Yahoo! JAPAN

矢野顕子、8/25発売アルバム表題曲 「音楽はおくりもの」、俳優・のんが出演するMV公開

SPICE

(左から)のん、矢野顕子

矢野顕子が、1976年7月25日のデビューアルバム『JAPANESE GIRL』のリリースから、本日2021年7月25日(日)、45周年を迎える。記念日である7月25日(日)、1カ月後にリリースが迫ったオリジナルアルバムから表題曲 「音楽はおくりもの」のMVが公開、楽曲の先行配信もスタートした。

矢野顕子「音楽はおくりもの」MV

「音楽はおくりもの」は、MISIAがコーラスとして参加することが先日発表されたばかりだが、矢野のファンであることを公言している俳優・のんが、公開されたMVに出演しているという、さらなるサプライズが。
矢野とのんの二人は以前から親交があり、のんのファーストアルバム『スーパーヒーローズ』で収録曲『わたしはベイベー』の作詞・作曲を矢野が手掛けた。そんな縁もあり今回の企画が実現。MVでは矢野の演奏シーンとともに、のんが”音楽の妖精”として登場し、楽曲の世界観を豊かに楽しむことができる。

また今回のMVは、山田智和が監督を務めているが、山田が矢野の映像を手がけるのは初めてで、このタッグにも期待が高まる。

さらに、アルバム『音楽はおくりもの』のジャケット写真も公開された。今回のジャケットは、矢野の横顔を版画で表現したもので、アルバムの世界観を深める矢野こだわりのアートワークとなっている。

アルバム『音楽はおくりもの』ジャケット写真

そして、12月恒例の『さとがえるコンサート』の情報も解禁された。今年は全国6箇所・7公演の開催が決定。チケットの一般発売は10月10日(日)だが、アルバム『音楽はおくりもの』購入者向けの先行予約受付情報(URL)も封入されているとのことなので、アルバムと合わせてチェックしてみよう。

のんコメント

今回お話をいただき、私は矢野さんのことが大大大好きなので、絶対やりたい、と思いました。
このMVは、最高のロケーションで、矢野さんがピアノを弾く姿が美しくて、感動します。矢野さんのピアノや歌声が、壁の模様や床の切れ目に染み渡って、全部に音楽が響いていました。矢野さんの曲は、どこで聴いてもその空間ごと矢野さんの空気が流れていて、鼻歌でさえも幸せな気持ちになります。そんな神秘的なあたたかさが、この映像に込められていると感じました。「音楽はおくりもの」は矢野さんが、音楽がくれる幸せをお裾分けしてくれたんだ、と思えるあたたかな曲です。私はMVで、その心地良い音楽に触れさせていただきました。ぜひ観てください。

山田智和監督コメント

「音楽はおくりもの」の楽曲を初めて受け取った時、楽曲の懐の大きさにとても感動し、同時に責任感の重さに戸惑いました。しかしこれは音楽映像に育ててもらった自分が絶対に担当させて頂きたいと思いました。
のんさんという素晴らしい表現者のお力を借りながら、矢野さんがピアノを弾いてる姿に、とにかくカメラを持って必死に食らい付かせて頂きました。現場での矢野さんの歌とピアノのパフォーマンスはとても感動的な瞬間の連続であり、そこに私たちがいることが奇跡的であると同時に、カメラが回っているという行為に歓びを感じました。そこに存在できるのも、のんさんにしかできないことでした。このような素晴らしい機会を頂いた、音楽というものに感謝します。

【関連記事】

おすすめの記事