沖磯フカセ釣りで寒グロを堪能 43cm頭に良型主体【大分県】 - Yahoo! JAPAN

Yahoo! JAPAN

沖磯フカセ釣りで寒グロを堪能 43cm頭に良型主体【大分県】

TSURINEWS

2人分の寒グロの釣果(提供:週刊つりニュース西部版APC・嶋田誠也)

1月18日、大分県鶴見の磯に、懇親と寒グロ(メジナ)の近況調査のフカセ釣行をした。当日は43cm含み良型主体が多数顔出しとなった。

鶴見の沖磯でフカセ釣り

お世話になったのは速見丸。今年はまさに暖冬で、防寒着を着込んではきたものの、まったく寒さを感じない。午前5時出船の便に乗り込み、船長に「5人のため3人磯も使うから、私たちは後回しで構わない」と伝える。

船が向かったのは沖磯だ。想定していたよりもウネリがあり、途中の水道では波をかぶりながら進んだ。ほかの釣り人の磯渡しを手伝いながら、ウネリに少し酔う。鶴見半島をぐるっと回り、私と江平さんが呼ばれ、降りたのは1級磯の小鼻だ。初めて降りた磯だが、いかにも釣れそうな雰囲気で、酔いも吹っ飛ぶ。まだ日は昇っておらず、風をさけて岩陰でひと休みだ。

タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・嶋田誠也)

肉厚クロ顔見せ

サオを出したのは7時。まずは2人で釣座を分けて、1時間交代のプチ対戦をする。私は左からの釣座に入る。潮は上げ潮で緩い流れがあり、ウネリからのサラシがぶつかり、落ち着くところを狙う。

ウキは紺水ⅢのS‐Bを選択。ラインが風とサラシで引っ張られ、仕掛けが狙いから外れないように気を付けると、仕掛けの安定とともにウキがじわじわと海中に引き込まれる。アワセを決めると、しっかりした重量感でクロと分かる。サイズは30cmほどだったが、丸々したコンディションばっちりの口太(クチブト)グロ(メジナ)で、引きも見た目より力強い。

丸々とした個体でやる気あり(提供:週刊つりニュース西部版 APC・嶋田誠也)

ただ、連発しない。魚にスイッチが入っていない感じだ。交代時間が間近で、沖の流れが強くなり、引っ張られるように射程範囲に安定した流れがでたところで1尾追加して、釣座交代。日差しも出て、これからという時の交代だが、江平さんのポイントでも良い雰囲気になっているそうで、クロは2対2で折り返しだ。

潮が緩く、沖の潮に引かれるように流れがあるので、ウキを紅水競技WIN‐01に変更し、ガン玉G7を打つ。幸先よく1尾追加するが、徐々に当て潮に変化して、むずかしい状況に追加できず。江平さんは、魚の活性が徐々に上がってきたことに合わせて掛け、ペースアップで4尾追加。3対7で勝負は敗退だ。

荒波でキープのクロ逃がす

ここからは2人並んでサオを出す。魚が浮いてきているというので、ラインの操作をしやすいようにウキは紺水ⅢのS‐G2を選択し、張り気味につけエサ先行を意識すると、ラインを弾くアタリで3投3尾。

その後もコンスタントに、2人ともにクロを追加できた。追加のクロをライブウエルに持っていくと、時折来るウネリがライブウエルをひっくり返したようで、磯にクロが散乱している。2人で同じライブウエルを使っていたが、15尾は海に帰ってしまったようだ。

試行錯誤で数伸ばす

ここから2人で「ライブウエルをいっぱいにしてやる」とスイッチオン。サオ2本先の潜り潮が必ず当たってくるポイントということは明確なため、ウキを紺水S‐B/Bに変更して、潜り潮に差しかかる手前から仕掛けをなじませていく。

潜り潮に差しかかると、潮に引っ張られてウキが沈んでいき、見えなくなったところでラインが弾けるアタリがでた。ガン玉をG5のみにしても同じで、重い潜り潮のようだ。このパターンは外れじゃないが、海に帰っていった分も挽回できたので、2人ともに違うウキや狙いどころを変えながら試行錯誤モードに入る。

魚はたくさんいるのは感じるが、活性が上がっているのは潮が利いた、まきエサが集まる所のようで、ほかのポイントではタイミングが合わないとアタってこない状況だった。

43cm口太グロ浮上

下げ潮に変わると活性はすっかり落ちて、口をなかなか使ってくれなくなる。こういうときほどウキのチョイスやライン操作で釣果に差がでる。江平さんは私の倍のペースでアタリをとらえ、待望の40cmオーバーの口太43cmを見事に釣り上げた。活性が高い、サイズが落ち着いた時にアタってきたようだが、その準備が整っていたことの釣果で、勉強になった。

良型クロ43cm手中(提供:週刊つりニュース西部版 APC・嶋田誠也)

平均サイズは32cm、33cmだったが、お土産にはちょうどいいサイズだった。どれもコンディションが良くて、肉厚でパワフル。サイズを超える引きで楽しませてくれた。ほかの磯では、数がでなくてもアタればすべて40cmオーバーの釣果もあった。これからはサイズも上がってくる予感だ。

<週刊つりニュース西部版 APC・嶋田誠也/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年2月14日号に掲載された記事を再編集したものになります。

【関連記事】

おすすめの記事