんどかったです(笑)。その中でも特に印象に残っているのは石橋蓮司さんと共演したシーンです。蓮司さんが演じている里城副総理のキャラクターが、話が進むにつれてどんどん変化していくんです。その変化がすごいですし、注目していただきたいです。

――最後に視聴者の方へメッセージをお願いします。

原作小説や過去のドラマ、映画が作られたときは、日本が高度成長期で成長しか頭にない時期だったので、「危機感を持て!」というメッセージが込められたフィクションだったと思うんです。今は状況が違いますし、考えなければいけないことも変わってきているんですけど、環境問題も原作同様にテーマになっていたりもするので、考えるきっかけになればいいなと。そして、この作品はあくまでフィクションなので、今の日本とは別の世界として楽しんでいただきたいです。

※2021年4月以前に取材しました。

■番組概要
〔タイトル〕
日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』
〔放送日時〕
10月10日(日)スタート 毎週日曜よる9時~
※初回は25分拡大

【関連記事】

おすすめの記事